« もうひとりのハルへ | トップページ | 今日は...いいぞぉ(*≧∇≦*)☆彡 »

2007年1月24日 (水)

ハル波乱バランバラン...それでも...

珍しく…寝坊してしまった。昨日もず~っと朝から点滴をしていたので(う~んと…実はちょっと体調が悪いといっていたのは…ちょっとではなく…不整脈になってしまって通院している状況だったりもするのです(^_^;)あはは…と言いたいが…さすがのハルもちょっとこればかりはそう笑い飛ばせない~。でもまあハルの性格だから何かしてるほうがいいので死なない程度に、ね、ということで。あ、そんなに心配しないでくださいね。そういうつもりでここに書いたわけではないので…。)で、まぁ、ちょっとかなりへろへろだったのは確かだけど…まさか?!時間はちゃんと守るはずのハルが…起きたときの明るさで一瞬にして寝過ごしてるなと確信したのだ。

6時に起きるはずがもう時計は8時をさしている。そう、今日から大学の後期の定期試験がはじまる。ハルにはその試験監督のお仕事が与えられているのだ。とりあえず飛び起き五分で着替えて猛ダッシュ。しんどいけどしかたない。ふらふらしながらもなんとかバスに乗り込み、ふ~。

自分にふりかかることならばそれば自業自得。でもそのことにより他人に多大な迷惑がかかるようであってはならない。ハルが遅刻したら学生たちみんなに迷惑がかかってしまうもの。冗談じゃない~。と思いつつもバスや電車をその一定以上のスピードに早めることも出来ず少し気持ちを落ち着かせた。

しゃあない、しゃあない。こうなってしまったんだからこれでいくしかない。問題はこのあとどうしていくか、だ。とりあえず学校に連絡して謝る。

そしてふと寝起きだったことを思い出し、身だしなみを整えないととあわてて鏡やらブラシを出して頑張る。う~ん。ハルは切羽詰まるとわけわからないくらい動揺してしまう。自分でそれがよ~くわかっているためいつも時間にはかなりゆとりを持って行動している。遅刻よりは早すぎのほうがまだいいと思うし。だからこそこんなハプニングが起こるとほんとにあせる。でもこんなときこそ冷静になろうと思い直せた。

と、いうよりかいつものハルならばむちゃいきに走ったりなんなりして無理矢理にでもなんとか間に合わせられる。でも体力を奪われたからだにはそれが不可能だった。それでも最後まであきらめちゃだめだと走りに走る。こんなにのろのろしか走れなくなった自分に腹が立ってなんだか涙が出てきたり。その涙をぬぐいながら走りに走る。ようやくついた。

有名なうちの学校の坂である地獄の生田坂がいつもより強烈すぎだったけれどなんとか登りきれた。
さあ、試験会場に向かわなくては。これが…どうにかこうにか間に合ったのだ。

やっぱり…どんなときでも最後まであきらめちゃだめだな、そこでだめだと思うのは勝手な自己判断にすぎないかもしれないもの。現にもう無理だとあきらめそうになりつつもともと時間にゆとりを持たせていたせいもありなんとか定刻に間に合ったわけで。

体調を崩したときこそ健康なことがいかに大切かを知ることができる。そしてハプニングが起きたときにこそ余裕、ゆとりを持っていつでも行動しなくてはいけないということを学ぶことができるような気がする。

あまりに自分の体力を過信し、むちゃくちゃしすぎてきたハルにとってのちょっとした神様からの天罰なのかもしれない。悔しいけれど歯がゆいけれどそう思って素直に受け止めよう。やっとちょっと落ち着いたのでこれを書けました。

あ!!そうそう!!そうだ!!今から出版社で打ち合わせでした。いっそげぇ~!!
よぉし!!負けないぞぉおお!!弱虫な自分とんでけ~!!れっつごぉごぉ!!

|

« もうひとりのハルへ | トップページ | 今日は...いいぞぉ(*≧∇≦*)☆彡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/5061934

この記事へのトラックバック一覧です: ハル波乱バランバラン...それでも...:

« もうひとりのハルへ | トップページ | 今日は...いいぞぉ(*≧∇≦*)☆彡 »