« こりゃ、すごいぞーー! | トップページ | 見上げてみたら »

2007年11月 6日 (火)

打たれなかった杭。

今日、久しぶりにあの子にあった。彼女は小学校のころ通っていたあるクラブでのお友達だった。

「あのときはほんとにほんとにうれしかったよ。今でも昨日のことみたいに思い出すんだ、わたし。」彼女は会うと決まってハルにこう言う。

クラブは女の子だらけだった。女の子はすぐにグループを作りたがるもの。ハルもそういうのなかなか好きじゃなかった。ハルはたんにそのクラブをやってみたくてずいぶん後から参加した。するとすぐにある一人の女の子が仲間はずれにされているというのがわかった。ボス的な女の子がハルに向かって

「あいつのろまで、超迷惑なんだぁ。だからうちら無視してんだ。」

「へぇ。そっかぁ。」ハルは一言そういった。でもハル、あのこのこと知らないし。まだ話してもないし、行動を見たわけでもないのにそれを鵜呑みにはできなかった。

数日の間いろいろハルもその中でやってみた。なるほど。確かに彼女はのろまだった。せっかちで行動はかなり機敏なハルもやっぱりその行動にはいらいらしてしまった。けど。。。彼女は誰よりも早く来て誰よりも遅く帰る。それはせっせとみんながいないなか、だれも見てないところでもみんなの準備や後片付け、おそうじをいていたのだ。

のろまだからさらにかかっちゃう。でも彼女はもくもくとやっていた。

ある日、クラブが終わったあと、着替えて

「ハル、帰ろう!」ってある子に言われたけど、ハルは

「うん。ちょっと残ってく。」そういってあの子の後を追ってった。みんな怪訝そうにしてたっけ。でもハルは気にしなかった。あの子の横に並んで一緒にお掃除をした。

あの子とハル以外のみんなが帰ってしまうと彼女はいきなりこういった。

「どうして?どうして・・・ハルちゃんは、わたしのことを・・・無視しないの?」

彼女のその声はとても震えていた。

「どうしてって?だって・・・ハル、無視する必要ないと思ったから。だってさ、ハル、あなたのことなにも知らないんだよ。それなのにさ、なんで無視するわけ?」

「だって。みんなから聞いたでしょ?わたしハブられてるって。」

「あ、うん、聞いた。けど・・・みんなはみんなじゃん。ハル関係ないもん。ハルもおんなじうようにむかついたならべつだけど。ハル、むかついてもなんでもないもん。ハル、逆にそういわれてあなたがどんな子が知りたくなったよ。とってもえらいよね。こうやって毎日もくもくとひとりでおそうじしてさ。ハル、めんおくさがりだし、ぜんぜんこういうこと自分からしようって思わなかったぁ。」そういった。すると彼女の目から大粒の涙がこぼれ落ちていたのだ。

「ハルちゃん・・・ありがとう。わたし、はじめて・・・小学校はいってはじめてうれしいって思った。だれにも話してもらえなくて。悲しくて。でもだれにも言えなくて。ありがとう。ありがとう。」何度も何度もありがとうって彼女は言った。

ハルはなんだか悲しかった。なんでみんな流されちゃうのかなって。確かにさ、大勢の側につかないと自分が今度はいじめられちゃうんじゃないかって思うかもしれないけれど。自分が嫌いとか思ってないのに流されるのなんていやだった。もしそれでハルがいじめられるのならそんなん本当の友達じゃない!!そう思ってた。

げんにこうしてハルも一緒にのけものにされたこともあった。けど・・・だんだんおとなになるにつれそうじゃなくなっていった。

逆に個性や自分をしっかり持っていていいねって言ってもらえるようになった。

だから。。。いつまでもいやなことばっかりじゃないってこと。必ずいいこともあるってことだよね。今日彼女とそんな話をした。

そんな彼女はお医者さんのたまごだ。困っているひと、苦しんでいる人を助ける。なくてはならないお仕事だ。

「あのときハルちゃんがいてくれてあの言葉をかけてくれなかったらわたしはお医者さんになろうって思わなかったかもしれないよ。」

驚いた。そうだったの?ハルは自分の思ったことを思ったままにしただけなのに。

でも・・・たしかに今思うとハルもずいぶん勇気あることをしたのかな。たしかにもしかしたらみんなを敵にまわしたかもしれないのに。

「でもね・・・出てた杭は打たれなかったよ。なぜ?それはね、出すぎてたから、だな(笑)

出すぎてる杭は打ち付けられないんだよ。」彼女にそういうと

「あははは。ハルちゃんらしいこと言うねーー!!でもそうだね。」彼女はにこにこ笑っていた。ハルはうれしかった。

自分は自分!!間違っていること、自分の思ってないことに流されない!!それはいまの社会ではまだ難しいことかもしれない。

けど。。。だったら、そういった破壊の流れから変えてやるーー!!ってハルは思う。

あーー!!これからやることの課題が盛りだくさんだ。でもでも、彼女も含め、ハルにはたくさんの仲間がいる。支えてくれる仲間。応援してくれる仲間。一緒に作り上げて言ってくれる仲間。そんな仲間たちと少しずつ歩いていきたいな。

|

« こりゃ、すごいぞーー! | トップページ | 見上げてみたら »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/8790432

この記事へのトラックバック一覧です: 打たれなかった杭。:

« こりゃ、すごいぞーー! | トップページ | 見上げてみたら »