« よーーーし!!こうなったら... | トップページ | 少し遅れて咲いた、ひまわり。 »

2007年8月 9日 (木)

8月9日。

8月9日。62年前の今日、長崎に原爆が投下されました。ハルの父方の親戚はみな長崎。だからやっぱり他人事とは思えません。

この日が来ると今は亡きおじいちゃん、おばあちゃんのことをちょっと考えてしまいます。

ハルは大学二年生のときに自分の家を飛び出してきてしまったので今でもほとんど実家に帰ることはありません。けれども帰ると必ず寄るのがおじいちゃんとおばあちゃんのお仏壇です。

ハルは今まで確かに何事に関してもトントン拍子に事が進んできたとは決して言えません。いっつも遠回りしすぎるほどに遠回りしてきたり、がけっぷちまで追い詰められたり(^-^;)それでもそのまま落っこちてしまったり、そこで行き詰りっぱなしじゃなくちゃあんと時間がかかってもそこから脱出できてこれているから。だからハルはいまここに生きているんだってそう思っています。

そのどん底の状態に陥ったとき、いつもハルはおじいちゃんやおばあちゃんのことを思い出しました。特に助けてーー!!などとは言わないのですが、ちゃんと最後の最後にはいい方向に好転するのです。

それに至るまではけっこうしんどくって大変です。けれどもやっぱり不思議だとおもうのはあそこからの切り替えし、これはどう考えたってハル自身だけのパワーじゃないなぁっていうことです。

いつもの自分以上の得体の知れない底力が発揮されたりするのです。もしかしたらこれっておじいちゃんやおばあちゃんがほんのちょっとだけハルにパワーを差し伸べてくれていたのかなぁって、きっとそうなんだろうなぁってそうおもわずにはいわれないのです。

つい先日も就職活動が終わって報告に行きました。いつものお仏壇のまえのおじいちゃんとおばあちゃんの額縁に入った大きな二枚の写真を見てこころの中でこういいました。

ただいま!!二人ともいつも変わらないなぁ。ハルだけ小学生のころからこんなに変わっちゃったよーー!!って♡→ܫ←♡♪

するとおじいちゃんの写真がちょっとにが笑いをして「そりゃそうだよぉ。それこそ生きてるって証だよ。」って言っているような気がしてなりませんでした。

62年前の今日。生きていたら90歳を超えているはずのおばあちゃん。そして100歳を超えているはずのおじいちゃん。おばあちゃんのお葬式の日にあまりのショックに階段を昇れずにまだ小さかったハルとハルパパにもたれかかるようにしていたあのおじいちゃんはいま、おばあちゃんと一緒になれてしあわせですか。

「ほしがりません、勝つまでは!!だったから」といつも言う母方の祖母。いっつもハルに先におやつをくれてあまりにおいしそうにしたときには自分のぶんまで快くわけてくれます。おばあちゃんのお父さんは軍隊の司令長官でふらふらになって帰ってきた直後に結核で亡くなりました。

戦争はたくさんの人たちを苦しませ、そして悲しみへと突き落とします。戦争がこの世の中からゼロになるように、わたしたち戦争非体験者たちが体験者たちからきちんと学び後世に語り継いでいかなくては、改めて思います。

長崎の原爆被爆者のみなさま、6日広島のみなさまに引き続きご冥福をお祈り申し上げます。

|

« よーーーし!!こうなったら... | トップページ | 少し遅れて咲いた、ひまわり。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/7468427

この記事へのトラックバック一覧です: 8月9日。:

» 今日は何の日?? [和田の日記サイト]
1964年の今日はトンキン湾事件があった日です。 戦争のような戦いがもう無い様な世の中になってほしいです [続きを読む]

受信: 2007年8月 9日 (木) 10時55分

« よーーーし!!こうなったら... | トップページ | 少し遅れて咲いた、ひまわり。 »