« はぷにんぐ~② | トップページ | おとなだって。。。 »

2008年6月17日 (火)

重なること。同じであるということ。

友達と同時に同じこと言ってハモったとき。

コンビニで選んだイチゴ練乳かき氷。後から来たカズもおんなじの持ってコンビニからでてきたとき。

小学生のクラスメイトに都内の人ごみの中で「ハルちゃん!!」とこえかけられてびっくりしながらもよくわかったな~ってうれしかったとき。

人との重なるとき。同じとき。

なぜこんなにまでもうれしいのだろう。。。

そんな自分におどろく。

昔、ちいさかったあのころは他人とおんなじだなんてそれがほんとにいやだった。

同じになることを好まなかった。

けど、意識していないのに他人とおんなじことをおんなじタイミングで想像し、行動しているって。。。

なんか不思議だし、偶然や奇跡のように思えないよね。

なんとなく意味があるんじゃいのかなって。

人と重なること、同じであることを喜べる自分がいたこと。そのことが少しうれしい。



|

« はぷにんぐ~② | トップページ | おとなだって。。。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/21675379

この記事へのトラックバック一覧です: 重なること。同じであるということ。:

« はぷにんぐ~② | トップページ | おとなだって。。。 »