« 2012年12月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年3月27日 (水)

Now I have mixed feelings......
Today, our school's students number became 100!!!!
I was sooooo happy!!
in contrast..........
Today was Clinton's  final lesson.
I was soooooooo sad.
Before today's afternoon lesson,
I and Jonathan planed.
And we did sepecial lesson together!!
Clinton's students and Jonathan's students and
our staff joined!!!
We really really enjoyed!!
Sometimes, he caused me trouble. HAHAHA.
On each occasion, I  I owed some people  apologies.
But I really really like him!!
I was sooo happy to work with you, Clinton!!
So, even bad situation, I could think I wanna try hard with you!!
Thanks for the wonderful time, we will never forget you!!
We'll miss you,Clinton!!
I know you have to go, but just remember one thing... Us!!!
You're someone I'll always wish good things for!!
Let's not say "good-bye", because we can meet again soon,right???
Cheers, Clinton!!
今、わたしの心は複雑です、、、本当に。
今日はなんとスクールの生徒が100人になったとってもとっても記念すべき
喜ばしい日だったのです。
でも。。。一方で、大好きな大好きなクリントンが。。。
今日で最後のレッスンとなってしまったのです。
本当は先週でおしまいだったのですがちょっと延期になり
今日まで教えることができることになってわたしは
とてもはっぴぃだったのですが。。。
今日はほんとにほんとに最後のレッスン。。。
彼は4月からオーストラリアに戻ります。
だから複雑で。。。。
今日はわたしの提案で、ジョナサンにお願いし、ジョナサンとクリントンの
レッスンを合体させ、一緒にみんなでスペシャルレッスンをしました。
みんなの笑顔が最高でした。
Dear Clinton。。。。
あなたはいつも最高に明るく、どんなときもみんなに
笑顔をくれました。
でもたまにお調子者過ぎてわたしは何度もあなたのことで
頭を悩ませられました。
時に頭を下げに行かれたこともありましたね。
なんでいつもそうなの?ってハル、泣きながら話したことあったよね。
水道代が払えていなくて止まりそうになったことも。。。
っていったい何か月止まってたの?なんていいながらも
一緒に手続きの確認に行ったっけ?
みんなタイトなスケジュールを合わせて一緒に
ディズニーランドもシーもいったね。
クリントンがわたしの大好きなあめを気に入ってくれたときは
うれしくてうれしくて10袋まとめ買いしたっけ?
アダルトのレッスン、シャイな子のレッスンには
いつだって必ず生徒から話せるようにするために
できるだけ相手に合わせて努力するんだって
いつもふざけているけどレッスンには人一倍真剣だったね。
どんなにむちゃくちゃしてもレッスンには一度も遅れたり
しなかったし、いつもわたしを支えてくれたね。
わたしはあなたが本当に本当に大好きでした!!
わたしはあなたと一緒にお仕事ができて
本当に本当に幸せでした。
今日、泣かないと決めていたのに
本気で泣いてごめんね。
つられて一緒に泣いたクリントン。
それをみてもっともっと泣いてしまったよ。
大好きなクリントン。
今度遊びに来てくれるときはきっと
生徒は200人になっているはずだよ!!
あなたが大事に大事に教えてくれた生徒のみんなが
もっと成長できるようにジョナサンやみんなと
もっともっと盛り上げていくからね!!
Good luck,Clinton!!
Thank you so much!!!
Cheers,
HaruHaru.
14_3
15_3
13_2
11_3
 
 

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年7月 »