« ふたりのハル。 | トップページ | 「か」抜きことば(→ิܫ←ิ) »

2007年4月10日 (火)

それだけがすべてじゃないよね。

サクラが満開に咲き誇るとき。シャッターを切り、そして筆をとる人たちは大勢いると思う。

でも、散り始めて、枯れ始めた茶色と、その隙間から顔を出し始めた黄緑色の若葉との入り混じったようなサクラを写したり、描いたりする人はあまりいないのかな。

もしかしたらそういう人も中にはいるのだろうけれど今までハルはあまり見たことがない。でもハルはちょうど今あたりから見られる、そういった三色のコントラストの織り成すサクラ。そんなサクラもいいなぁって思う。

だんだんと満開でなくなってくると今までみんなが立ち止まって見ていてくれていたのに、またここから一年振り向きもされずに素通りされてしまうのかな。サクラは今時期、そんな風にちょっとさびしそうにしているかもしれないな。

そのもの、その人の一番目立つところ、正面ばかりにみんな注目してしまいがちだ。

けれども見えていない後ろ、側面もちゃんとある。だって実在するもの、人はすべて三次元で生きているのだから♡→ܫ←♡♪

サクラにも満開だけじゃなく、散り始め、葉桜、冬に枯れてしまって幹だけになってしまった桜、色々なサクラがあるように人にも色々な面がある。いつも元気そうにしていても本当は色々なことで悩み苦しんでいる人も多々いるだろう。

その人の事情に深入りする、っていう意味じゃなくって、人はその見えている一面だけがすべてじゃないんだから、勝手な自分の判断でその人を位置づけしたり、きめつけないようにしたいな、って思う。

今、散り始めたサクラをバスの中かから眺めていてそんなことを考えていた。

|

« ふたりのハル。 | トップページ | 「か」抜きことば(→ิܫ←ิ) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/6039886

この記事へのトラックバック一覧です: それだけがすべてじゃないよね。:

« ふたりのハル。 | トップページ | 「か」抜きことば(→ิܫ←ิ) »