« 漱石、カローラに学ぶ発想♡→ܫ←♡♪ | トップページ | あえて逆の発想で... »

2007年2月22日 (木)

だんだんとハルも...

ちょっと寄ったスーパーのお菓子売り場で小さい子とそのお母さんがいた。「そんなのほとんどがおもちゃで、お菓子なんてちょっとしか入ってないじゃないの。違うのにしなさい。」お母さんがそう言っていた。見ると、その子が持っているお菓子は確かにおまけのおもちゃが大部分で、ちょっとラムネかなんかが付属でついてくるほどにしかお菓子は入っていないそんな箱だった。

どうやら学校何かで社会科見学のようなものに行くらしく、その時に持っていくお菓子選びをしていたみたいだった。

ハルも自分が小学生だった頃のことを思い出していた。ほとんど母と買いものにはいかなかったけれど、遠足のお菓子選びにはなぜか母と一緒にいっていた気がする。そして母はきまって大きな箱のビスケットやクッキー、プリッツなんかを手にしてこう言ってたっけ。

「まりちゃん、自分の好きなものもちろん選んでいいけれど、こういったみんなで分けられるものをひとつは持っているといいよ。ね、これひとつ買いましょう。」と。

ハルはその時は「え?そんなのいらないよぉ。」って自分の欲しいものにばかり夢中になっていたけれど。実際そういった大きい箱のものは、みんなとのお菓子交換するときに本当に大活躍したし、みんな大喜びだった。自分もうれしいし、周りのみんなもにこにこしていてとっても喜んでくれて。

まさに、最近しってお気に入りの言葉の「Win-Win~自分にもプラスで、相手にもプラス♪~」そのものだったのかもしれないな、なんて思う(→‿๑) 

でも、その子が自分の欲しかった大きなおもちゃのついた箱をおねだりする気持ちもよぉくわかる気がした。だって普段はなんだか「そんなの今日はだめよ!!」って言われちゃったら抵抗しようがないけれどでもでも、その日だけは「○○に持っていくお菓子だもん!!」って粘れるんだもの(ิܫิ)そんなチャンスはなかなかないのだ~!!だからここぞとばかりおねだりしてみたい気持ちもよくわかる。

こういうとき、母親の立場だったらどういう風にして子供を諭せば一番いいだろうか。ハルだったらどうするかな。その手にしている箱も買っていいけれど、でもみんなで分けるっていうこと、自分のことばかりではなく、他者のことも考えるということをそこで教えたいからやっぱり自分の母がしてくれたように大きな箱を手にとっておんなじように「みんなで分けられるこういったものも買おうね。」っていうのかな(´∀`ฺ)

今まで自分が母親の立場にたったらなんて考えたことなかったな。こういった場面に遭遇したときは必ずと言っていいほど、子供のほうの立場に自分を置き換えていたのに。

いつのまにか親のほうに自分を置き換えている自分にはっとした。

だんだんとハルもおとなになっていっているのかなってそう思った(๑→‿๑)

|

« 漱石、カローラに学ぶ発想♡→ܫ←♡♪ | トップページ | あえて逆の発想で... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/5439812

この記事へのトラックバック一覧です: だんだんとハルも...:

» 枕を股に挟むと気持ちいいw [女子大生日記]
女ならわかると思うけど、股に枕を挟むと超気持ちよくない? [続きを読む]

受信: 2007年2月23日 (金) 12時56分

» 体臭フェチな私。 [男に埋もれたい・・・]
胸毛から湧き出る汗の匂い。私はそれで潤っていく・・・ [続きを読む]

受信: 2007年3月 4日 (日) 10時16分

« 漱石、カローラに学ぶ発想♡→ܫ←♡♪ | トップページ | あえて逆の発想で... »