« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

おとなに・・・なっちゃんだね、ほんとに。

今日、駅で。「お客様、ハンカチ落としましたよ。」で振り返ると、そこには駅員の姿をした男の人。

で、「ありがとうございます。」と受け取ろうとして、

「あーーーー!!」そのコエは重なった。それはなんと高校の同級生だった。

「なぁんだーー。ハルじゃん!!びっくりーー。でも、最初わかんなかったな。ちょっとおとなっぽくなったから。」

あれれ。いいこと言われたかなぁ?珍しくね(笑)ふふふ。たいていハルはすぐに見つけられて「だってー、ぜぇんぜん変わってないからぁ。」と言われちゃうから、ね。

それでなんだかうれしくなってらんらん軽い足取りで歩いていた。あ、そうだ!!月末である用事で銀行に行かなくちゃだった!!(←って、今気づいたけど、この時点でこどもならこんな用事もないわけで。その時点でおとなになっちゃってるんだなぁ。)

月末の銀行は混み合っていてなかなか順番がまわってこない。たっくさん受付窓口のある大きなこの銀行にわざわざ回り道してやってきたのにぃ。

で、かなり待ったあとでやっと順番がまわってきた!!

「いらっしゃいませ。たいへんおまたえいたしまし・・・あ!!!ハルだぁ!!」

えっっ!!な、なにぃ??また?またなのぉ??えーーー??あーーーー!!

そこにもまたしても高校の同級生だったあの女の子の姿が。こんなにたくさんの窓口あるなかでこの再会はすごいなぁ!!ってそうなんだけどね、あのーー、そうなのよねぇ。

さっきの駅員の男の子にしてもこの女の子にしてもハル、一度もおんなじクラスになったことなくってハルは顔はみたことあるんだけどね、うーーん、どうも名前がわからない。覚えてないというより、もとから名前知らなかったような。

ハルはどこにいっても知らないうちに目立っていまっていたのにみんなはちゃんとハルの名前を知っていてくれたようだ。

なんか申し訳ないーー。しかもこの子はすごかった。

「あれ?ハルちゃんて所沢じゃなかったっけ?」ですよーー。

「あれぇ?すごいねぇ。ハルのすんでたところまで覚えてるの?」っていうか、正しくは知ってたの?かな?

「うん。っていうかむしろハルちゃんのこと知らないって人あんまりいないと思うけど。」片手でものすごい速さでタイプしてハルの書類の手続きの処理をしながらさらっとクールにそう言ったのだ。

えぇ??ハルって・・・どんだけーーー!!どんだけ目立ってんだーー(笑)

でもそんな帰り道、ハルはこんな風に思った。

普通にしてて何も意識してなくてそれだけ目立ってたハル。

そのパワーでいい影響をみんなに与えられたら、病んでいる人や苦しんでいる人たちの支えになることができるかなぁって。

本人よくわかってないけど、どうせ目立つならば、いいことにそれが役立てばうれしいなって。そんな風に思うのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

募集中!!

071030_232101今年はちょっぴり遅れていたとはいえずいぶん秋も深まってきたなぁって、道を歩いていてそう思ったハート達(複数ハート)
街路樹の葉っぱがなかなか色づかないな、なんてついこの前まで思ってたのに、いつの間にか赤や、黄色にきれいに色づきあるものはもう茶色になって散ってしまいそうなものまであるほどだ。

そういえば、今日もホワイトボードに10月30日って書いて「うわぁ、もう10月も終わっちゃうねぇ。」って生徒と話した。

本当に時の流れははやい。飛ぶようにすぎていってしまう。ぼぉっとしていてもそうだけど逆にものすごく忙しくしていてまわりが見えないというのもだめだなぁ。

日本の四季をちゃんと肌で感じてそれを楽しめる日本人でありたい。そんなことをふと思った。
さっそく帰りにスーパーで牡蠣、えのき、ぶなしめじを買ってきた。秋の味覚を味わおうって思ったのだ目がハート

ハルは毎晩ご飯をつくる。それが当たり前になっている。でもね、なかなか揚げ物は最近時間も無くて洗い物も大変だからってサボって作ってなかった。だから今日は思い切ってカキフライをこんな時間から揚げてみた。ちょっとだけ揚がったのでパシャリ!!撮ってみた♪うんうん、なかなか上出来exclamation ×2

それときのこたっぷりシチュー。

4年間も二人で一緒に住んでいて、いつも晩御飯はほっとんど会食せずハルが作って一緒に食べていたから。
最近はひとりぼっちでなんかさびしいなって。普段はそんなに感じないけどご飯のときにそう思っちゃうな。

でもね、また・・・すぐに二人で食べるもん!!
さてさて、ハルのご飯一緒に食べる人募集中なりぃ目がハート

よし、つづき、つくろうっとウインク

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

ようやく見つけた!

「同じ土俵で勝負してみたい!!」ハルがちょうど今から一年前、就職活動を始めるときにいくつか自分の中でテーマがあった。そのうちのひとつがこれ。

これはどういうことかというと、ちょっと一言では言い表せない。でもこんな感じかな。

ずーっと小さいころから高校まで一度たりとも目立たなかったことはどこの場でもなかったといっても過言でないほどにハルはいつもどの場においても本人いたって普通にしているつもりでいても必ずといっていいほどなぜか「出る杭」だった。

ハルはただ、自分が好奇心を持ってやりたいことはとことん最後までやり抜き、自分で決めた目標を自分なりに楽しみながらでもがんばりながらそれを達成し続けてきただけ。でも周りからはいつも

「ハルちゃんはすごいね。」だとか「ハルちゃんはやっぱり違うよね。」といわれてしまっていた。

何かできても「それはハルちゃんだからだよー。」と言われてしまうのがうれしいような、でもその反面切ないというかさびしさを感じていたようだ。周りから認められる、一目置かれる、というのはとてもうれしいことだ。でも・・・そうじゃなくって。いつかどこかで必ず一緒に切磋琢磨して同じ風に意見をぶつけ合って何かを作っていきたい!!常にそう思ってきた。

これじゃあ、なんかハルがパーフェクターで向かいところ敵なしだったかのように聞こえちゃうかもしれないけど、そういう意味じゃなくってね。もちろん自分にない何かをを持っている人には今までにだってたくさん会ってきた。

でもね、やっぱりハルが「すごいなぁ!!一緒に熱く語りたいなぁ。」って思うことはなかなか無かった。

ハルはいつだって熱く語りあいたいと思っている。でもね、相手がそうとは限らないから。たいていは「すごいねーー。」って言われてしまって相手の夢や意見をなかなか語ってもらえないことが多かった。

就職活動中も、出会う人、出会う人、みんなやっぱりおんなじだった。

やっぱり・・・同じように熱く夢を語り合える仲間、切磋琢磨して働ける仲間にはめぐり逢う事はないんだろうか。そうあきらめていたときだった。ハルはある会社の試験を受けることになった。

ここでハルは思わずほっぺたをつねりそうになってしまった。これは夢なんかじゃないよね、本当だよねって。そこにはハルが今まで追い求めてきたものが少し見えたような気がしたからだ。

面接を進むにつれて毎回熱く語りあえる場を持たせていただいた。ハルはいつも自分の目標としている言葉のひとつ

「できるカモとできないカモおなじカモならやってみよう!」の話をした。するとここではいつもと反応がまったく異なっていた。

「なにぃ?俺はそれあんまりすきじゃあないなぁ。」

「え??なんで、ですか??」きょとんとしているハルをよそに彼は続けた。

「だって・・できるカモって。俺は、いつだってやろうとすることはできるカモとか考える暇もなく

ゼッタイできるから!って断言してやるからねぇ。」

後に彼こそがかの有名な○天の検索エンジンinfoseekのドンだったことを知ることになる。

ここならハルは今までどうしても見つけられなかったものを見つけられるな。そう確信した。

その確信は間違っていなかった。

最近、同期になるすてきな仲間たちにめぐりあった。今まだならば先頭に立って物事を進めたり意見を言っていたハルがぽかーんとしてしまうほどに彼らは熱い!!

そしてただ熱いだけじゃない。ユニークでものすごい個性的。だけどその根底には冷静沈着に物事を洞察する力や物事を筋道立てて考える力。そしてスピーディに物事を処理する能力など、まさに「仕事ができる」が前提でありその上でおちゃらけり、ふざけたりできるのだ。

ここにいたら今まで見えていなかった自分の弱さ、できなさにものすごいショックを受けることも少なくないだろう。それでもハルはこの道を選んだのだ。楽な道はいつだってあって、そこでお山の対象になることはとても気持ちよく、居心地は抜群かもしれない。けど・・・それじゃだめなんだ。ハルの場合はね。それじゃあ、ハルが満足できないし、いきいきしていられない。

あーあ、なんでもっと楽な生き方できないんだろうな。そういう風に思ってため息がでちゃうこともあるけれど。うん、でも、ハルはこうやって今までもきたわけだから。これからもこうやって回り道しつつも進んでいこう!!

とりあえず、来年働くことがとても楽しみなハルなのだ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

元気の源、ちゃんとありますか。

昨日帰って来てからテレビを何気なくつけたらスピリチュアルカウンセラーの江原さんが出ていた。そしてゾロメを見る事はどういうことかについて述べていた。

ハルの初のエッセイとなったモウスグ春ノデス!でもこのことについて書いてある通り、「そのとき自分がとても冴えていることを示している。」のだそう。

だからそのときはチャンス!と思ってどんどんやってみようと思うことなどに積極的に取組むべきだ、とのことだった。あはは~。ハルの場合は…これはどうかな~(笑)

だってね~。もうこの日記でも幾度か前に書いたかな。ハルはね~、
ほんっっとにゾロメばかりみるのよね~σ(^◇^;)。。たいてい一日に一度はみるんじゃないかな。

前はね、こんなこと言ってたら見なくなっちゃうんじゃないかなって思ってたんだけど。これが逆で。日記に書いたりみんなに言ったりするようになってからさらにその頻度はウナギのぼり(笑)

今日も17時17分を中央線内で見たな~。ほんとに何気なくケータイ開いてみてこうだからドキドキしちゃう\(◎o◎)/

でもね、やっぱり何度見てもうれしいな。どちらかと言うとハル、元
気足りてないとき見るような気がするな。ハルにパワーをくれてるんだろうか。見たい、と思って見れるわけじゃないし、みんなにどうすれば見れるの?と聞かれてもハルは全然こたえられない。

だけどね、人にはそれぞれパワーをもらえる、そういったステキなものがあるとおもう。だからハルにとってはそれがゾロメなのかな。

そんなわけでハルはゾロメをみても特別なにかをしだしたりはしないけ
れど、なんとなく元気になれるから。だからまた明日も、ゾロメに遭遇したらうれしいかな。

ま、こんなこと言っててもいつも一晩寝て起きたらす~っかり忘れ
てて、そのゾロメを見る瞬間にはっ!ゾロメだ~って感じでゾロメの存在を思い出すような(^_^;)こんなぼへ~っとしてそのことに関してまったく執着心がないからこそ見れちゃうのかな~、なんて。

みんなも自分がパワーをもらえる、元気の源になるなにか、ちゃんとありますか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

もっと・・・

今日、ドラッグストアでペットボトルのドリンクを一本だけ買った。そのとき「ポイントカードありますか。」と聞かれた。あれ?と思った。ハルはこのドラッグストアをまいにちのように利用している。もちろんポイントカードもいつも持っていて出す。でも、確かここは100円から1ポイントつくって思ってたのにな。どうしてだろう?それで

「あれ?100円からですよね。これ88円だから・・・」するとその人は当たり前のように

「あ、でもエコポイント1点分つくんで。」え??え・こ・ぽ・い・ん・と??

なんだろ?それ?

「それって100円じゃなくてもつくんですか。」すると

「ええ。」以上、説明終わり。なんで?それいったい何なの?なんだーー?気になった。だってーー!!今まで何度もそういうお買い物してたけどぜんぜん知らなかったもの。

「それってどうしたらもらえるんですか。」

「ですからぁ、それはそのとき袋要りませんっていえばつけますよ。」とめんどくさそうにそういわれてしまった。

ん??袋・・・いらない?あーーー!!そこでようやくことを理解したハル。

そっかぁ。袋を持ってきたりいらないっていえばつくポイント。だから「エコ」ポイントなんだぁ!!へぇ、しらなっかなー。それにしても・・・説明が悪いなぁ。これじゃあみんなきっとぜんぜん知らないだろうし、「エコポイント」なんてお店の人側は知っているからあたりまえのようにそういっているけれどこちら、消費者側からしてみたらなんのことだかさっぱりわかないもの。

たしかに世の中ではエコバックなどがはやっている。けれどももしかしたらそういった運動を行っているお店ってここみたいにもっともっとあるのかもしれないなって思った。

とってもいいことでも「あれ?なんでこんないいこと今まで知らなかったんだろう、損してたなぁ。」って思うことって結構多い。「なんでこんなお得なことがもっと広まらないんだろう」って思うこともやはり多々ある。それって・・・みんなにうまく伝わっていないから。だから浸透しないんだろうな。

いいものはみんなでシェアしたい!!ハルはそう思う。でもね、確かに自分のもう知っていることとかってなかなかそれを知らない人に一から説明して教えていくのって大変だし面倒くさいといえばそれも否めない事実。でも、そこでひとりひとりがちょっとずつだけどめんどくがらなかったことによっていいものがどんどん浸透していくことっていいなって思うな。

いいものをもっともっと広めていける世の中を作っていけたらいいな。そのためにハルも協力してちからになりたい!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

大切なのは「素」でいること。

今日も朝から資格の講習、研修などいろいろ忙しく飛び回った。

日々新しい人に出会う。今日も数名の新しい初対面の人たちに出会った。

最近はmixiやブログ、エッセイで先にハルのことを文章を読んで知っていてくれてそれで本人に会う、というかたたちが多い。

「え??ハル?」まず会った瞬間たいていこういわれる。なぜそういうの?と聞くと

「あの文章からしてもっときつい感じでボーイッシュかと思った。」とか「細いねーー。そしてちっちゃい。なんかハルってアグレッシブで元気でおっきいのかと思ってたーー!!」

・・・元気とかわかるけどさ、お、おっきいって、それは勝手な想像ですよ、ねぇ(笑)

でも・・・話し始めると「あはは、やぁっぱりハルだね。」と言ってくれる。時には

「想像以上に圧倒された!!もっとその熱を世の中のみんなにわけてあげたい!!ハルのパワーを分けてあげたいな。」そんな風に言ってくれる人も。

最初は煙たがっている人もいるだろう。ハルは人のこころの裏がこわいほどにわかってしまう。知らなくてもいいことまで知ってしまうからこれっていいことばっかりじゃない。なぜって、そういう自分に対して煙たがっているかなっていうこともいちはやく感じ取ってしまうから。

けどね、ハルはいたっていつものハルで最後までい続けるの。そうするとね、なぜかなぁ、最後には必ずその人までハルに寄ってきてくれてにこにこはなしかけてくれるのだ。

自分が毛嫌いしたり最初からシャットアウトしてしまわないでいること。そしてハルはハルでいいのだ、という風に、いつも「素」でいること。

だからハルの特技は?ときかれるとたったひとつだけ。それがね、どんな人ともこころを通わせることができるということ。初対面の人とでも24時間お話ができるよ、ということなのかな。

人が大好きだけど人に疲れてしまうハル。今日もいっぱい人と触れ合ったから夜はゆっくりと自分の好きなお料理を作って、そしてネットをしていっぱい書きものをしよう。明日、また元気いっぱいで、みんなと出会えるように!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

うきうき♪

1024 10242 ハルは来春から働く場所の関係もありなぜか最近ネットショッピングにはまりすぎている。こまったものだーー!!

でも、なかなか忙しくて買いにいけなかったものに関してはとても助かる。ま、それプラス、どうしてもお洋服、靴を見て、そしてついつい一緒に買っちゃうってのが問題であり、市場にとってはハルは「待ってましたーー!!」っていういいカモちゃんなのかもしれない。

最近どうしてもほしいと思っていたはアイロン。塾講師で日々着用するスーツにあわせてブラウス、ワイシャツをたくさん持っているけれどどうもしわが、ねぇ。

形状記憶って言ったって、やっぱりその記憶は人間とおなじくと機が経過するにつれて薄れるようで。。。

どうせスーツ着るのならでろんでろんよりはビシッとかっこよくきめたい!!

ってなわけでアイロンを購入したかったのだ。それでちょっと市場をみてみた。いやーーほんとに便利ですなぁ、今の時代はぁって改めて思う。

だって。。。夜遅く帰ってきたって24時間ウィンドーショッピングできちゃうのだから♪何も買わなくたって眺めているだけでも楽しいのだ♪

で、見ていたら・・・おぉ??なぁんだぁ?これはぁ??

それは見た目がまるでPCのマウスみたいな形で手のひらにすっぽりはいっちゃうようなミニミニアイロン。

うわぁーー!!かっわいい。いいな、いいな。これ、いいなぁ。しかも旅行とかにももっていけるよぉ!!ミニミニかわいい。かわいいよーー!!夜中なのにおおはしゃぎなハル。(←おいおい、一人で夜中にはしゃぐなよぉ。)

でも、かわいいで衝動買いじゃなくやっぱりちゃんと性能とか見ないとね。とわれに返ってちゃんと調べ始めた。うーーーん。でもーー。やっぱり、ねぇ!!あのミニミニくんが気になってしょうがない。

よーーし!!こういうときはっと。えいっっ!!そう、こういうときはもう迷っててもしかたないのでそれを買い物かごに入れてしまいそしてお会計まで進んでしまうのだ。

ひひひーー!!よーしっと。これでミニミニげっとーー!

あ!!あーーあ、まぁた見つけちゃったよぉ。かわいいブーツも!!

しまったーーと思いつつも、でもでもこれほしい!で・・・

買っちゃいました。あははぁ。編み上げのしわの入ったブーツ。しかもベルトもついていてなかなか上品な感じ。

そして・・・今朝、それらがいっきに届きましたーー!!

かわいい!!かわいい!!(またまた今度は朝だったので、ま、いっかぁ。)おおはしゃぎ、パート2!!!(←ごきげんようの小堺一機なんになりきってまねっこしながらいってみよう♪)

で、またその後はいろいろ書き物をしたり、塾で教えたりでまたまた今日も先ほど帰ってきたハル。疲れているけれど。。。そう!!こういう楽しみがあるから、またがんばれるーー!!

インターネットショッピング、さーーいこう♪だね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

うってつけのチャンス!!

今日は朝からPCと格闘だった。もうあれは5ヶ月前にさかのぼるけれど、ハルのPCのワードが23文字打つとフリーズして強制終了せざるを得なくなる状態が前触れもなく突然やってきた。日々文章を書くハル。たいてい日に7万字くらいは平均して書いている。そんなハルにとってワードは必要不可欠なのにぃ!!

これには弱った。けどしかたない。ワードは封印してここまで来てしまった。けど・・・やっぱり大切なわけで。

修士論文だってこれがなけりゃ無理。お仕事でも使うのに。

そしてさらに土曜日あたりからなんとエクセルのファイルまで開かなくなった。

「うわぁーーん。ちょっとぉおお!!」PCが苦手なハルにとっては正常に作動しているときでさえ日々、操作との戦いだというのに、異常をきたしはじめたらもう手に負えない!!

しかたない!!ハルは今まで逃げていたけれど自分のちからでどうにかしようって思った。直してもらったりするのは簡単だ。けど、自力でどうにかしたかった。

そうは言ってもやはり何もわからない。だからサポートセンターなどに問いあわせた。

30以上も電話でいろいろ聞いたのに結局解決しなかった。

でもハルはここであきらめなかった。よーーし!!今度は自分で一生懸命ネット上でいろいろ調べて調べてみた。いっぱい調べれば調べるほどいろんな意見があって逆にわからなくなってしまった。けれどもひとつひとつからまった糸をほぐしていくように試してみた。

すると・・・ちゃんと、解決に結びついたのだ!!エクセルが使えなくなったのはノートンのアンチウィルスの削除が完全にできてなかったから。そしてワードは辞書ツールが破損していたから。

それぞれまったく別々の理由でおかしくなっていたのだ。

ウィルスなんじゃないのかってそればかり疑っていたけれどちゃんとそれぞれ違った理由があったのだ。

とっても時間がかかったし、しんどかった。なにしろ苦手なことを長時間ひとりきりで向き合って逃げずにやってのけたわけだから。

けど・・・これによってハルはひとつのことを得たなぁ。とりあえず自力でなんとかしてみること。向き合ってみること。時間はかかるけれどなんかしら進展はあるし、今日のように5ヶ月間も解決してなかったことがすっきりと解決することにもつながるわけだ。

苦手なことこそ、それをすこしでも削減するのにこういったトラブルはうってつけのチャンスなのかもしれないなって。

時間さえあればこれからも今まで自分が苦手って思ってたことにもトライしていこう!!苦手意識がなくなって克服につながるかもしれないものね。

そんなわけで今日は久々文書をワードで打ててハルはうれしいのだーーー!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

なんでやねーーんヽ(*・ω・)ノ

1021 ドアをしめたとき勢いよくそれが跳ね返ってきてハルにぶつかった。

「なんでやーー。もどってこんでいいよぉ!!」とドアに向かってそういった。

すると後ろで

「あはは。ハルちゃんってさ、人にあんまり八つ当たりとかしないけどさ、そのぶん物に向かって突っ込みいれたりして発散してんのかな。」そんな声がした。

え?振り返るとそこには友達が笑っていた。あちゃーー!!へんなとこ見られてしまったぁ。

ってのが先週の学校でのワンシーン。

そして・・・先ほどコンビニで最近お気に入りのパンにラベルが貼ってあって・・・

「おぉ!!お買い得ぅううう?う?なぁんでや!!どぉこかじゃーー!!高なっとるやないかぁああ!!」←写真参照。もとは126円。なのにお買い得144円とラベリングされているのだ(^_^;))

レジにて。

「あのーー。これってお買い得・・・じゃない、ようなぁ、あはは。」と言ってみた。すると

「あらららぁ。すみませんーー。ほんとだわぁ。あぁ、お客さんがさっきなんでやねんってつっこんでらっしゃったのはこのことだったんですねぇ。」

え、えぇ??は、ハル・・・てっきりこころの中で突っ込んでるつもりだったのにぃいい!!

ひぃ(>__<)ちょっとばかりこわくなってきたなぁ。もしやハ ルって知らないうちにものに突っ込みいれてるのかなぁ。うーーん(^_^;)ま、人に不快な思いさせてない程度だったらいっかぁ。ふふふ(*^_^*)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

すばらしい+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ฺ

昨日、最近親しくなった来年から同期となるともだち、カズくんのブログに遊びにいってみた。そしてそこでハルはとっても驚いた。というか、なんかものすごい衝撃を受けて帰ってきた。

カズのブログをいろいろはしごしているうちにみつけたある内容。それはまったく同じ内容をつい数日前に塾で教えている中学校一年生の英語の教科書でみたばっかりのものとそっくりだった。

シャンプーとリンス。ハルは今までまったく気づいていなかったけれど、実はシャンプーのボトルには凹凸のある模様のようなものがついているのだ。

教科書ではその説明を盲人の人にでもどちらがシャンプー、リンスかとさわることでわかるようになっているのだ、と書いてあった。

それを一緒に読んで、へぇ。そうなんだぁとそのときとても感動した。

けれどこうして改めてまたおなじような内容のことを見て改めていろいろ考えることができたのだ。

日本の教育は詰め込み教育といわれていて、たとえば1+1は2になる、とは教える。教え込ませる。けど・・・じゃあ、なぜ、2になるんだろうか、とは考えさせることはない。

一方、欧米では何か習うたびに「なぜそれはそうなっているのか」を考えさせ自分の意見を言い合ったりする場を持つ機会が多いのだそう。

そっか!!日本の教育にもこれを取り入れるべきなんだよね。そしてそのことによってじゃあ何がいいのかといえば、まず、ひとつひとつのことに興味、関心をもって取り組めると思うんだ。そしてね、「あ、そうなのかぁ。」ってわかることによって学ぶことが楽しいっていうことにつながっていくと思うんだ。

実際、今日の授業では小学生、中学生、高校生とハルの教えた3コマの授業がうまい具合にばらけていたので、その3人ともにこのお話を途中で挟んだ。

すると小学生も、中学生も、そして高校生もみーーんな、ハルの思っていた以上に大きなリアクションがあったのだ。

「へえーーー。すごーーい。そっかぁ。そういうことって何にもしらなかったらそのまんま。そういうものなんだ、で終わっちゃうよね。けどさ、そういう意味がちゃんとあるんだって思ったらなんかすごいなぁってものすごい感動に変わったよーー。」そういったのは小学生の女の子だった。

「数学とかもさ、なんでこうなるのかわからないのに、とにかくテストに向けてこれを覚えとけ!!だなんていわれるからさ、すごく嫌いになるんだけどね、なぜそうなるのかそれがわかって解けるとやっぱり楽しいなって思えてくるもんね。」高校生はこんなことを言ってくれた。

中学生の女の子はとても物知りで新聞なども熱心に読んだりする子で、このことも知っていてやっぱりそういうことって大事なんだよねって言ってくれた。

ハルはたったひとつのこのシャンプーの話題で、自らが多くの大切なことを気づかされ、そしてこの3人の生徒とそのことについて意見を交わしたり一緒になって考える有意義な時間をシェアできたのだ。

たかがひとつ。されどひとつ。ひとつの物事はとても偉大なものであって、そのひとつに対してとことん考えてみること。みんなで話し合ってみることの大切さを実感した。

カズはとってもおもしろい。けどそういったまじめなことも真剣に考えられる子なんだなって思う。

ハルが今度4月から働く場の仲間たちはみんなものすごーーく遊んだり楽しむことが上手で、そしてもすごーーく真剣にいろんなことを考えて学べる人がいっぱいだ。

そんな中でハルはいろんなことを学んでそれをこどもたちに還元して、そしてそれをまた一緒にシェアできたらいいなと思う( ^ー゚)b

※写真はシャンプーとリンス。ハル、いまさっき家に帰ってきて自分のも見てみたの。あ!!やっぱりーー!!左のシャンプーには凹凸が!!見えるかな(*^_^*)1019

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

アクションをおこせーーー!!

「ほんとうはさ、ほんとうは・・・ほんとうはあたし、やりたかったんだ。前からずーっとね。」

小学校三年生の彼女はそうつぶやいた。

じゃあ、どうしてやらなかったの?・・・とは聞こうとはしなかった。だって・・・そんなのどうしてだかちゃんとわかっていたから。

クラスで合唱コンクールの指揮者を決めるとき、なかなか決まらずもめた。彼女はずっと一年前のコンクールが終わった直後から来年こそはゼッタイあたしが指揮者やるんだから!と、こころに決めていたらしい。

けれど・・・実際今年になって合唱コンクールが近づき指揮者を決めるときになって誰かやりたいひといますか?と言われると「はい!!」という勇気が出なかったのだと言う。

「なかなか決まらずにね、とうとう先生がじゃあ、○○さんやってくださいね。」って言ったの。その子、とってもいやそうだった。なんで先生あたしを指名してくれなかったんだろう。あたしそうしたら喜んで引き受けたのに。いいなぁ。○○ちゃんは。はぁあ。合唱コンクール、つまんないなぁ。」そう言った。

「一年前からやりたかったのにぃ?そりゃ、みんなの前ではいって手をあげて自分がやりたいって言うと何か言われちゃうんじゃないのかなとか思って不安だろうしね、それにそう言うにはかなり勇気いるかもしれない。だからすっごく気持ちわかるんだよ。だけどね、ハルちゃん先生からひとつ言いたいことあるんだ。」

「指揮者、ほんとうにやりたかったんだよね?一年前からずーっと。」もう一度彼女の目をじっとみてハルは確認するようにそう言った。

「うん!!どうしてもやりたかったんだ。」悔しそうにそう言うと下を向いてしまった。

ハルはちょっと考えたけれど、うん!!やっぱり言おうって決意した。ハルが今思っているほんとうのことをそのまんま彼女にね。

「ほんとうにやりたいこと、どうしてもかなえたいこと。それを実現するにはね、待ってたってだめなんだよ。自分から動いていってつかみとるの。自分から、が大事なの。」

彼女の目から大粒の涙がこぼれ落ちた。うん、ハルわかってた。ハルがそう言ったらそうなるってことも。でも・・・ハル、正直に自分のおもいを伝えたかったから。

「ハルちゃん先生もね、なかなか思い通りにいかないことばっかり。けどね、必ず自分がかなえようって思ってることは自分でつかみとりにいってそしてね、必ず必ず実現言おうって思ってるんだよ。だからね、一緒に自分から動くっていうのこれからやってみようよ。ね!!今回はちょっと残念だったよ。けどね、この悔しさはむだにならない。っていうかむだにしたらいけない!!今度何か自分がかなえたいことあったら必ず今日の先生の話思い出してね。」そういって彼女と先週別れた。

そして今日、一週間ぶりにあった彼女の顔はびっくりするほど明るくて、ありゃ?なんだろなぁ?今日は先週のことがあってお休みしちゃうんじゃないかなぁなんて気が気じゃなかったのに。そんな心配をよそに(*^_^*)

「ハルちゃんせんせーーーい!!聞いて、聞いて、聞いてよーーー!!」

「わぁかったわかったって。そんな大声ださないよーー、もーー(^_^;)」

「だってぇーー!!先生、先生つかみとったよ!!つかみとったんだってばーー!!」

「え??」

「あのね・・・あの日ハルちゃん先生がお話してくれたから次の日学校で朝の会でね自分から手をあげたの。それでね、指揮者ほんとうは自分がやりたいって思ってたことちゃんと言ったの。そうしたらね、先生もね、それからいやいやなってしまったあの子もね、とってもうれしそうにしてて。それであたしが指揮者やることになったんだよ!!ハルちゃん先生の言ったとおりだったね。自分から行動したらちゃんとかなったね!!先生、ありがとう!!」

うわぁーーーー!!これにはハルがびっくり((゚Д゚

す、すごいいい!!ま、まさかそういう展開になるとは。引っ込みじあんでまぁ、ハルの前ではぺらぺら話すにしてもなっかなか大勢の人前ではしゃべったりできないっていう彼女だったのにぃ(*^_^*)

でも・・・よかったぁ!!

そう!!かなえたい、実現したいこと。それは待っていてもだめなんだ。自らアクションを起こし、アプローチをかけていって、そしてつかみとるんだ!!

それが大切だってこと。彼女の行動からも再確認したし、改めてその大切さを実感させてもらったよ。

こちらこそ、ありがとう!!だよ(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

わかるよ。。。

「はぁ、はぁ。。。」昨日の塾での最後の授業。高校生の女の子が急に胸の辺りを押さえて苦しそうになった。過呼吸になっている。

「どうした?苦しいの?」とあわてて説明をやめて彼女にそう言った。

「心臓のあたりが。。。痛いんです。最近。。。よくなるんです。」

ハルは一瞬にして彼女がなぜこんな状態に陥っているのかがわかったような気がした。彼女はとってもいい子だけれどお父さん、お母さんに締め付けられていてそれがとてもつらいのだと常日頃からそう言っていた。

前まではおねえちゃんがいたからよかったのだけれども、そのおねえちゃんも両親とケンカし続けておうちを飛び出していってしまいいま彼女はおうちのなかで一人ぼっちなのだという。

おうちって...なんだろうなぁ。ふとハルは考えてみた。おうちっていうのは...そう、どこよりもほっとする場で帰ってきたぁって思えるとても大切な空間であってほしいものだなぁって。そんな風に思う。

実際、ハルも中高生のころは自分の家がいやでいやでしかたなかった。落ち着くどころか家に帰ってくればイライラしていたし、自分の居場所を見つけることができなかった。

だから、彼女の気持ちが痛いほどよーくわかった。彼女はこんな風に続けた。

「最近、鼻血もよく出るんです。お母さんとかと言い合ってね、ちょっとイラ~っとしたかと思うと頭のどこかでプチって音が聞こえて、あれ?って思ってると、後からサァーっと鼻血が出てきて。それでぜんぜんとまらなくなるんです。めっちゃあせるんですよぉ。」彼女は笑顔でそう言うけれど。。。それは今だから。冷静な今だからそうなのであって実際その場ではパニックになってワケがわからなくなってしまっているに違いないなって。そう思ったらいてもたってもいられなくなった。

「うん、うん。わかるよぉ。○○ちゃんはね、とってもやさしいこころを持っているんだねぇ。ハルちゃん先生は鼻血出たりすることはないんだけどね、それってね、とっても繊細なこころを持っているってしるしだもの。ほら、遠足とかでバス酔いしたりするでしょ?あれもね、とっても敏感できもちがやさしい証拠なんだって。ま、ハルちゃん先生は神経図太かったんだかあのころは酔うこともなかったんだけどね、あはははぁ。」とちょっと冗談を交えてそういうと彼女も

「あははは。もぉ、先生はぁ。」なんて言って明るく笑ってくれたけど、その笑顔の奥にはやっぱりちょっとさびしそうな表情が残っているのをハルは見逃すことはなかった。

もうすぐ定期試験。お母さんに毎日のように勉強、勉強といわれあせりとイライラが増してきて、ここにきていろんなことを考えていたら具合が悪くなってしまったんだろうな。

「おっきく深呼吸してごらん。でだらぁんと血から抜いて。うん、そうそう。」ハルは少しでも彼女が落ち着けばと思って自分にできる限りのことを教えたり話したりした。

誰もわかってくれないから。彼女の口ぐせはそうだったから。だからハルは、ちゃんとわかるよって、それをハルの授業を通して伝えたかったから。

どこまで伝わったかわからないけれど。少しでもらくになって帰ることができたのならば。。。それだけでもちょっとよかったかなって。

わかるよ。のひとこと。ハルが言われるととっても安心する一言だから。口先だけじゃなく、ね。ほんとうにこころからわかってあげられるように。そういう人にハルはなりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃんと...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

ほんとに、よかったぁ(๑→ܫ←๑)

今日は日曜日だからチャイルドマインダーの資格のお勉強に行く日。

だけどやっぱり今日も朝はしんどかった。前日の塾でも14時間連続立ちっぱなしで教えるのでへとへとなのだ(^_^;)

先週も、その前も。「今日こそは休んでしまおう。。。」と毎回起きると思ってしまう。だけどやっぱりがんばって行くと、そこにはすてきなものがいっぱいいっぱい毎回待っているんだ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ฺ

世代もやっていることもなにもかも違う人たちと毎回いろーーんなお話ができて。それで帰るころにはやっぱり今日もちゃんとがんばって来れてよかったぁってそう思いながらにこにこで帰れるのだ。

ハルとおんなじくらいのお子さんがいらっしゃるお母さん、小学生、幼稚園生、赤ちゃんがいらっしゃるお母さん、看護婦さんに幼稚園や小学校の先生。たくさんのかたたちにふれあうことができた。

今日、途中で一度電車を降りてしまった。やっぱり調子悪いし、今日お休みしようかなって。でも・・・やっぱり行こうって不思議とからだが前に進みたがっていた。

ハルはそのまま自分じゃない誰かに引っ張られるようにしてそのまんま前にまっすぐ歩いていったかんじだった。

でもね、ハル、今日どうしてその場に行ったのか最後にわかったんだ。ハルはね、幼稚園の先生だったりお母さんの経験がないから一般本科コースっていうのを受講しているのだけれど先生やお母さんたち育児経験のあるひとたちのコースは特待生として早く終わってしまうプログラムがある。それで実はハルぜんぜん知らなかったけれど今日で終わってしまう人たちがいらっしゃったのだ。

その中でも大学生のお子さんを持つハルのママとおんなじくらいのお母さんはとってもピュアでハルにいつも楽しいお話をしてくださった。

「ハルちゃん学校にわたしも通いたいなぁ。」なんて言ってくれるの(๑→ܫ←๑) みんなはね、何気なーくそういってくれているのかもしれないの。けどね、ハル・・・ほんとはね、涙出ちゃうほどうれしいんだ。

人のあったかぁい一言がこころの奥底までしみるんだ(*^_^*)

こういうあったかさ、もらえること。それはとってもとってもしあわせなことだなぁって。

いいものもらったらまた別の誰かにもいいものを与えてあげたいなってハルはそう思う。いいもの、すてきなこと。そういうことって独り占めしちゃうのってもったいないよ。

そういうことこそより多くのひとたちとシェアしたい!!

ハルはね、高校一年のとき、朝来てすぐにお弁当をはやべんしちゃってね、それでお昼には購買でまた蒸しパン買って来たの。それがあまりにおっきかったものだからみんながちょうだいちょうだいってどんどん持ってちゃったのね。それ見てた一人の男子がね

「ハル、お前ばかじゃないの?お前が食べるぶんよりもあげてるぶんのが多いじゃん。」って。

あはは、確かに(^_^;)でもね、その蒸しパンおおきだけじゃなく味もとってもおいしかったんだ。だから、それはそれでみんなでおいしいねって食べれたからいいんだぁってそういったら

「ま、ハルらしいっちゃハルらしいよね。」ってそう言って肩をすくめてたっけ(*^_^*)

なんだか話がそれちゃったけれど、とにかくね、またまたハル、今日もみんなからぽかぽかをいっぱいもらったから。

だからね、また明日から塾の子供たちやお友達、まわりのみんなにハル自身がまたいいものを自然に与えられるようでありたいなって。そんな風に思うんだ+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ฺ

今日ちゃんと行けてほんとによかった。そして一緒の時間をシェアできたみなさん、ほんとうにどうもありがとう(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

もういっちょ・・・

最近日記を日々更新できずにいるのは・・・とあることをはじめてしまったから(*^_^*)

書くことだいすきなハル。これまでエッセイのような日記のようなものは小学生のころからずーーっと書き続けてきた。とにかく書く、書く。書くことが大好きだった。

朝起きて東から昇る太陽の色、そしてそれに染まる朝の大空をみていったい何色のいろがコラボレーションしているんだろうなって考えればすぐさまノートにそのときに見える色を書き留める。

日中思ったことは詩のようにひとりごとのように書き留める。

夕日をみればまたまたその色をかぞえながら書き留めていく。

小学校の先生たちは

「さっきまでお外で男子たちとサッカーを元気よくしていたと思ったらもう今度はお部屋のなかでなにやら書いたり、お料理のお話をしている真理ちゃん。」などとハルのことを表現していた。

ハルの行動はかなり先が読めなかっただろうな、と自分でもそう思う(^_^;)でも、一日にこうしていろんなことを自分の足で出向いて、おして見て、聞いて、って全身で感じ取っていたからこそ、いろんなことを自分の言葉で表現したいと常に思ってきたんだろうなって。

そんなハルが今、学生のあいだにもういっちょ、やったるーーー!!と思い始めたこと。それは今までとは違ったジャンル、小説、そこまでいかなくても絵本、童話を作ること。

思えばいつも時期の節目、節目に何かを書き上げてきた。大学卒業の記念にいままで書き溜めてきたものを編集したのがあのハルのエッセイ第一弾となった「モウスグ春ノデス!」だった。

今度は・・・ハルの中でも「ハルちゃん先生」として活躍した4年間のこどもたちとの対話を中心にこころの声をテーマにちょっとそれをアレンジしてみんなで読める作品にしたいなと思っているのだ。

賞を獲得しにいく!という気持ちで書くのではなく、自分のハルちゃん先生として、こどもたちに、そして現代のこどもたちをお持ちのお母さんお父さんたちに伝えたいことをメッセージとして折込みたい。

将来はまた学校を設立するというかたちで教育の現場に戻ってきたいけれど来年から少しばかり社会経験をつむためにいったんは離れるのだから・・・

ここでいったん節目としてなにかかたちに残したいのだ。現場を少し離れた時にではなく、この今、書きたい。

それで今動いているのだ。集中すれば7~8万字はいっきに書いてしまうハル。おの集中力には自分でも驚くほどだったりする(^_^;)

でも、それも大事なことかもしれない。だからあえて他の何かができなくてもその集中するとう時間も大事にしたいなと思っている。

ハルだからできること、ハルだから伝えられること。それをちゃんと伝えたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

一緒に・・・おぼえましょう歌( ^ー゚)b ♪

Photo

小学校の一年生の授業。
この四月から私立の小学校に通う女の子。一人っ子でのほほーんと育ってきたた子。
それだけに私立小学校の日々のものすごいアップテンポな授業についていくのがもういっぱいいっぱいでママもいつもひーひー言ってる。
そんな中でも彼女がいまつまっているのが漢字。ひらがな、カタカナがようやく夏休みにスラスラ書けるようになったばかり。ちょっとまわりよりもペースが遅いね。人はみなそういう。
でもちっちゃなちっちゃなからだで朝早く起きてバスに乗って遠くの学校まで行ってお勉強してなんだものね。そしてママも心配する。
「先生、うちの子ついていってないですよね。どうしよう。こんなんじゃこの先不安です。あたしの言うことはぜんぜんきかないし。でもね、ハルちゃん先生の言うことだけはちゃんときくんです。ハルちゃん先生の作ってくれたプリントだけは欠かさずやるんです。」と。
たしかに不安はないわけではなかった。けど、ハルはこう思うんだ。人は一人として同じ人なんていないから。だからそれぞれペースが違うんだって。けどね、ちゃあんとみんなみんな遅かれ早かれ最後にはみんなちゃんと習ったことを体得できるんだって。
「ママも心配だと思います。けどね、だいじょうぶ!!ハルちゃん先生保証しますよ。みんな同じじゃないもの。けど、途中で順番が入れ替わったりもあるし○○ちゃんがだめ、だなんて決め付けないでくださいね。ほら小学校のころあんなにちびっこだった男子に高校になって会ったらびーーっくりするほどおっきくなってたじゃないですかーー!!あれとおんんなじで成長していく過程でいろんなことが起こるわけです。ふふふ。ハルのプリントそんなに気に入ってくれたんですね。じゃあこれからもがんばってつくりますね♪」と言った。
ハルハルスタイルははっきりいってその場がすべて!!予習はもちろん大切。でもね、それだけじゃなくってその日そのとき、その子ができないところ、弱いなと思うところをその場で察知してそしてそこで瞬時になにかを考えるの。これがハルハルスタイル!!
昨日はひとつの漢字に対していろんな読み方があるけれどそれをすべて覚えることができずに困っていた。そのときはっっとハルは思いついたのだ!!
「そうだ!!○○ちゃん!!一緒に歌をつくっちゃわない?」
「えーー??ハルちゃん先生が作ってくれるのーー??わーーい。わくわく。
たのしみーー。」ぱーーっと目の前のちっちゃな○○ちゃんの表情が一瞬にして明るくなっていくのがわかった。
そんなちっちゃな彼女を前にうーーんとなんてゆっくり考えている猶予はハルには与えられていない。
彼女が本日覚えられていない漢字はママからの報告書により
「大」「本」「虫」「青」「休」の5文字。
これを用いてどうにか覚えられるものを・・・。
考えながらどんどこ紙に書き上げた。その時間2分。できましたーー!!
♪ハルちゃん先生と一緒に・・・じゅくごおぼえましょう歌( ^ー゜)b ♪
「大」(おお)きなかわは大川(おおかわ)です!!
はい、はい、はいはいはい!!
それを大(たい)がともよぶんですーー!!
あ、はい、はい、はいはいはい!!
え本(ほん)、じしょに、ちずもね、みんなみんな本(ほん)ものの本(ほん)なのよ!
あ、はい、はい、はいはいはい!!
虫(むし)ば、け虫(むし)ちょっといやだな。
でもね、おとなになるとね、りっぱなせい虫(ちゅう)になるよ!
はい、はい、はいはいはい!!
青(あお)いろ、青(あお)ぞら、青(あお)いくも。それを青(せい)うんとよぶのです!
あ、はい、はい、はいはいはい!!
学校お休(やす)みうれしいな!きょうはおみせも休(きゅう)ぎょうです。5月のお休(やす)みつづくこと、それはれん休(きゅう)とよぶのです!
あ、はい、はい、はいはいはい!!
さぁ、これで、かん字のよみかたおぼえるぞ!
じゅくごおぼえる、おぼえましょう歌♪
ふふふ。あるある探検隊だいすきな彼女にはぴったりだなって思うんだ。もちろん彼女、とびっきりの笑顔でびっくりするほど楽しそうにそしてすばやくこれらの読み方、おぼえてくれました。おうちで練習するように一枚、そして忘れずどこかに貼るようにもう一枚コピーしてあげてもたせました。
ハル、どうしても自分が好きになれなくて、ハルって何の役にたってるんだろうって悩み落ち込むこと多いけれど、でもね、こうやって困っている子に楽しみながら何か新しいことを体得してもらう手助けをするためのスピーディな魔法をかけること。これがちょっとしたハルの特技なんじゃないのかなって思えるの。
それが神様がハルに与えてくれたものなのかな。だとしたら・・・そうやって自分にできること、続けていきたいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

早めの決断。

なんとなーくだるくって、なんとなーーくからだが重たくって。って。

今まで、ハルにはそんなことはないぞーー!!って思ってきた。かなり無理やり?!ということも少なくなかったんじゃないかな(^_^;)

けどね、だるいときはだるいんだよねってね、ちゃあんと認めてあげて寝たりして休もうって思うよ(๑→ܫ←๑)

えへへ。と、いうわけで今日はちょっと朝の予定はなしになってしまった(^_^;)

2時間かけて現場までいったのに、ね(>__<)でもね、そこで早めに引き返してきてよかった。ゆーーっくり寝てね、そして今起きたら・・・

うん!!ずいぶん楽になったもの( ^ー゚)b

これから後の今日の予定はこなせそう(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆"よーーっし!!がんばるぞ!!ってハルハルパワー全開!!

早めに決断。自分自身を守る。これ、チャイルドケアの講習で学んだことなんだけれど、こどもたちのケアのお勉強を通して自分自身もかなり学んでるなぁ(*^_^*)

朝、ご迷惑をおかけしてしまったかたがたには申し訳ないけれど、明日以降にまで響かないように今日の朝だけでとどめてよかった。

やっぱり・・・何かを学ぶことによって、人は少しずつでもプラスの方向に変わっていけるんだね+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚ฺ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

あなたを、守りたい(๑→ܫ←๑)

071007_2119010001土曜日、朝早くから夜は11時近くまで塾で小学生から高校生までを教えきってハルはすでにかなり限界に達していた。今までならこの土曜日もどんなにつらくったって「明日はに日曜日だもん。いーっぱい寝れるぞぉ!!」って思い直してがんばれた。

でも・・・そうなんだよねぇ。うん、わかってる。自分で決めたんだもんね。でも・・・

し、しんどいーーヽ(*・ω・)ノ

そう。9月からは唯一、一日フリーにしておいた日曜日もチャイルドマインダーというこどものケアのために資格の講習にほぼまる一日かけて通っているのだ。

うーーん、明日はさすがにきついかなぁ。お休みして振り替えしちゃおうかなぁ。何度もそう考えた。朝になってもお布団のなかで何度そう思ったことか(^_^;)

でも、今日はいつもの講習でなく救急救護法という実習授業だったのだ。いつもよりさらに長時間にわたる講義だ。大変。でも今日逃したらまたしんどくなってよけいつらいだろう(>__<)

そんな自分の中での葛藤の末なんとか逃げの方向に打ち勝ってねむい目をこすりつつ出かけた。

なんとか時間通りに間に合った。ところが、ちょっといたトラブルでせっかく早い時間にみんな集合したのにお教室が開かずに先生ともどもお外のロビーで待ちぼうけになってしまった。

けど、これがハルにとってはとてもありがたい時間となった。同じ講習のお仲間さんたち♪ハル、みんなの年齢ぜんぜん気にしてなかったけれど、実はいつも仲良くしていただいている同じくらいの年齢と思っていたかたたちが30代、40代のかたもいたということ。そしてみーーんなバックグラウンドがあまりに違うのが面白かった。

あまりにみんなが違うからこそそれぞれのお話を聞いたり、話してそこから得るものがおっきかった。ハルのちいさいころからのお話もとても真剣に聞いてくれた。そして

「ハルちゃんは、自分がいろーーんなつらかったり苦しかったりいた経験をいっぱいしているから。だからひとの痛みがよくわかってあげられるんだね。セラピストとかになればいいのに。ただ資格としてとってなっているひとはたくさんいるかもしれないけれど、そういった経験を積んでいる人はなかなかいないよ。そういった経験がいっぱいあるんだからそこにちゃんとした技術なんかを入れていけばほんとうのセラピストになれるよ。」そんな風に言ってくれた。うれしかった。

ハルはたしかにここまで24年間よく生きてこられたなあって思う。事故にあって後頭部を25針縫ったこと。家族がバラバラでもう生きているなんて意味が無い!!なんて泣き叫びたいけれど我慢していた小学生のあの日、あのときがいま改めて思い出されてきた。

でも、それでもこうしてなんとか生かしていただいている。生きていなかったら、ほんとになんにもできてないんだもん。だからハル、やっぱり今、生きていることに感謝だなぁって今日みんなとお話していてそう実感したのだ。

救急救護法では意識が無い場合の乳幼児、小児、大人のそれぞれにおける人工呼吸法やけがの手当ての方法などをそれぞれ実践で学んだ。

そして常にバックに携帯しておくことでこれをまさかのときに活用できるようにしておくセットも手に入れた。

ハルは今まで何度も何度も、落ち込んだりしてどうしようもなくつらいときに必ず誰かの存在があったから。だからここまで生きてこられたんだって思う。

今日だってかなりへとへとでたどり着いたけれどあたたかいみんなに支えられていま、こうして家に帰ってこられた。しんどかったけれど今日行ってきてよかったなってそう思える。

だから・・・自分がしてもらってうれしかったことは、また別のひとにかえしたいんだ。

いつどこででも誰にでも起こる可能性を秘めている突然の心停止。そのとき、その場にたまたま居合わせる場面があったならば・・・

これからは勇気を出して、ハル、今日習ったことを実践しようって強くこころに決めた。この世に生を受けて今をともに生きているなかまだから。みんなみんななかまだから。だからそんななかまを一人でも守りたい。

そして今日がんばって朝出かけていったハルへ

ハルお利口さん、よくがんばってきたね。と、そう言おう( ^ー゚)b

※写真は今日の救急救護法でのセットの一部♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

感謝(๑→ܫ←๑)

引っ越ししてきて約二週間。探索したいのは山々だけど…どうも寝に帰っているだけのような(´A`)そんな中でもいくつかの発見が(*^_^*)

近くのわりと大きめなスーパー。ここでは四時の市というのがある。午後四時前、たまたまその日家にいて買い物に来て、それで知った。四時前、なんだか店内のパン売り場に主婦たちがゾロゾロ。ゾロゾロ。ゾロロロロロ~。え~?なに~?いったいなにがはじまの?と思っていたら店内放送が頭上から。

「え~、ただいまより~パンコーナーにおきまして~できたてのチーズクリームパイ50円セールを開催いたしま~す。通常価格150円の品、なんと3分の1の価格でお買い求めできます。」

あ、あ~。どんどん人があつまってきた~(・_・)しかも女のひとしかいない~(・_・;)と、見ている間にどんどんなくなっていきます。あわててハルも、ゲット。ふぃ~。っとひといきついたところで…

ん?!待てよ~。何でハルもつられて買ってるんだ~?ガーン!恐るべし主婦'sタイムセールよ(-_-#)

でも普段ハルたち学生のようなこどもたちが学校などでいる間お母さんたちというのはんな風な時間も過ごしたりしてるんだな~ってこの年になってはじめて知るハル。

でもま~うちのママは多分一度足りとも参戦したことなさそうだな。ハルと正反対だもの。おっとりさんでまず他者と競ってセール品取り合うなんてしないというよりできない、が正しいな。あ、ハルはやっちゃいそうだな~。いかんな~。セレブになれないな~(笑)

そんなわけでこのスーパーは面白いなと思った。

今日、たまたまそこを通りかかって雑巾6枚250円セールをしていて買おうとしたら230円しかなくて(>_<)

「あぁーー。ごめんなさい。230円しかないから買えません~。」とおじちゃんに告げると

「ん~、じゃあしょうがないなぁ。お姉ちゃん、いいよ。それで。230円でいいよぉ。」って言ってくれた(๑→ܫ←人→ܫ←๑)

ひゃっほーーい!!らっきぃくっきぃもんじゃやきぃ(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆"

なんだかうれしくってしかたなかった。

楽しくしよう楽しくしよう、笑顔でいよう笑顔でいよう!!

それはもちろんいつも心がけているけれど。でもでも・・・やっぱりそううまくいくことってないから。だから、こういうちょっとしたうれしいことをちゃんとうれしいな、って喜べることに感謝しよう(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

がんばらない日。

ハルの長所はたいてい短所でもあるなぁって思う。

たとえば・・・ストイックにがんばるところ。なんでも一度やるぞと決めたことはとことんやる。はたからみたらなんでそこまで?と思うほど自分を追い込んでそれでも前を目指してひたすら。

途中何度も何度も投げ出したくなるのにそのたびにもっと、もっと、ってさらに追い込んでしまう。

ただし、これ、人には強制しない。自分に関してだけ。

でも、これが結構やっかいなことにもなる(^_^;)あるときぴーんとはっていた糸がぷちっと切れそうになる。そのときがこわい。今まで休むということをコンスタンスにしてこなかったから。だから休もうとするとなんか罪悪感でいっぱいになっちゃってヽ(*・ω・)ノなんか動いてないとハルだめなんですなぁ(^_^;)

で、無理し続けるとからだに来ちゃう。いつかそうなるってわかってるのに、ねぇ。

でも・・・内定式も終わって来年から社会人になるんだから。これからそれも通用しなくなっちゃうから。だから今から少しずつオンとオフをきっちり切り替えられるようになろうって思ったのだ。

考えているだけ、口に出すだけじゃだめだから。だからハルはすぐに実行に移してみた。

がんばる日。それはハルをかたどるうえでとても大切なものだからおおいにあってよし!!けど、そう。そんな日々のなかに、とぎれとぎれになくちゃいけない日。

それが・・・がんばらない日!!

今日、木曜日はそんな「がんばらない日」!!

というわけでいつも朝は5時半起きですが・・・かなりのーーんびり寝ていました。お掃除や洗濯もいつもはバタバタこなすけれど鼻歌まじりでるんるんらんらんゆーーったり♪

こういう日も大事!!今までも何度もそんな風に思ってきたのになかなか実行に移せなかった。けど、今回はちがうね。また明日からの原動力になるようにハルハルなパワーを温存させる日。

さて、今日はどんな日になるかな。これから半日、わくわくが少しでも多くありますように( ^ー゚)b

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 2日 (火)

内定式!!

Photo 071002_0957010001昨日は内定式でした。朝早くから夜は21時前まで、ハルはずーーっとずっとハイテンションでした( ^ー゚)b

内定式、今日は三木谷社長(おぉっと!!ってこれ、言っちゃったら今までハルっていったいどこに内定したんだろう?って思ってた方たち全員わかっちゃいましたね?そうです。もういいかなぁってことで。ハル、その社長率いる会社で来年4月から働きますよぉ♪)いらっしゃるかなぁ?ってちょっと期待していたけれどでもでもみなさんご存知のとおりものすごーーくお忙しいかたなのでどうかなぁってちょっと心配だったのです。

が!!ちゃあんと式に出席なさっていて祝辞の言葉をいただきました。それだけでもみんな超興奮状態だったというのに・・・夜の懇親会のパーティーでは・・・一緒に記念撮影&お話もできちゃったのです(๑→ܫ←๑)

なんとハル、社長のとなりで写真写っちゃいました。撮るとき近くおっきなエッグ&シュリンプサンドイッチを両手に持ってたハルがあわてておこうとしたら社長が「いいじゃん。それ持って写っちゃえー!!」と言ってくれて「えぇ?あ、はーーい。」とちょっとびっくりいちゃったけれどそのまんまサンドイッチも一緒にパシャリ!!イエーイ!!

さらにその後、おとなりでいろんなお話を一緒にしました。役員のかたたちはみーーんなすごいかたたちばかりなのでだんだんそれが当たり前になってきちゃっててなんだか感覚が麻痺しちゃいそうなハルでした(^_^;)

「社長にハルの本宣伝してもらっちゃえよ!!」役員さんのひとりにそういわれて

えぇ??マジですかーー??!と思ったけれどちょっと言ってみたら

「へぇ。すごいじゃない!!それ、ちゃんと○天ブックス(←あ、あえて○、にしてみました。えび天とかイカ天ではあーーりません!!おっと寒いーーヽ(*・ω・)ノ)にあるのかな?」

「はい、もっちろんですよぉ。売ってます、売ってますー!」と元気に答えると

「そっかぁ。じゃあ、オレのアドレス宛にタイトルもう一回送っといてーー」といってアドレスを口頭でスラスラーっとおっしゃるのです。おぉっと、ま、待ってくださいーー!!ってすっごくあわてながらもどんどん、どんどんハルハル、どこまでもハイテンションに。

ちなみに反対側のおとなりには○天イーグルスの昨年のドラフトであの「田中のまーくん」をくじで引き当てた「黄金の右手」を持つあの男性が!!そしてちょっと歩くとinfoseek事業部のドンでいらっしゃるあの男性にも遭遇!

「あぁ!春野だ!!お前よく来たなー。」まではよかったのですが・・・その後・・・

「みんなー。こいつはぁ、面白いって言うかへんてこなやつだよー。」といわれてしまったぁ(^_^;)

それでもそれでも、昨日一日いろーーんなことを吸収していろーーんな人たちと触れ合って、すごーく充実した有意義な時間でした。

内定式のその日に研修会が何時間も行われるなんて聞いたことなかったけれど・・・うん!でもだからこそ、ハルこの会社を選んだんだって思う。

ビジネスマンとして社会に出て働くまであと半年。どれだけ自分をブラシュアップさせて、そしてどれだけ残りの学生生活を楽しむか。それはハルしだい!!

どうせおなじ日々を過ごすのであればひとつひとつを精一杯!!そして今まで以上にモチベーションあげて取り組んでいきたい。後半年で。何ができるのか。これからのことを考えながら、おして修士論文も作成しながら、何か、ひとつでっかいことを成し遂げようってそうこころに誓った内定式であり、研修会でした。

もういちどここで!!ハルの夢・・・それはこれから21世紀、そして22世紀その後世、どんどん進歩する科学技術のなかで生きていく未来のこどもたちのこころがいきいきといたものであってほしい。健康とは心身ともに元気でなくてはならないということ。みんなにいきいきとした目で態度で学んでほしいということ。それを実現させるためのハルハルスーパースクールを最後には必ず独立してつくるということ。

必ず、必ず・・・ハル、やります!!内定式、ハルは再度自分のこれからのビジョンを見つめなおしもっともっと高みへいこうと思います。

これからもみなさん、ハルと一緒にどんどんわくわくどきどきをシェアしましょう♪どうぞよろしくーー(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

今日から・・・

10月1日。今日からはじまるものが結構世の中には多いみたい。

郵政民営化もそのひとつかな。でもね、ハルとしてはもっともっと身近なことが!!

そう!!今日は内定式!!今日からほんとうの意味で○○社の内定者!!

で、今朝はもう電車に乗って行かなくちゃです。こんなことしてる場合ではあーーりませんっっ!!帰ってきたらご報告いたしますので今朝はもうこのへんでいってきまーーっす!!

社長、テレビ取材とかテレビ取材とか、テレビ取材とか・・・で、いろいろ忙しいだろうけれど、でも今日は姿をみせてくださると、いいなぁ( ^ー゚)b

ハルと似たようなちょっとへんてこなでも超すんごいパワフルなかたまりっこたちが結集しているあの会社の内定式。なんと朝早くから夜は21時まで。もちろん研修もありなのだ。

他社が1年でやることを一ヶ月でやる!!なデキル人間になる!会社。デキナイーーーってパソコンの前で奮闘しているハルハルだってーーー、ちゃあんと今日を境にデキる人間になってやるぅううーー(笑)

あぁっと。遅刻したらたーいへんっっ!!ではではほんとうにいってきましゅるーーーっむ(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »