« お子様ランチ♪ | トップページ | ハルも木から... »

2006年12月 8日 (金)

表彰状?!

Photo_176

昨日も朝から大忙しで都内へと電車に乗る前にふとポストに目をやるとあら~、朝からうちのポストだけパンパンで今にも中身でそうじゃないですか~。

で、いったいなんだろな~と開けまして~。あら~、今度はなんだったかしらね~(^_^;)

またある出版社からの大きな大きな封筒です。

なんだろ、なんだろ?で、開けてもっとび~っくり。キラキラしている?なんだ?よく見たら~

ハイ?しょ、賞状ですか、これはヽ(・ω・*) で、も一度よく見る。あ~、や~っぱり賞状なんです。でもいったいなんの?どうして?全く見当がつかないハル。とりあえず賞状に書かれている文面に目を通してみる。

「認定証 作品名 気分はいつも春のです! 27回○○社出版賞において貴殿の作品は最終審査選考まで残り、『新しい感動を与える作品』として、出版社推薦賞に選ばれましたことを認定し賞します。」

は~(^_^;)そ、そういえば三次審査通過のお知らせが数ヶ月前に来ていたような気もしなくもないわ?!それにしても著者に忘れられてもよくぞ強くたくましくねばりぬいたな~、ハルハル作品よ!と言うしかなかっただす*O)

この作品はハルの三足のわらじを履いているこの最後の一年間を記念に残したいのと、今までのハルに関しての濃厚エピソードをぐっと入れた一作品。いつまでもハルはハルだどは思うけれども、このときこの瞬間はもう二度とはもどってこない。

大学院生という限られた時間の中ですごす時間をタイムリーに書き、そしてまだ短いにしろ自分が生きてきた今までを懐古してみたのだ。

それが賞をいただいたことはなんだかうれしい。でもこれまた大賞落ちですな(^-^;)

ふふふ(๑→‿๑) 実は、ハル、いっつもみんなに「ハルちゃんはいつも自分の思い通りになっていって実現していけるからいいなぁ。」って言われるけれど、ハルは今までの人生で、一度たりとも第一希望!!に受かったりしたことがないのです~!!

毎回第二希望以下(^-^;)中学校受験も、大学受験も。その他なりたい係とか細かいこと言い出したらきりがないけれど

でもでも、それもね、きっと必然でね。だからそれをなんとかちゃんと受け入れてそれがその与えられたフィールドで、精一杯やってきた。そしたら、ちゃんとそこでよかったんだって思えるようになっていた。というかそうしてきた。どういう風にだって自分しだいで変えられるのだ(´∀`ฺ)

そしてまた今回もこんな結果に終わりましたがうん、まぁ、よかよか。ハルハル作品よ、よぉく頑張った、と褒めてあげたい。

ハルは今はとっても楽しい本の企画が盛りだくさんなので、この作品は大事にとっておいてもっと温めていいものにしておこう(๑→‿๑)

とりあえず世の中で評価してもらうことができたことは、また次のハルの何かにつながるだろう。それがまたひとつ出来てよかったぁ(´∀`ฺ)

|

« お子様ランチ♪ | トップページ | ハルも木から... »

コメント

ハルちゃん こんにちわ
そうだよね~^^
1番じゃなくても、自分に与えられたフィールドで
自分なりに思い切りそこで頑張れば良いんだよね^^
ウチの長女がそれだから! でも受かった高校で
すごく自分なりの事が出来たから、次へのステップになったしね。
ハルちゃんは本当に今年は色々頑張った年だったんだね^^ 出版社推薦賞おめでとう♪

投稿: マヤmama | 2006年12月10日 (日) 14時07分

マヤmamaさんへ

最近忙しすぎてなかなかブログのお返事できなくってすみません~(>_<)

でも、マヤmamaさんのは毎日見にいってまぁす!!

学校からとか(ノ∀`♥)

そうなんですよね!!あのスヌーピーの作者さんだって、何度も何度もディズニー社に応募して頭下げたのに、こんな絵は売れるわけがないといわれてけちょんけちょんに言われてたんだそうです。でも...

今じゃ、ものすごい人気モノじゃあないですか、スヌーピーは(✿ฺ´∀`✿ฺ)

そんなものなんですよね..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

ようは自分を信じるということ、そしてあきらめないということ!!ですよね..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

投稿: ハル | 2006年12月17日 (日) 11時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/4465877

この記事へのトラックバック一覧です: 表彰状?!:

« お子様ランチ♪ | トップページ | ハルも木から... »