« 今の楽しみ① | トップページ | 岩手も入れといてくださいね!! »

2008年2月12日 (火)

今の楽しみ②

ハルは入院する前まではフルマラソンに出るために走り込みをしたりいろいろと運動をしていました。

それなのに急にここにきて運動をしなくってしまった、というか運動できない状況になってしまったので、ちょっと最近からだを動かしたいなぁなんて思うようになってきたころでした。

最初は気持ち悪さからくる、嘔吐と、発熱からくるずきずきとした頭痛とのダブルパンチに悩まされほぼ一日中うなされていてお水を飲んだだけでも戻してしまって、もうこのときはどうしようもないので、ハルのからだに取り入れられる栄養素は100パーセントすべてを点滴で補っている状態でした。

だからこんなこと考えられるだなんて最初から比べてよっぽど体調が回復してきたんだなぁっていう指標にもなります。

ハルは入院した数日後からもうリハビリをはじめました。それは両腕におおやけどをおってしまっていたので、そのまま萎縮したかたちで固定していたら腕が曲がりひじもまっすぐに伸ばせなくなってしまう危険性があったからでした。

そのリハビリテーションの先生からある日予期していなかったうれしいことを言われました。

「ちょっと回復もしてきたし、明日からトレーニングしてみましょうか。」

「え??トレーニングって???」いったい何を始めるのだろう?最初はドキドキしました。けれども

「よくジムにあるようなトレーニングマシーンをつかって走ったり、バイクをこいだり、腹筋背筋をしたりするのよ。」

そう続けておっしゃった先生の言葉に一瞬にしてハルの曇り顔はきっと晴れ晴れとした顔に変わっていったことだと思います。

「えぇ??いいんですかぁ。そんなことやって、いいんですかぁ?」

「もちろんですよぉ。フルマラソンやろうとしていたくらいだもの、きっと体力的にはかなり自信があるんじゃないかな。だけど、負傷によって萎縮してしまっている筋肉がだいぶあるはずだからそれらを使って元にもどしてあげましょう。」とおっしゃいました。

実は前日にハルは主治医の先生にこんな質問をしていました。

「先生、いつごろ退院できるようになりますかねぇ。最初は10から14日っておっしゃってましたけど。」と言うとちょっと重たい顔をして

「うん。でもね、そこに移植手術という当初の予定になかったものがはいってきちゃったからなぁ。その倍くらいは入院することになると思うんだよね。」

「はぁ、そうなんですねぇ。」肩を落としてそういうと

「だいじょうぶだよ、少しずつがんばって元に戻そう。」そういってくださった先生に対してハルは精一杯にこっとして

「はい、がんばります。」とそう答えたものの、みんながいなくなって病室でひとりになると、急に息が詰まりそうになって心臓の鼓動がドキドキとっても速くなってわんわん泣き出してしまいました。

こんな狭いお部屋の中にあとまだ約一ヶ月弱もいるだなんて!!もともと活発で動き回ってじっとしている性格でないハルにとってそれはとてもとても耐え難いことであって、事実としてなかなか受け止めがたいことでもありました。

でも・・・このリハビリテーションの先生からの思わぬ一言で、ハルは一気にまた元気なハルハルに舞い戻ってしまいました♪

「わぁい。運動できるんだぁ♪うれしいな、うれしいな、うれしいなったらうれしいなぁ♪」と先生があわててとめるほどその場でジャンプしてしまっていたのです(笑)

こうしてリハビリが始まって二日目、ハルはランニングマシーンで汗をいっぱい流していました。幸いにも、ハルのやけどはおしりと両腕、背中がメインで、足だけは唯一使えるように神様がしてくれたのでしょうか。なので、歩いたり、走ったりは少しはできるのです。でも、やっぱりあちこち響いて痛いのでやっぱりもとのようには全然走れませんが

ふと前をみると、昨日もみたちっちゃな男の子の姿が。

彼もやはりハルと同じランニングマシーンで歩く練習をしていました。

子供大好きで塾の先生をしているぐらいなハルです。どうにも我慢できなくなってやっぱり声をかけちゃいました。走りながら(笑)

「すごいなぁ。お姉ちゃん、負けちゃいそうだよぉ。毎日歩いてるの?」そういうと最初はびっくりしていましたがすぐににこっとして

「うん。毎日10分ずつあるいてるんだよ。しかもこの僕の乗ってるマシーンはね、傾斜をつけられるんだよ。すごいでしょぉ。」

「へぇ。すごいなぁ。お姉ちゃんつらくて泣き出して投げ出しちゃうかも。それなのに、毎日がんばってるんだぁ。すごいなぁ。じゃあ、お姉ちゃんと競争するー??」って冗談で競争のご依頼を。すると

「いいねぇ。やろうやろう。大賛成だよぉ。」と言ってくれました。

彼はとても小さく最初は幼稚園児さんかなぁとおもっていました。でもどう考えても「傾斜」だとか「大賛成」だとか、ちょっと幼稚園生では難しい言葉をいろいろ使っていたのでそうじゃないのかなぁと思い始めていました。

「いくつなのぉ?」そういうと、

11歳。でも○○障害だから。。。」そうあかるく言ってにこってまた笑ってくれました。

    ○の部分は本当に聞き取れなかったけれどその病気だから普通の子達よりも成長が遅くて小さいのだということをハルに教えてくれていたように思います。

ハルは彼の天真爛漫な姿に、とても刺激をうけました。

こんなに小さな体でしかも自分の病気に対しても楽観的にとらえて日々がんばっているんだ!!ハルも毎日大泣きしている場合じゃないぞ。ちょっとは辛抱強くならないとなぁ、って思わず反省させられてしまったほど(^_^;)

やっぱりこの病院に入院してから、その入院のちょっと前、ぐだぐだして毎日をだらしなく送ってきた自分よりもはるかに充実した時間を過ごせているかなぁって思うようになりました。

もしかしたらハルが忘れかけていたものを取り戻してこれから社会人として出発するに当たりもう一度軌道修正をはかってイチから新たな気持ちで臨めるように神様がしてくれているのでしょうか。そんなことも考えてしまいました。

リハビリはストレス発散にもってこいで、コンビニでのNEWおやつ発掘!と並んで今のハルの楽しみのひとつとなっています♪

|

« 今の楽しみ① | トップページ | 岩手も入れといてくださいね!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/10447638

この記事へのトラックバック一覧です: 今の楽しみ②:

« 今の楽しみ① | トップページ | 岩手も入れといてくださいね!! »