« 夏よ... | トップページ | 越えられるからこそ... »

2007年8月28日 (火)

無我夢中(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆"

無我夢中。われを忘れるほどに没頭して周りが見えなくなってしまうほどに夢中になってしまうということ。ハルはこれになりやすい!!

ハルがなにかにのめりこむとそれはそれは...お、おそろしい~((((゚д゚;)))) ←なんちゃって!ちょっとおおげさだったかな。

まぁ、いのしし年というのもあるのかな。とにかくハマれば一直線!!これはありがたいことに遊びとか趣味だけじゃなくお勉強でもそうだった(๑→ܫ←๑)

楽しいな、と思えばこっちのもの!!楽しくて楽しくて何でも覚えられたし何時間でも集中し続けられた。

でもそう思えないものはちょっと違ったかな。負けずキライなハルハルなのでなんとかしてそれも克服したる~!!ってがんばっちゃうのですがそれでもやっぱり楽しいって思えるものにはかなわないですねぇ(^_^;)

ハルの小学生のころを思い出してみると...うん、確かにもうスーパーファミコンなどが登場してきていて周りの子達はだんだんとゲームをおうちの中で!なインドア派が笛始めてはいた。けど、まだまだお外で元気よく遊ぶ子達もいっぱいだった。

一輪車に、おにごっこ、警ドロ(←警察と泥棒の2チームに分類しておにごっこのようにおっかけっこするもの。ある地域ではドロ警っていう風に逆に呼ぶところもあったのかな。)

そしてマフラーを編む機械である「織姫」「編む編むたまご」などがはやったり、あやとりに夢中になったりしていたっけなぁ。

ちょっとそのころにタイムスリップするとハルの場合かなりの時間帰ってこれない(^_^;)そのときその場でたった一言、あの子が、あの先生が発した一言まで鮮明に記憶してしまっているのでそれをひとつひとつ映画をみているかのようにゆっくりと思い出してしまうのだ。

「ハルちゃんの記憶力はおそろしいよ。なんでそんなことまで鮮明に覚えてるのさぁ。」とよく言われる。ハル自身はそんなにすごくはないし、恐ろしいなんて!!とちょっと苦笑いしちゃうのだけど...。

とにかくほとんどといっていいほどハルはおうちの中にこもっていたことはなかった。いろんなものを見て聞いていっぱいいっぱい吸収していたんだろうなぁ。

最近の小学生にいろいろ聞くとみんな「だるい」「疲れた」が口癖の子が多い。なんでかなぁっていろいろ考えたのだけれどきっとこれもお外でよりかおうちの中でじっとゲームをするほうが多くなったからなんじゃないのかなっていう結論に至った。もちろん一概にはそういいきれないところもあるけれど。

ゲームももちろん楽しいものだと思うよ。けどね、もっともっといろんなこと、楽しいこと、無我夢中になれることっていっぱいいっぱい世の中にはあふれているんだよぉ!!ハルはたまにあやとりや缶けりなどの遊びを塾の子供たちに休み時間に教えたりする。

「どうしたらよくねむれるの?」とか「どうしたら短時間で集中できるの?」何食べたら頭よくなるかなぁ?」なんていう質問にも一つ一つきちんと向き合うようにしている。そういったいろんな遊びや密なコミュニケーションだったりを大切にすること。先生は勉強だけを教えていたらそれでいいんだ、にはなりたくない。もっといろいろなことに「無我夢中」になってほしいと思うから。それには些細なことにでもちゃんと反応してあげて興味、好奇心を持つことを忘れないようにしてほしいから。

無我夢中になるということ。それがいっぱいいっぱいになったら...きっとみんな今のようにこう言わなくなるかな。「将来の夢なんてないよ。」だなんて。

「なりたいものが多すぎちゃってほんとどうしよう。」そんな希望でいっぱいのこどもたちであふれかえるようなお手伝い、それをすることがハルのミッションのひとつなんだろうなって改めてそう思うよ。

|

« 夏よ... | トップページ | 越えられるからこそ... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/7710302

この記事へのトラックバック一覧です: 無我夢中(*^ー゚)ノ☆;:*:;☆":

« 夏よ... | トップページ | 越えられるからこそ... »