« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月31日 (日)

なぁんだ!みんな...(*≧∇≦*)☆彡

カメの産卵の様子って見たことがありますか。ハルは小さい頃は四国は徳島に住んでいて、おうちのすぐ前に海が広がっているという環境だったため何度か遭遇しました。

そうでなくてもよくテレビなどで、その様子は流れますね♪とにかくたくさんの卵を産むカメ。でも、あのたくさんの卵がいっせいにかえってそして砂浜をよちよち歩いて海に入れば

そこには大勢の敵がいて結局あのうちで最後まで生き残って大きくなっていくものは1、2匹と言われています。

昨日深夜のテレビで生命の誕生について精子と卵子が受精する仕組みをビジュアル化してあってとてもわかりやすく説明しているものを見ました。

ずぅっと生物と化学をここまで学んできたし塾でも理科を教えることが多いハルにとってその事実はちゃんと理解しているはずではあったのですが実際またそういったビジュアル的でわかりやすいものを目の前にして改めて実感したことが!!

それはここに生きているわたしたち一人ひとりがほんっっとうにものすごぉおい確率で生まれているということ。

まず、精子は一回に3億個射精されるけれど、実は女性のからだには精子は「異物」として認知されてしまうらしく、異物が侵入してきた際にそれを排除してしまおうとする「酸」が分泌され女性の膣から入ってそこに待ち構える第一関門の強烈な「酸」によって3億→30万に減少するのだそうです。

そこを勝ち抜いて先へと突き進んでいく中でもやはり精子は「異物」であるために次々に死滅していきます。そしてラストの子宮内まで到達してもその中でぶつかったりしてさらにどんどん死滅します。

こうして超難関を乗り越えた精子はたったひとつだけになりそれが卵子にまで到達するのです。つまりは超エリート精子だけが生き残り、それが受精して生まれてきたのがわたしたち一人ひとりなのです。

しかも実は受精する時期は一ヶ月のうちのたった1日だけでたまたまその日に営みがあったためにここにいるみなさんは今こうして生きているのです..+’(∀◕ฺ)..+*この日、1日だけは女性の体内の「酸」が「アルカリ」になって迎え入れる準備をしているのだそうです。

そんな日があらかじめわかっているわけではなく、その日めがけてと言う人はいないわけだからこれはやっぱりものすごい確率で勝ち抜いてきたんだなぁ!!ってそう思いますよね。

そう考えたらなぁんだぁああ!!みぃんなみんなここに生きている人たちって..

勝ち組なんじゃないかぁあ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ しかも、超~~勝ち組!!

みんな「おれはもうだめだぁ!!」とか「負け犬だから」と言う風にいうけれど

実際は、みんな超強運で生まれてきたすっごぉおおい人たちばかり何だぁ!!だからやっぱり生きなくちゃいけないんだよね。他の途中で死滅していった精子たちに申し訳ないもの~(^-^;)

ものすごぉい競争に打ち勝ってきたわたしたち。それで生まれてきたらまぁたまた競争の連続で

ってそう思うと大変な世の中じゃのぉ!!とも思うけれど

うん!!そうそう!!忘れちゃいけないのは、わたしたちは一度は超勝ち組!!どんなに少ない人でもこの世に生まれてきたって事実がもう勝ち組なのだから何も自分のことを卑下する必要はなくって。ちゃあんと堂々と胸張って生きていけるんだよぉってことですね(*≧∇≦*)☆彡

年末。とても大切なことをハルは再確認できたような気がします。

さてさてそんなわけで今年最後のハルちゃん先生やってきまぁあす!!お教室は休校日なのですが()

ではみなさんよいお年を!!今年一年どうもありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いいたしまぁす゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

ハルこと春野真理より(´∀`ฺ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月30日 (土)

THE・ハルハルスペシャル(*≧∇≦*)☆彡

塾の冬期講習の本年度は今年で終了で、次回は明けて3日から。しかぁし!!なぜかハルは31日大晦日の明日、そして明けてすぐの1日元旦も教えに行くことに(^-^;)

大晦日に至っては本当にハルと室長だけらしいのでまさにこれぞ…THE・ハルハルスペシャルだ(*≧∇≦*)☆彡 なんてちょっとかっこいいけれど実際は最初はう~ん、こりゃちょっとなぁって思ってしまっていた。

でもそうなのだ。ハルちゃん先生じゃなくちゃいやだぁ!!と言って慕ってくれる生徒だからこそ、自分が遊びたいから、自分がこうしたいから、をちょっと抑えてみようって思い直した。

この前編集長やその他さまざま人たちに「ハルちゃん、指名料金いただかなくちゃだね!!」なぁんて言われ、「あはははぁ!!もぉ、ほんとにそのとおりですよぉお。」なんて言ってしまったけれど、もうハルはお金なんて域は実際はとっくに越えていて(^-^;)お金なんて考えていたら生身の人間を相手にするこの塾講師はやっていけない。時間外労働の連続だし。

でも、それでも続けてこれたのはやっぱり自分を楽しみに待ってくれていて、授業後にわかったぁ!!ってにこにこしながら見せてくれるその笑顔がそこにはいつもあったから。

この一年でハル自身もいっぱいいっぱい変化した。それは今年最初の頃のほうは大学院に進んだことを後悔したり、へこんだりすることの連続だった。知らず知らずのうちにマイナス思考にいってしまっていた気もする。

でも、少しずつそうではなくプラスにプラスに!!って持っていけるようになってきた。これはどうしてだろう?そう考えたとき、もちろんいろんな要素が合わさってではあるだろうけれど、その中の大きなウエイトを占める一つ。それが実際に口に出して毎日言っていたことだろうと思う。

塾の子供たちや周りのお友達に<マイナスはすべてプラスに変えられるんだぁあ!!>ってそれを常に口に出して言ってきたからではないだろうか。

そしていつも言っているけれども、それによってハル自身にも言い聞かせていたのだろう。

そして、前はつらいとなんとかしてそこから脱出しようとしてその脱出自体の方法を必死に探って知恵働かせていたのに、最近ではそうではなくてそこから抜け出すためにはどうしたらいいのか、どのようにしたらいい方向に持っていけるか、の方法を考えるように変わってきた。

これはとても大きな変化だった。逃げるのではなく、どうしたらいいのかを考えられるようになればこれから先どんな困難にぶつかったとしてもその解決の糸口を自分で見つけ出せるような気がした。

いつもはなかなか自分を褒められないし、好きになれないけれど年末の今日くらいは、ちょっと頑張ったね!!えらいぞぉ!!って自分を褒めてあげようと思う(๑→‿๑)

お利口さん、ハルハル!!よく頑張ったね()

さぁて!!今日もそして明日もあさっても~!!THE・ハルハルスペシャルいっちゃいまっしょぉおい゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月29日 (金)

Thanks!...Izm*M ..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

1_4 Photo_182 昨日は少し複雑な気持ちだった。半年間。でもその半年間には濃厚なありとあらゆる事柄がひとつひとつハルの心のなかに刻みこまれている。

それはこれから後きっと、いや必ず消えることなくそのまま刻みこまれ、そして何かハルが行うたびにその糧となっていくでしょう。

塾講師仲間。最初は単にそれだけだったかもしれない。でもやっぱり最初からなんとなく親しみをおぼえた彼女。

すぐにハルの全国出版になったばかりの本を買って読んでくれたこと。そしてまだアドレス交換なんかもまったくしてないうちに自分のブログにそのことを書いて紹介してくれたこと。

随分後になって親しくなってから知り、ハル、びっくりしたけど涙出るほどうれしかったよ~(ิܫิ)

美人で頭の回転が早くて。でもね、ハルすぐにきづいたな。ハルとすこぉし似ているなってことに。一件強くてなんでもバリバリこなします!に見えるけどほんとはとっても繊細で涙があふれて止まらなかったりするんだもんね。

でもつらいとき苦しいとき素直に泣きながら電話してきてくれたこと、ハルはとてもうれしかったよ。何もしてあげられなかっただろうけどそこで素直になれるあなたはきたないよどんだ世界から必死でいま抜け出そうとしているんだなってそう思えた。弱い自分に負けまいと必死でもがいているんだなってそう思えた。

だからね、うん!!あなたはこの先もっともっと輝いていけるよ!!ってそう思ったよ..+’(∀◕ฺ)..+*

ハルのうちに遊びに来てくれてがっつりハルハルお料理食べた後にさらにお菓子を楽しそうにほおばったあなた。塾で見せるキリリとした表情とは全く違ったあなたがそこにはいたね(ノ∀`)

お茶をこぼしたとき、ハルが「あ~!!もしかしたら二杯目いれたほうがもっとおいしいかもしれないよってことで、それでこの一杯目がこぼれることになってたのかもしれないねぇ!!」なんてとさに言った時それを大笑いしながら「ハルちゃんいいわぁ!!その考え方、いいわぁ(´∀`ฺ)」って言ってくれたこと。

なんだかいろんなことを昨日、塾が終わってからバスの中で思い出してしまっていたよ。

いやぁ~、なんか昨日でお別れみたいだなぁ(^-^;)お別れじゃないのに!!

でも毎日のように当たり前に塾で会ってた頃のようにはいかなくなるね。あなたはハルよりも一足先に社会人へとなって行くから

だから塾講師の仲間としては昨日でお別れ。でもわくわく共同体♪としてのハルとの関係は一生ものだよね゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

いつだってまた話せるし、会えるよね!!だからハル、あえてしんみりするのはやめます。そして新しい世界へ旅立つあなたへ

目指そうね!!一緒に..+’(∀◕ฺ)..+* 夢!!それをずぅっと追いかけて!!

あなたに出会えて本当に本当によかった!!ありがとうそしてこれからもどうぞよろしくね!!大好きな大好きないずみちゃん(*≧∇≦*)☆彡

200612.29 わくわく共同体ハルこと春野真理♡→ܫ←♡♪

写真→塾が終わってかばんを開けたら...あ!!いずみちゃんからのお手紙が...

「がんばっているあなたを見て何度勇気づけられたことか...」...涙が止まりませんでした(๑→‿ฺ←๑)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月28日 (木)

今年最後の...

Photo_181 おとといは塾からずいぶん遅く帰ってきてへとへとでしたが次の日、つまり昨日のことを考えるとわくわくしてしまってそんな疲れなんていっきにふっとぶほどでした。

それもそのはず!!昨日はそうなんです!!今年最後のあの編集長との打ち合わせ?!というかお会いする日でしたぁ(´∀`ฺ)

前から編集長が浅草を1日かけて遊ぶというのを企画してくださっていたのです!!ハルはここ数日ずぅっと塾の講習で、そして昨日以外はまた年末ずぅっと塾です。でも昨日だけは唯一違って。さらに一緒に1日編集長と色々お話できる時間を持てるのだからハルはそれはそれはうれしくてしかたありませんでしたぁ..+’(∀◕ฺ)..+*

なのにハル相当お疲れだったみたいであっちゃぁあ!!浅草に10分以上遅れて到着してしまいましたぁ(^-^;)編集長に申し訳なかったです。ごめんなさぁい。どんなに疲れていても必ず時間にだけは忠実なはずだったのに。いけませんね。ちょっと甘えすぎてますね。親しい仲、大変お世話になっている人にこそこういうことにはちゃんとしなくちゃって改めて反省しましたぁ(_)

しかも駅に着いたは着いたで右も左もわからないハル(>_<)え~ん!!でもしかたない。とにかく誰かに道を聞かねば~!!で、前を見ると、おぉ!!男女のカップルがちょっと前を歩いているではありませんかぁ!!そこで、後ろから、すみませぇえん!!と大きな声で走って近寄ってみる。

あっっ!!とそう思ったときにはもう遅く二人はこちらを振り向きにっこり。お二人さんは

鼻のたかぁい、ほりのふかぁいガイジンさんでしたぁ()さ、さすがにこりゃ、おかしな光景だなぁ。日本人のハルがガイジンさん二人に「浅草寺ってどっちいけばいいんですか?」って聞くんですよ(^-^;)いや、待てよ意外とこのへんにすごぉく詳しいかもしれない!!よし!!といちkばちかで、ハル、聞いちゃいましたぁ!!もちろんそこは英語で、ですが(๑→‿๑)

すると「あぁ!!あそこね。あそこだよぉ!!」ってヽ(・ω・*) し、しかも日本語で流暢に教えてくれるではあ~りませんか。

「いやぁ。お恥ずかしいですよぉ。日本のことだけど全然わかってないですね。ほんと助かりましたぁ!!どうもありがとうです!!」って言ったら

「いやいやそんなものですよぉ。意外と観光者のほうがよく知っているものだったりするのです!!」なんて言ってくださって。いやぁ、またまた貴重な体験をしてしまいましたぁ♡→ܫ←♡♪あははははぁ!!

そしてようやくいつもどんなときでもにこにこしている編集長に出迎えられ、なんだかここ数日の疲れがふぅっと一瞬にしてどこかへ消えて行くのを感じました。おそるべし!!編集長~(´∀`ฺ)

浅草寺では来年の本の出版がうまくいきますように!!のお願いしてきましたぁ!!目指せ!!ヒットぉお(´∀`ฺ)

浅草はほとんど来た事がなくて。だから見るもの全てに興味しんしん♪ぽかぽかあたたかいお外をのんびり歩きながら日本らしさをからだいっぱいに感じてうきうきしっぱなしで、それを抑えるのに精一杯でしたぁ。

編集長のお話はお仕事のことだけでなく歴史上の人物だったり京都のお話だったりグアムに行ったときのお話だったりありとあらゆることで。それらひとつひとつに思わず聞き入ってしまうほど面白かったぁ。

帰り際、「忙しすぎることはいいことだけれどこういったゆったりの時間も大切なんだよ。」と編集長。そうだなぁやっぱりこういう時間はなかなかとれないし、こういう時間ばかりでも顔にしまりがなくなってしまいそうな気もしますが、たまには必ず必要な時間だよね、とハルもそう思いました。

今年映画監督であるトムさんから紹介していただいたこのすてきな編集長との出会い。それはハルにとってとてもすてきなタカラモノです。

最初は本のことだけかと思っていたけれどそうではなく、ハルにないもの、ハルの知らないこと、そういったことをひとつひとつ教えてくださって、わくわくをいっぱいいっぱい提供してくださって、そしてそれだけではなく、一緒に共有してくださるそんなすてきな人。

そして今年はそんなすてきなタカラモノさんにいっぱいいっぱいめぐりあえました。みなさん一人ひとりがそうです(ノ∀`) 本当に年の瀬。でもあとまだ数日ちゃあんと残っています。その11日を大切に!!そしてその日々を訪れようとしている新たな年へとつなげていけるようにすごしていかなくてはと思います♪

ってなわけで今日もお日様が照ってまいりましたぁあ!!いってきまぁすっっ♡→ܫ←♡♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

間違えることは...

<これは12月27日の昨日の日記をアップし忘れたものです(^-^;>

最近冬期講習中で、朝から晩まで塾にいることが多いのでどうしても塾の子供たちのことが多くなってしまいますが、やっぱりよく思ってしまうことがひとつ。

「はい、じゃあこれ解いてごらん。」って言うと問題を解き出す。けれど、ものの数秒かそこらしかたたないうちに

「ハルちゃん先生、これってこれでいいの??間違ってますかぁ??」って聞く(^-^;)

ハルはそう簡単にはうん!!と首を縦にしたりはしない。

「う~ん。どうかなぁ。そんなにすぐに聞かない!!まずは自分でちょっとでも考えてごらん。」そう言ってあえて突き放す。すると、子供たちは、そういう風に言われることに慣れていないらしく、先生がそんな曖昧な返事するということはきっと自分の出しているこたえは間違っているに違いない!!そう思い込んでしまって、もうそこから先はいっこうに手が進まない、なんてことも多々ある。

だからハルはこんなことを話す。

「どうした??手が進んでないみたいだけど。あのねハルちゃん先生、何も間違っている

とは言ってないよぉ。合っているかもしれないんだよぉ。ただね、すぐに人に答えを求めるのはあんまりいいことじゃないって思っているんだ。まずはちょっとでも自分で考えてみること。それから人に聞く前に、ちょっとでも見直しをしたりする習慣を身につける!!そういったことがそこからできるようになってほしいなって思うんだ。わかるかな?」

そう言うと、こくりとうなづく。だけど、どんなに少ししかまだ生きてきていないとしてももう小学生にもなればそこまでの数年間という年月、そういうことをずぅっと繰り返してきたのだからそれはからだに染み付いていてちょっとやそっと人に口で言われたからってそう簡単には変わることは難しいだろうということもちゃんとわかっている。

でもやっぱりそれは時間がかかっても納得してちゃんとわかって欲しい事柄だと思っている。だから何度でも繰り返し言おうと思う。たとえ、それでハルちゃん先生しつこいなぁって思われたとしても(^-^;)

幼稚園のとき、小学校受験の塾みたいなのが1日体験コースみたいなので幼稚園に来ていて、それにみんなが参加したときのこと。みんなはばりばりそういった塾に通っている組。ハル、ぜぇんぜんそんな世界知らずに野原を自由に駆け回って遊びまくってた子(๑→‿๑)

で、そこで、こんな質問がみんなに投げかけられた。

「みんなぁ。くじらさんは魚のなかまですかぁ?それとも哺乳類のなかまですかぁ?」

えっっ??ほ、にゅうるいぃ??ってなにぃ??その当時まだ4歳のハルにはまったくわけがわからなかった。でもきっとくじらさんはお魚のかたちしているからお魚でしょ?だって!!そうだよね!!そう心の中で結論を下した。

そして「ハイ、じゃあ、自分の思うほうに手を上げてください。」

「お魚だと思う人~!!」

「はぁい!!」と元気よく手をあげるハル。他にも数人あがっていたのに、周りをきょろきょろしながらほとんどが手をあげていないことをみてすぐにみんな手を下げてしまった。気づいたら大勢の子供たちとお母さん方がいるなかでハル一人が手をあげていたのだった(^-^;)

でもハルは決して恥ずかしいと思わなかった。自分がそう思ったからそれでいいんだし、堂々としていればいいんだってそう思ったのだ。だからゼッタイ一人でも手は下げなかった。別にそのときは意地とかそういったものではなく、ただ純粋にそう思ったからそうしたのだ。

みんなにくすくす笑われた。

「ハルちゃん、それはちがうよぉ!!哺乳類だよぉ!!あはは!!」そういわれた。

えぇ??そうなんだぁ。その瞬間かぁあっと顔が熱くなってちょっと恥ずかしいなとは思ったけれど、そっかぁ。じゃあ、いったい哺乳類とやらはなにものなんじゃろ??そういう疑問でいっぱいになった。

「じゃあさ、哺乳類ってどういうもののことをいうの?」そうまわりのこに質問してみる。」

すると「そんなのよくしらないけれど、とにかくくじらは哺乳類って習ったもん。」とそういうのだ。

なんだぁ!!みんなあたかも知っているってかんじで哺乳類、哺乳類!!って言ってたけれどさ、本当はその意味はしらないんだぁ!!そんなんだったらそれは知ってるって言えないよぉ。ってハルはそういう風に思った。それでおうちに帰ってきてその日知ったばかりの哺乳類ってことばを国語の辞典で調べた。

そして自分なりにことばをまとめるとこうなった。背骨をもっている動物はどうやらセキツイ動物って言うらしい。そしてその中でも魚類、両性類、ハチュウ類、鳥類、哺乳類に分けられるけど、そのうちで、肺呼吸をして、それから子が親にそっくりのかたちで生まれてくるものの事を哺乳類ってい言うんだ!!ってことを知った。

ハルは今でも、この日のことを鮮明に覚えている。ちょびっと悔しかったし恥ずかしいなって言う思いがなかったわけじゃない。けれど、知らないときは知らない!!で、素直でいいと思う。でも、そこで新しく知ったら、今度はそれで終わらせずに、それについていったいそれが何なのか、ちゃんと自分で、調べてわかるようにすればいいってこと。

ハルはずぅっとそれを繰り返してきた。結果的にそのほうが後で印象に残るしちゃんと納得してその事柄に対してその意味までちゃんと知ることができるのだから。

それを塾の子供たちによく話す。みんなはびっくりする。そんなハルちゃん先生のような度胸はない!!っていう。

うん、たしかにハルのは度胸がいるかもしれない。でもちょっと人に答えを聞く前に自分で考えたり見直したりすることは誰にもできることだよね、とそこでもう一度言う。するとたいていの子はそうだねぇ!!ってもっと納得してくれる。ハルはそれで言いとおもう。

間違えることは悪いことじゃない!!自分で考えること、それを知ってほしいな(´∀`ฺ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月26日 (火)

時の流れの図♪

時の流れの図♪

ハルは塾で高校生の英語の「時制」の授業ではよく「時の流れの図」と言うハル流な図を描く。

これは、特にみんなが間違って捕らえてしまっている時の流れのイメージを変えて正しい方向へすんありと導いてくれる(´∀`ฺ)

まず、左から過去、すこし間隔をあけて現在、そしてまた間隔をあけて未来、とみっつ書いてそれぞれのしたにたて線をざぁっと引く。これで完成したようなものだ。

えっっ??これがなに??とお思いになるでしょう。実はこれの棒と適当にとった間隔を用いてそこに目玉を入れていくのだ。

みなさんにも質問してみましょう。「現在形が通用する範囲はこの時の流れの図のうちでどこにあたりますか。生徒には書き込ませます。

すると生徒たちは、「ハルちゃん先生はバカにしてるんだろうか。」というような不思議そうな顔をしながら当然ここでしょ!!といった感じで、現在と書かれた棒の上の一点のみを示す。

そしてハルはきまってこういうのです。

「ふふふ!!本当にそれだけかな??もちろんそこもあっているけれど本当に「一点」だけなのかなぁ??」

そう言うと、もっと不思議そうな顔をして段々困惑の表情を浮かべるようになる。いちおうそこまで考えさせておいた上で、

「わたしは毎朝6時に散歩にでかけます。」っていう文章はどう??これってやっぱり現在形だよね。でも現在の一点だけだと毎日の「習慣」にはならないよね??

そういいながら時の流れの図の過去と現在の間にとった間隔の途中から現在と未来の間にとった間隔の途中までを使って楕円形でまぁるく囲んで

「はい!!ここすべてが現在形の通用する範囲!!つまり現在形は「一点」じゃなくって「現在の周辺」すべてを現すから点では現せなくて、線や楕円形を用いないと書き込めないんだよ。」そういうと

「そっかぁ!!なるほどぉ!!」とぱぁっと表情が明るくなる..+’(∀◕ฺ)..+*

ちなみに、おわかりのかたもいらっしゃると思いますが、現在のただ一点を現すのはいわゆる中学生のときにならった「現在進行形」ですねぇ♪「今、○○しているところです。」のing形つかうあれです!

あと、みんながど~しても理解できないっていうのが「現在完了形」。実はこの時の流れの図さえあればなんてことないんです!!これは現在の上に一点を打って、そこから過去までびぃって横に線を延ばして行きます。これが範囲!!つまり現在完了形は「現在とつながりがあるもので、現在っていうところに目玉を描いてあげて<現在から過去を振り返る!!>っていうのがそのイメージなのです。

う~ん、実際にここにハルがその「時の流れの図」を描けないのでイメージしにくいかもしれませんがよかったら実際に自分で、描きながら考えてみてくださいね♪

で、なぜハル、こんなことを説明していたのかというと時の関連でちょっとふっと考えていたからでしょうね(^-^;)あまり時の流の図の説明するつまりはなくこれこそ予想guyでぇ~す!!ですが

最近、また疲れがたまってきて「あぁ、明日はあれやってこれやらないと」とあれこれ明日やあさってのことまで考えて疲れてしまっていることが多いのですがそこでふっと気づいたのです。

そうだぁ!!明日やあさってのこともだけれど、まずはこの目前にある現在やらあくてはいけないことの中でどうやっていかに自分が楽しんでこなせるか、をもっと考えよう!!まずはそれだ!!とそう思えた。未来をどんどん想像していくことはとてもいいことだけれど、それによって目前のことをおろそかにして見えなくなってしまったのではまったく意味がないのだから。

というわけで、まずは今日を楽しく過ごしていけるようにしようっと(→‿๑)

最近忙しすぎて塾の講習も今から行ったらきっと帰りは11時過ぎです(^-^;)だからお返事とかコメントとかおろそかになってしまってごめんなさぁい(>_<)でもでも、もうちょっとしたら落ち着くのでそうしたらたぁっぷりと、ね..+’(∀◕ฺ)..+* いってきまぁす!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月25日 (月)

クリスマスといえば...やっぱりこの事を思い出します(๑→‿ฺ←๑)

クリスマス。毎年、うちではサンタクロースがちゃんと来てくれるんだって父も母もそう言っていたからそうなんだってハルは信じていた。でも、学校じゃ、みんな「ばっかみたい!まだ信じてるの?そんなのいるわけないじゃない!!だまされてるよ!!」そうみんなに言われた。

そういわれると本当のところはどうなんだろうってちょっと疑り深くなてしまった。そこで小学校六年生の12月23日、急にそれまで「これがほしいなぁ。もらえたらいいなぁ。」てずぅっとそれまで言ってたヘッドホンステレオから「やっぱり電子手帳にしようっと。あれ高いけど大丈夫かなぁ。」って言ってみた。これで、父親に探りを入れてみたのだ。父親は急に慌てて「そんな急に変えられたらサンタさんもこまっちゃうんじゃないの?」そういう。「え?なんで父さんがあせってるの?やっぱりサンタさんっていないの?サンタさんに頼むんだから父さんには関係ないじゃない!!」って言い返した。

すると父は「そうだよね。サンタさんにお願いしているんだもんね。」とだけ言って出て行ってしまった。

そしてクリスマスの朝、ちゃんと電子手帳が玄関にはありました。今、さすがにサンタさんはいないと知り、父に当時のことを尋ねると

「あの時は大変だったよぉ。どたんばで欲しいもの変えられるなんて夢にも思わなかった。でもね、どうしても夢を失ってほしくなかった。だからそのためにはなんとかしなくちゃって思った。だから夜中、もうどこも閉まっているおもちゃ屋さんをかたっぱしから訪ねシャッターを開けてもらって手に入れたんだ。大変だったなぁ。」と話してくれた。ヘッドホンステレオももちろんもう購入してあったみたい。そこまでして夢を失わせたくなかったなんて。

いっぱい稼いでいただろうけれど普段はあまりモノを買ってはくれないし話さない父。店頭でどんなにハルがふたつのもので迷ったとしてもそれがどうしても明日学校で必要なものだった利するのではない限り容赦なく二択に決着をつけるよう求められた(^-^;)

だからこそ、こんなに高額なものを二つも同時に用意するのは父にしてみればちょっとした覚悟が必要だったかもしれない。

あの日、こんなドラマが裏で展開されていたことを知ってからは、熱い愛情を注いでくれていたんだなぁっていうことをしっかりと実感できました。ありがとう、父さん。

そしてそこまでしてでも夢を持ち続けることを大事にしてほしかったという父に感謝して夢をちゃんと持ち続けてキラキラし続けられる人でありたいですね(´∀`ฺ)

これは、やっぱり今日、クリスマスの朝になるといつも思い出すハルの中での一生の思い出のひとつです..+’(∀◕ฺ)..+*

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月24日 (日)

もっと...

「今何するのが楽しみ??」中学受験生の小6生の一人の女の子にハル、聞いてみました。ハルはいま塾では小学校2年生からうえは高校3年生までを教えています。

で、いまちょうど冬期講習がはじまったところですがなぁんかねぇハルも朝から全コマフルで働くと8時くらいから出て夜11時くらいまでになってしまうので、やはり最後のほうはへろへろしちゃいますがそれでも、こう、なんというかこやつらよりか、覇気があるよなぁ、なんて思っちゃうほどに疲れ果てている子供たち(^-^;)

「ん??何かおいしいもの食べたりするのとか??それだってすっごぉくしあわせなひとときだよねぇ(´∀`ฺ)」って言ってみた。そしたら

「ハルちゃん先生,,,あたしあんまり食べることすきじゃないの(>_<)」って言うのです~!!

ひょえぇ~ヽ(・ω・*) そ、そんな子いるのかぁいщ(゚Д゚щ)でもなんでまたぁ??って聞いてみる。するその理由がまたまたなんていうか、その~、ねぇ

「だってあごが疲れるしぃおはしとかフォークとかナイフとか持つの重いしぃ,,,。」って!!

あんたはいくつなんじゃぁああ!!おばあちゃんでもそんなこと言わんわぁ(^-^;)ってなほどに彼女から生命力というものをまぁったく感じられまへんでしたぁ(_)

う~ん!!なんかちょっと面白おかしくいってみたけれどやっぱりこりゃ、改めて重症ですなぁってそう思わずにはいられませんでした(>_<)

食べることくらいしか楽しみがない!!そういう人は多々耳にします。しますが彼女はそれさえも苦痛に感じているって言うんですよぉおお!!

そ、そんなぁヽ(・ω・*)

あごがだるいって!!お箸が重たいって!!そんなことあっちゃいかんですよねぇ(^-^;)しかも小学生のうちからぁ!!

あぁあ~!!もちろん彼女が試験本番に向かうまでは頑張って全力でサポートしたいですがでも本音を言えば、受験なんて早く終わってしまって、それでまた普通に時間とかに終われず、ちょっとのぉんびりぼぉっとしたりする時間ができて、こころにゆとりを持つことができたらきっとなにかたのしいなってそう思えることもできるだろうし、それにごはんもおいしいな、アレ食べたいな!!とかそういう風に思えるようになる気がするので、そうなって欲しいなってそればかり考えてしまいました(>_<)

今のままじゃあ、ちょっとこわいママさんに支配されていいなりになってうごく枯れ木のようなロボットさんそのものですからぁ(_)

ハルから彼女へ

もっと生きろ~!!強くたくましく!!せめて「あれ帰りに食べて帰りたいぞぉお!!」くらい吠える勢いとりもどせやぁ!!ってそういいたい!!

うん!!もちろんハルちゃん先生が楽しく、ちょっとでも塾の帰りにはにこにこしながら、そしておなかへったぁって思えるようなそんな授業(←ってどんな授業じゃぁあ())をするので、だからちょっとでも生命力取り戻していってよぉ!!気合いじゃぁあ!!ハルハルぱぁんちっっ☆=>=>=

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月23日 (土)

クッション(✿ฺ´∀`✿ฺ)

最近、とあるデパートの一角でクリスマスグッズフェアを行っていて、何気なく覗いたら

うわぁ!!ってハルのはぁとをわしづかみにしたもの!!それはまさに!!おっきなはぁと型のもここものクッションでしたぁ(´∀`ฺ)しかも真っ赤!!

ハルは普段は真っ赤なものはあまり持たないし自分でもそうだけど他人へのプレゼントにもめったにチョイスしません。

でもなぜかそのときは真っ赤に惹かれてしまったのだ。ピンクかホワイトもあったのに!!

何か情熱をその真っ赤から感じ取ってしまったのかもしれませんね(๑→‿๑)

直接的な意味ではクッションってなんかいいなって思う。人の睡眠に休息やすらぎを与えるお手伝いをしてくれるもの。

でも、間接的つまり「物体」としてのクッションではなくて、「言葉」「定義」としてのクッションにおいても途中に生まれた衝撃を吸収して回避してくれる役割を果たしますね。

物事にはすべてにおいてふたつの考え方があると思います。あるひとつの事柄に対して、主観的にと客観的に、また楽観的にと悲観的に、といった具合に。

それで、例えばう~ん、最近のハルだったらやっぱりまたおんなじようなことになってしまいますがこの前どうしても行きたかった企業の採用試験の不合格のことを書いたのですが。で、そのとき、不合格、という「刺激」を受けました。そのとき、ハルにはそれを受けるクッションというものを用意していなかったので、それでもろにその衝撃を受けてそく、へこんだり、もうだめだぁってマイナスに考えてしまいました。

でもそのときそこにクッションを自分で用意していたとしたらつまりその「刺激」と「反応」との間に「果たして本当にマイナスなのだろうか、これはもしかしたらもっと自分にあったところがあったからこの結果なんじゃないのだろうか」とそういうふうに考えるという「主体性という名のクッション」をおくことができたらそうはすぐに反応的にならずにすんだんだなぁって思いました。

って、ハルが急にそのクッションを見つけたからってまさかここまで思いついたりしたらちょっと気持ち悪いですよね(^-^;)ふふふ♪

実は、これはですね、昨日、塾で教えて、面接を受けてきた後にさらに時間を作って参加してきたベンチャーリンクという企業の「自己価値革新セミナー」というところで自分が学んできたことを自分なりに咀嚼してわかったことなんです..+’(∀◕ฺ)..+*

あの世界中で2000万部も売り上げている「七つの習慣」という本!!その「第一の習慣」にあてはまることなんですけれど,,,(あ!別にハルはこれの信者でもなんでもないし、他者におしつけるとかそういうことはまったないですよぉ(´∀`ฺ))

世の中の事項には、例えばお天気だとか自分の年齢だとかもうその場で考えたって悩んだって変えることが出来ない「関心的事項」とその逆に自分を変えようとすること、みだしなみをきちんとするだとか、セミナーに参加してみるだとか、新聞を読んでみるだとかそういった「影響的事項」とに分かれているのだそうです。つまり後者は自分の「選択」が可能ってことなんですよね!!

すべてのことに対してすぐに反応してしまうのではなくってこのクッションをおいてちょっとでも考えてみるということで選択のしかたやものの見方を変えることができてそれがアクションをも変えていけるんだということがわかってちょっとうれしかったですよぉ♪

実際に本で読んでいて納得していたと思ったことでも他人から説明を受けたりはじめて出会った同じセミナーに出席したお仲間さんたちとディスカッションすることで、さらに理解が深まったり、また新たに知ったことがいっぱいでしたぁ♪

ハルにとって自己価値の...「革新」ってほどすごい大きな変化がいきなり!!ってほどではなかったかもしれないけれど何かしら少なからずハルの中の何かがいい方向に動いて変わっていっているなっていうことだけは確かだなって思えたから。それでよかったなぁって思います!!

外部から入ってくる刺激を常に受けているのはみんな同じ!!だけどそこにワンクッション自分で置けるかどうか、がやっぱりポイントですなぁ(´∀`ฺ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

まさに「そのとき」が大切!!

「じゅうりょく」を漢字で書いて見てください!!

そうです!!「重力」ですよね。活字ではこれで全くモーマンタイ!!なんです。ですが

手書きだとどうもうまくいきません(^-^;)

先日の塾の中学校受験の理科の授業。この「重力」をホワイトボードに書いたところまぁ、ハルもそう見えなくもないなぁってうっすら気づいてはいたのですが

どうもこの「重力」を手書きで書くと「動」に見えちゃうんですよねぇヽ(・ω・*)

「ハルちゃん先生なんか、さぁ、それ動くって言う字に見えちゃうね!!あははははぁ!!」

と急に言い出したかと思うと笑いが止まらない、止まらない。

いやぁ~一月入ってすぐにもう受験の怒涛の嵐となる受験組のトップバッターがこの小学六年生。すなわち中学校受験組さんたち。もうここにきて日々、朝から晩まで勉強漬けでストレスはたまりたい放題で。だからほんのちょっとしたことでもそこに楽しみをみつけるともうびっくりするほどに飯能したりする。これはいいんだか、悪いんだか(^-^;)でも笑うことを忘れてしまうようではもっと重症だからハルは軽症だなっ!!なんて小学生たちにはジョークで言っているのですが,,,

何度書き直してもやぁっぱりだめ!!しまいにはどんどん「動」に見えてきちゃって!!

「よぉし!!んじゃもうじゅうりょくってひらがなで書いておくから、ね。」そう言い放つと

「ハルちゃん先生でもさ、本番は漢字じゃなくちゃだよぉ!!」

「え?うん。そうだよ。もちろんだよ。漢字で書いてよぉ。」って言うと

「じゃあやっぱり漢字で書かなくちゃ。だってハルちゃん先生、前に僕が「二酸化炭素」って漢字で書くの大変だからってひらがなで書いちゃえ~!!って言ったとき「そんなことしてたら普段の癖ってこわいから本番でも無意識のうちに出ちゃってそのまんまいつもやってたとおりひらがなで書いてしまうものなんだよ。だからやめようね。」ってそう言ってたよ。」

「そ、そうだったねぇ。うん、そのとおり!!それ正しいよぉ。」と言いつつう~ん、揚げ足取ってるなぁって思いながらも、ちょっとそこはぐぐっと我慢、我慢!!で

う~ん!!とちょっとだけ考えた末、あることをひらめきましたぁ..+’(∀◕ฺ)..+*

「重  力」と書いたのです。つまり重と言う字を書いた後、かなり引き離して続いて力の字を、と言う風に書いてみたのです。

「これならばいいでしょう!!文句なぁし!!ね!!」

「うんそうだなぁ。まぁ、しかたないよねぇ。」まぁったく~!!仕方ないじゃないよぉ!!そんなこと言ってる暇あったら何題も先進めたのにさぁ!!って思ったけれどううん。でもそうじゃあないんです。こう言ったところで、ちゃんと生徒の話に耳を傾けること。これも大切なのです。もちろんそればっかりに行ってしまっては意味がないしだめになってしまうけれども少しは耳を傾けることがコミュニケーションを図り信頼関係を築く上ではやっぱり重要な役割を果たしているのです。

それに生徒だってお勉強しにきているっていうことはやっぱり頭の片隅にしっかり持っているので、少しこちらがそういう風に耳を傾ければそんなに執拗に何度も何度もそういったことを言わなくなるものなのです。だからこそそういう風に言ってきた、まさに「そのとき」の対処法がとっても大事なんだよねぇってハルは思うのです。

現に、彼はもうそれで大満足したらしくあとはこの「重力」の物理の問題をすらすら解き帰っていきましたぁ!!

帰り際、ハルはこんなことを考えていました。う~ん。これは「1こ」という時でも同じようにはまってしまうかもしれないな(^-^;)つまり「1こ」がひらがな一文字「に」に見えてしまうのでは?とうこと、実際書いてみたけれどやぁっぱりそう見えますね(^-^;)

おとなにとっても「そんなのどうでもいいじゃないかぁ!!」って思うような単純なこと。でもそういったことに驚くほど反応し、そこに楽しみや喜びを見つけることが出来る感性を持つ子供たち。

もちろんそれはとっても大切にしたい。けれど、塾、という場所での対応としてそこをどうやってうまくバランスをとっていくかが大切!!

この上手なバランスはやっぱり理論よりも実践で!!これが一番の解決策!!

と、言うわけでいよいよ今日から怒涛の冬期講習10数時間耐久指導の日々が始まりますがその合間に出版のお仕事や、就職活動ももちろんやってがんばりまっする!!

とにかく時間の使い方が上手になりそうですね(^-^;)それもこんなに忙しくなければ学べないこと!!そう思えば、今日も明日も未来はキラキラ!!明るいぞ~゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

まさに「そのとき

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月21日 (木)

ふむふむ...

今まで、ハルはセミナーとかそういった会に出席するチャンスは多々あって、誘っていただいたり、そういう情報がたくさん入ってくる環境にいつもあった。

だけど、なんとなぁく気が乗らないことが多く、そういうときにでもいざ行ってみたらそれはそれで、ハルのことだからいっぱい学んで楽しかったぁ!!行ってよかったぁ!!なんて言いながらニコニコで帰ってくるのだろうな、なんて思うけれど、そういう風にあんまり気が乗らないときよりかは、自分がよし!!行ってみよう!!って思ったときのほうが行く前からわくわくしちゃうし、やっぱりいいなぁって思っていて(→‿๑)

で、最近は、就職活動も兼ねて、今までまったく見向きもしなかったセミナーなどに予定と予定の合間をなんとか縫って参加したりし始めた。

最初は企業のものでも自分が興味のあるだけ!!とか自分の中で視野を狭めてしまっていたけれど、だんだんとそうではなく、そういったいわゆる自分がやりたい本命企業、職種にプラスアルファで、幅広くフィールドを広げて企業研究してみるのも悪くないな、なんて考えが変わってきたのだ。

さらにハルはやっぱりそういうつもりはなかったけれど、知らず知らずのうちに、自分は誰にも負けない自分という個性を持っているからこれさえあればなんとか大丈夫だぁ!!っていう風にどこかで思っているところがあったようだ。

でも、就職活動の際に重要となってくるのは、for me の精神ではなく、for youの精神!!

ハルはいつも自己PRといわれれば、とにかく自分を全面に出して「あれをやってきました。これをやってきました。その経験と個性を最大限に発揮したいです!!」目をキラキラさせてそんな風に熱く語ってきたような気がする。

でも、企業側の求めるものは、それだけでは足りないというのだ。そう!!その個性、それを活かして、そのあとだ!!その個性を活かして企業に貢献したい!!このこころざしが望まれるというのだ。

ふむふむ。なぁるファロメオ、ジュリア~~!!とさすがに口には出さなかったのですが、そのお話を聞いていて心の中で久々叫んでしまったハルだったのでしたぁ(๑→‿๑)

さらには、ある有名な就職活動サイトの○○社長の講演の後実際に社長に質問をぶつけよう!!のコーナーで、一瞬ぼぉっとしていたら

「あ!!じゃあ、そこのあなたぁ!!質問いかがですか。」ハル、まだ、自分って気づいてない。

「え~っと、そこのあなた!!」はっっщ(゚Д゚щ)は、ハルかぁい!!

え~っとなんだろなぁでもこんなすごいチャンスなかなかないなぁ。よぉし!!で、何かようわかりませんでしたが、500人ちかく人が集まった会場で立って社長に質問する、なんていうチャンスも与えていただいた。

これで思ったのは、意外と自分の言いたいことを上手に表現することが出来ていないということ。コミュニケーション能力さえあれば何もいらんわぁ!!ってな安易な考えでここまで来たハルにとって衝撃的だった。

目上の方に対しての接し方、質問ひとつにしてもどういう風にお聞きすべきか、そういうことに関して無知に近いなぁって思った。

この経験は新鮮で、またとてもとてもお勉強になった。今までセミナーなんて!!っていうちょっとへんな固定観念によって避けていたりしていたけれど、これからはどんどん外からの知識を得られるだけ得たらいいだなぁって思えるようになった。

自分の目標は高く掲げつつ、ひとつのことで、こけたらもうどうにも太刀打ちできないわぁって右往左往しなくてはいけないようではなくて、さまざまな業界で、通用できるような人材になれるようでありたいなって手帳にメモをいっぱいしながら帰ってきたハルでしたぁ(´∀`ฺ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月20日 (水)

竹馬の友

先日、塾の小学生で中学校受験の国語を教えている際に、「次の言葉を用いて短文を作成しなさい。」という問題が出題されていた。その言葉のひとつに「竹馬の友」というのがあった。

「ちくばのともぉ??なんだ??全然こんな意味わからないよぉ!!」小学校五年生の彼女はそう言った。そうだろうなぁやっぱり格言やことわざのようなものは先人たちのつくった言葉でちょっと難しいからハルも小学生くらいのときは、その説明訳をみて納得していたもんなぁ、と思った。

そこで、すぐにハルがたぁっと口頭で説明しても良かったのだけど、せっかくのチャンスなので、辞書を使ってその意味調べてみることに!!

最近の小学生はインターネットをたくみに使用するので、きっとこううのだって一発で検索できてしまうだろう。けれど、やっぱり辞書の使い方にも慣れてほしかったので、一緒に教えながら調べた。

そしてようやく見つけたところで、その訳を読んでもらう。

「竹馬に乗って一緒に遊んだ頃の友達。幼友達。」うん、そうだねぇ。とハルは納得していたのだけれどあれれ??ちょっと様子がおかしい。彼女、首をかしげているのだ。

「ん?どうした?何か疑問に思うことあった?」と尋ねると、真剣な顔をして

「ハルちゃん先生あのぉた・け・う・まってなんですかぁ??」

そっかぁ。知らないんだ!!そりゃそうかぁ。ハルが小学生くらいの頃だってやってたけれど、大半の子供たちがもうスーパーファミコンに夢中だったもの。最近の平成生まれの小学生には全くと言っていいほどになじみのないものなのだろう。

「そうかぁ。竹馬知らないかぁ。あのね」そういうとハルはホワイトボードに絵を描いて竹馬とはどういうものなのか、どうやって遊ぶものなのか説明した。

そしてさらに「この辞書の説明もねぇ、昔は幼いころ、竹馬というものに乗ってよく遊んだ頃から、そういう風に言われた、って直して書かないと、理解できないもんねぇ。」と付け加えた。

いくら現代っ子で、知らなかったとはいえ、小学生はとっても繊細で妙にプライドが高かったりするのだ。だから自分がわからないかった!!恥ずかしい!!と思ってしまったらいけないなと思ったのだ。

小学校には竹馬は必ず置いてあって20分休みには必ずと言っていいほど、低学年の頃はよく遊んだなぁってちょっと懐かしく思うと同時に、こういう遊びもちゃんと語り継いで行かなくちゃいけないんじゃないのかなぁって思ってしまった。

転んだり、どろんこになって遊ぶことって大切だと思うから。

お洋服よごしたらママに怒られたからもう遊べない?お外は危ないし、寒いから遊べない?そんなんおかしいよぉ!!もっともっと元気にお外で遊ぼうよぉ!!そう思ってしまう。

きっとママやパパたちだってそうやって思いっきり遊んできたはずだもの!!

そして昨日、たまたまおばあちゃんからちょっとリッチなお菓子をいただいた。そこにかかっていた赤い紐をみて、ハルはなんだか急にあやとりがやりたくなってしまった。それで、結び目を作ってやってみた。

もう小学生の時以来だったように思うのにちゃんと覚えている。頭で、というよりかは手とかそういった感覚で!!びっくりするのと同時に、こういう遊びもやっぱり今の小学生にもぜひぜひやってほしいなぁって思ってしまった。今日、塾で休み時間にちょっと聞いてみようかな。意外と食いついてきてゲームなかよりも面白いね!!って言ってくれるような気がするもの(ノ∀`)

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年12月19日 (火)

方向音痴!!

どうしても克服できないもの。それが地図を読んで自分の行きたい目的地に一人で誰の手助けもなくちゃんと到着すること。

今までの人生でたった一度たりともない!!と言っても過言じゃない(^-^;)ハルのまわりのお友達はみぃんな上手に地図を読みこなしますねぇ。どうしてなんでしょう??

「あぁ!!ここを曲がって、それで次の交差点を右だね。これはもうあと5分もしないうちに到着するね。」とさらっと言いながら歩いていったりするのだヽ(・ω・*)

ハルはあの車のカーナビをみていてもちっともわからないし。それに、昔は、カーナビじゃなくって、車に乗ったら、助手席であの「マップル」っていう地図を見させられて「次どっち曲がるの?」とか唐突に聞かれても「えぇ??えっと」で、そのまんまひったくられて、

「あ~~、もう過ぎちゃったよぉ。まぁったくぅ!!」で大爆笑されてしまう。みんな怒るどころかあまりわからなさすぎるので、それを通り越して笑ってしまうのだそう(>_<)ほんとにまいりますよぉ!!

まだ遊びならいいにしても、受験のときや、就職活動のセミナーなど、時間切って行ってるときは本当にあせってしまう(^-^;)

幸いハルは、いつもかなり余裕を持って出発する。にも関わらず、到着がぎりぎりになってしまうことも多々(^-^;)一人で到着できず、人に聞いて聞いて聞きまくる()

こんなんだからこそ、自分が人に道を聞かれたときは、ちゃんと自分が知っている場所であれば、周りの人が「ハルちゃん、丁寧すぎだよぉ。」といいたくなるほどに丁寧に説明してしまったり

克服しようとしていないんだろうなって言うことに最近気づいた。だってまぁ言い訳っちゃ言い訳なのですが、そうやって迷いながらいろんな人たちと接することもまたいいことなんじゃないのかなぁなんて開き直っちゃってるのです()

方向音痴って何からきているんでしょうね。でも、最近うっすらとわかってきたり(^-^;)

もしかしたら、ですが空間把握処理能力、の問題なのかもしれません。ほら、よく、算数パズルや知能ゲームである、図形の展開図をみて頭の中で完成図を描いてそれで、どことどこがくっつくかなどをちゃんと正確にかつ俊敏に判断する能力。ハル、どうしても算数のこれがニガテヽ(・ω・*) これも関係しているのかな、なんて。

でも、そういうのは無理に克服するとなんだかイライラしちゃいそうで、つまらないから、だったら、道に迷ったときは、口を持っていて、人とコミュニケーションをとるということが可能な人間なんだもの。その特権をフルに活用したらいいじゃないのぉ!!ってハルはそう思うのです♪

ふふふ♪ようはそんなことでいちいち悩んでくよくよしてたってしゃあないじゃぁああん!!ってなわけなんですよね!!

ってことでですねぇ、え~なんで今日はこんなことをわざわざ書いているかと言いますと~またまた道に迷いそうな予感なのであります(^-^;)

セミナーがあって出かけるのですがう~ん、きっとまた都内の雑然とした街中で、ハルはうろうろすること間違いナッシングルト~!!ヨーグルト~()って言うわけで

はっっヽ(・ω・*) そんなこと言ってたらもう出かけないとじゃないのぉお!!行ってきマッシュルームε=ε=ε=( _)┘シュタシュタシュタ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月18日 (月)

もっと...胸張ったれやぁああ!!

あのさ

「はいぃ??ぜんっぜん聞こえないんだけどぉ!!電車の音でぇ!!もっとはっきり大きくしゃべって~!!」

「えう、うん。あ~の~ねぇ

いや、聞こえてはいた。ちゃんとね。でもねわざと(^-^;)まぁたいつものようになさけなぁい小さな小さな声で電話してきたからねぇ。だからね、わざと。もっとしゃっきっとせんかぁい!!男やろぉ!!っていう気持ちこめてね。それでわざとそんな風に電話の向こうの相手に言ったのだ。

「あのさぁえっと。」ふぅ。いっつもこうなのだ。彼とはひょんなことから知り合った。

ある日の路上でやりあって傷だらけになってしまってどうやらみぞおちにパンチを入れられてどうにもこうにも動けない様子だった彼。

そのときたまたま通りかかったハル。いつもだったら、ちょっと暴走族っぽい人たちには関わりたくないなって思ってすっとすばやく素通りしてしまっていただろうと思う。

でも、その日はなぜだかねハルは立ち止まってしまったのだ。それで彼を近くに病院まで連れて行った。彼はひどく興奮していたし、なんだか女に引っ張って病院連れて行かれるなんてかっこわりぃよぉ!!みたいなことを最初は言っていた。でも、ハルは、「そっかぁ!!んじゃいいや!!」って今度は冷たくぷいっと突き放してみた、すると

「お、おい、ちょっとちょっと待てよ。せっかくだから連れてけよ。」なぁんて言うのだ。

ははは。ハル、知ってるんだもんね。前に鑑別所上がりのお友達が一人いて色々聞いていたのでね。うん、彼らって本当はさびしがりやさん。一人がニガテで、だから集団でいることで寂しさをしのいでいるんだって教えてもらった。彼も本当はひどくさびしがりやなんだろうな。一瞬にしてそんな風に感じた。ハルはだまって左手を引っ張って病院まで連れてった。

たいしたこともなく、その後は喫茶店で、お茶をしながら色々お話をした。高校は途中で退学になってしまったらしかった。自分のことをどんどん話す。珍しくハルがぺらぺら話す余地を与えられないほどだった(^-^;)

それからも、たまぁにケータイに電話がかかってきて、色々な話を聞いた。ハルは特に○○をしてやってる!!なんてこれっぽっちも思っていない。でも、それでも話を聞いてあげるだけでも、彼にとって何かプラスになるのならばそれでいいってハルは思った。

そして昨日。駅のホームにいたらまたケータイが!!

そしてちょっと話したいことがあるというので、急いで引き返して待ち合わせの場所まで行った。

「オレさ本当はゾクで、そのまんまいればいいなって思ってた。だけどさおまえを見てて、なんかそれじゃなさけねぇなって思ってきたんだ。オレは中卒で、おまえは大学の先の大学院まで行ってるだろ」そこでうつむいてだまりこんでしまう。

「ん??そんなん関係ないよぉ!!はっきり言ってうん、確かにハル、大学院まで行ってるからこんなん言ってもあんまり説得力ないかもしれないけれどさ、大学でも大学院でも単に行って学歴だけで生きていけると思ったら大間違いな世の中だもん!!はっきりいって学歴なんてなんの役にもたたないんだよ。逆にテキトーに通ってたりなんかしたらさ、その学歴が邪魔になるときだってあるって思うよ。あの人はあれだけの学歴あってもあれっぽっちの仕事しか出来ないんだね!!なんてさ。ようはね自分しだい!!自分がしっかりして堂々としてたら世の中はちゃんと渡っていけるんだよ!!遅すぎることなんて何もないんだ!!やろう!!変わろう!!ってそう思ったときから誰だって前へ進めるんだから!!ほぉら、いっつもそんなに背筋丸めて自信なさそうに~!!もっとしゃんとしなよぉ!!もっとおっきく胸かったれやぁああ!!ほれ!!ぐいっと!!おなかにちからいれる~!!なんかのインストラクターみたいじゃん()

「よし!!実はオレオレさうん!!おまえのその一押しもらったから決心ついた!!オレ手に職で、寿司職人目指すことにした。修行する場所ももう挨拶してきた。住み込みで働かせてもらうんだ!!」彼の目は今までみたことないほどにキラキラしていた。

「そっか!!すごいじゃん!!なんか変わったじゃん!!もうハルなんかに言われるより先に前に進み始めてるじゃんよぉ。すごい、すごい!!そっかぁおいしいお寿司食べられる日が待ち遠しいねぇ!!」なんだかうれしくてしかたがなかった。

「それだけ今日はどうしてもいいたかったから。明日から働くんだ。だから今日どうしてもね。おまえにありがとうっていいたかったから。」

「なになに??ありがとう!!よしてよぉ!!なんもしてないじゃん!!でも超うれしいわぁ!!寒さがいっきに吹っ飛んだ!!これからきっついこといっぱい待ってるだろうけど、ゼッタイ負けるなぁ!!ハルも負けない。またたまには連絡とろうね!!応援してる。目指そうね!一緒にね。」

彼がまた泣きそうな顔

しているのがわかってハルはわざとしらんふりをしていつも以上におっきなこえを張り上げてそういった。

大丈夫!!もう前へ動き出したね!!また強力なライバルができちゃったなぁ!!ハルも負けないぞぉ!!よぉおおおし!!がんばって~いきまっしょぉい!!年末に向けてまたまたひとつ気合いはいりましたぁ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月17日 (日)

正念場でこそ...

昨日は、土曜日だから、塾でハルちゃん先生として働く時間が一週間のうちで最も長い日。

指導時間だけで10.5時間強なので、色々準備やらか通勤時間などを含めると、だいたい朝は8時から夜11時過ぎまでで、15時間もの時間、外に出て働いていることになるのだ(→‿๑) 

ハルは、もともと陸上の選手だったし、それにフルマラソン、また、ジュニアのトライアスロン大会出場にむけて、スポーツジムにあるようなあのバイクやらウォーキングマシーンやら腹筋マシーンやら、ダンベルやら、ありとあらゆるものを取り揃えているほどで、かなり体力には自信があった。

だから、そんな15時間やそっとの時間は楽勝、楽勝!!むしろ、こうやってハルを働かせていただけて、かつ、日々いろんなことを学ばせてくれるこんな場所を提供していただけていることに感謝せねば!!と思っているつもりだ(^-^;)

けれど、最近は色々なことをはじめたこともあって、どんなに基礎体力が備わってはいるといっても、やっぱり馬力が効かなくなってきてしまうことがある(>_<)

昨日、ちょっと昼休みの時間に、事務を頼まれてた。えぇ??休みの時間くらいは、休みたいなぁだって、ずぅっとそれ以外は教えている時間だしぃとちょっとあまりいい気分がしなかった。で、それならばそれで断ればいいのになんか頼まれると断れないハル(^-^;)それで引き受けてしまったのだ。

しかぁし!!かなりめんどくさく、O型、オーザッパなハルの性に合わない細かい作業であり

でも一生懸命やっていたつもりだったけれど、とてもぼろが出てしまっていたらしい。

ちゃっちゃとそれを終えて、外においしい空気を吸いに出てきてしまった。すると、すぐにけたたましくケータイが鳴る音が!!

なんとなぁく、その音がいつもより大きくて、お怒りモードな風に感じたのは気のせいではなかったヽ(・ω・*) なんと塾からだった。

「ちょっと、先生!!具合でも悪かったんですか。これはかなりミスしてるし、意味ないですよ。調子悪いときは無理に頼まないんですからちゃんと言ってくださいよ。」がちゃん!!

あちゃ~(_) やっちまったぁ~!!やれやれでもなんで休みの時間まで~!!こっちは疲れているんじゃ~!!とい言い返したい気持ちもいっぱいだった。

でもちょっと待てよ、と。そこで、大きく深呼吸をしてみる。ふぅ~!!そして大好きなローズヒップティをあっついうちにごくりと飲み干すとすぐに、塾に走って戻ってみる。そして

自分の非を認めた。いくら指導時間が長いからと言って、ちょっとだれて事務やってしまったということ。仕事だから頼まれたからにはきっちりこなさなくてはならないですよね、ということ。そういうことをすべて話して丁寧に頭を下げた。

ハルの性格的には耐えられないようなこと(^-^;)でもそれでも、ここでカチっとそういう自分の嫌なこともやっておくこともまた大切であるということをハルはこの塾にきて学んだ。

自分の言いたいこともはっきり言う。これはたぶんハルの中でずっと誰がなんと言おうとも変わらないだろう。けどそれにプラス!!ほんの少しでも自分に悪かった要素があったのならば、その非はきちんと認めて、それを反省し、謝るということ。これ、忘れないようにしよう!!そう思う。

そして、休み時間は、再度そのやり直し作業で、消えていった(-_-)さらに、指導すべてが終わった後は、受験生別のミーティングがあり、いつもよりもさらに遅くなりもう帰りはへとへとだった。

でも、それでも、やっぱりこういう疲れているときこそ、しっかりしないといけない。そのつらい正念場で、踏ん張れるかでまた変わってくるのだから。

でも今日、日曜日は待ちに待ったハルハルだれにだれる1日です(→‿๑)

ついさっきまで寝てましたぁ!!えへへへ(´∀`ฺ)そう!!やっぱり電気のようにスイッチオンとオフをしっかり区別していけるようになりたいな。

まだまだダメダメなハルだけどこうやって一つの反省からまた一つ学んでって、ゆっくりだけど、着実に、だなぁって思うのです゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月16日 (土)

えびのしっぽ♪

昨日のお昼過ぎにはハルのおなかの中には、三匹のえびくんと六尾のしっぽが泳いでいた(´∀`ฺ)

えぇ(゚Д゚?)どうして?三匹ならばしっぽだって三尾なんじゃないのぉ??ってそう思いませんか?

実は、ハル、しっぽが大好きなのだ。生のえびだったりしたら食べないけれど、特にえび天のしっぽ♪あれは、油でからっと揚げられていてカリカリしているからおいしいのだ。

いつだったかあれもお友達とお外でえび天重を食べたとき、そのお友達がしっぽまできれいにたいらげているのを見て、ハルはびぃっくりして

「えぇ??しっぽなんておいしいの?」そんなお友達を目前にして、ハルはそう聞かずにはいられなかったのだ。すると、そのお友達は、

「ハルちゃん、おいしいよぉ。わたし、たとえ意地悪されてえびの入ってない衣だけのえび天出されたとしてもこのしっぽさえあれば、ちょっと許しちゃうかもね!!」

だなんていうのだ(^-^;)

ふふふ(๑→‿๑) そこまで言うのならば、ということでハルもかぶりついてみる。

「あれれぇ??これさイケるねぇ..+’(∀◕ฺ)..+* おいしいじゃない!!ほぇ~、またまた大発見だわぁ!!すごいねぇ。」って、そう思わず言ってしまうほど、それはおいしかったのだ(ิܫิ)

それからというものえび天のえびのしっぽは毎回ちゃんと最後まで食べるようになった。やはり、世間一般のたいていの人たちはしっぽなど食べずに残してある。だから

ハルがおいしそうにしっぽを食べているのを見ると、

「えぇ??」ってあのときのハルと同じようなことをいい、怪訝そうな顔つきをする。

でもそこで、ハルと同じように、それを食べてみようか、と言う人にはまだめぐりあったこと残念んがらない。

そして、あまりにしあわせそうに食べているようにみえるのか、みんな

「ハルちゃん、じゃあ、これ。わたしのぶんのしっぽもあげるね。」そういってしっぽを入れてくれるのだ(๑→‿๑)

というわけで、昨日も三匹に六尾になってしまったのだ。

でもね本当はね、ぜひぜひみんなにも「あれ??意外とえびのしっぽっておいしいんだね!!」ってそういってもらいたくって。だって、意外な発見って楽しいと思うし、そのわくわく感を共有することがハルは大好きなのだから(´∀`ฺ)

食べず嫌い、だけじゃなく、すべてのことに共通して言えることだけれど、「○○はわたしには無理」とかそういう風に言うのは、たった一度でも実際にアクションを起こしてみたあとでいいじゃないかぁ!!って思う。

食べず嫌い、じゃなくって、とりあえず、一度は食べてみて、それでやっぱりニガテ(^-^;)これならばいいと思う。そうじゃないと、食べてみた後で、あれれ?って意見が180度回転しちゃうことになるかもしれないのだから(*≧∇≦*)☆彡

えびのしっぽは意外とイケる!!これはハルが食べず嫌い、からよぉし!!じゃあ、一度は挑戦してみよう!!から得たこと♪

まずは一度!!この気持ちは大切にしたいな(๑→‿๑) なんてえび天重を食べて大満足な晴天の昼下がりに歩きながらそんなことを考えていた昨日でしたぁ(´∀`ฺ)

             

        ebitenn.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年12月15日 (金)

ふっと...

11時過ぎ、おうちについて夕飯の仕度をする前にほんのちょっとのハルの好きな時間♪それは、ハーブティかワインレッドのきれいなハイビスカスティーを入れて、あっついのを飲みながら、PCをつけ、色々眺めること(→‿๑)

でも、1日中お外にいた日などは、さすがに目もかなり疲れているせいかすぐに目がかすんできてしまってPCもそんなに長い時間は見ていられない(^-^;)

それで、遠くを見つめてぼへぇっとしてみる。するとハルは必ずこんなことを考えてしまう。

そういえば今日、あの子元気なかったけれど、今頃何しているんだろうなぁ。○○先生は風邪ひどくてつらそうだったけれど、もうお薬飲んで寝たんだろうか。ハルおすすめのハーブティ教えてあげたっけ??とか色々とその日に会って話した人たちのことを一人ひとり思い浮かべて今、ハルがこうしている間はいったい何をしているだろうって考えてしまうのだ。

だってやっぱり不思議♪さっきまで、とにかく一緒に行動をともにしているときは同じ時間を共有しているっていう実感があるんだけれど、ばいばい!って離れていってしまうと、もちろん同じ時の流れに従って生きていて、生活しているって当然なんだけれど、近くでそれが目に見えなくなるとなんだかそれが不思議に思えてしかたない。

PC上での会話でも同じだ。なんだか毎日すぐそばでお話しているような錯覚に陥ってしまっているけれど、でも、実際は、東京都と関西や東北、九州、さらには海外といったぐあいにみんなそれぞれが別々に生活していて離れているわけで

でも、それでもやっぱり同じ時を共有しているんだなぁ。同じように朝が来て、同じようにお昼になって、それで夜になって、また朝になって

なんで自分ばっかりこんなに時間ないんだろう!!とかしんどい思いばっかりしなくちゃいけないの!!そういう風に嘆きたくなることって結構あると思う。

けれど実は、みんな同じだけの時間しか与えられていないわけで、そういう点ではみんなフェアなのだ。そう考えて、いかにその限られた時間を自分が上手に活用するか、だと思う(´∀`ฺ)

不平、不満が自分の中で出てきそうなときは、いったんそういう風に考えてみることを忘れないようにしたいなってそう思う。

なんだかきれいごとのように聞こえるかもしれないけれど、実は、そういうことによって見栄とかでも誰のためでもなく自分自身がずいぶん快適にキラキラしていける気がするのです~..+’(∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月14日 (木)

よぉっっし!!

昨日は、とにかく場所移動の多い1日でした。朝は出版社へGO!!で、編集部に到着すると

「あれぇ??ハルちゃん、早すぎじゃないの~()」と爆笑される。

えぇ??ハル、何か時間間違えたのかなぁщ(゚Д゚щ)とちょっとぽかぁ~んとしてしまっていると、

「今日は午後からだよぉ!!どうしたぁ??この前の就職活動のショックから立ち直ってないのかぁ?」と言われる。

「あははぁ!!いやぁ~、なぁんで間違えちゃったのでしょうかねぇ(ิܫิ)すみません~。出直してまいりま~す。」というと、

「せっかく来たんだからちょっとお茶でも飲んでいきなさい。」とおっしゃってくれる。編集部のお仕事は分刻みに進められているから手が放せないのに、こういう心遣いを忘れない編集長は素晴らしいなと改めて思いました(´∀`ฺ)

そしてほんの少し、企画の本についてお話した後、また午後から出なおすことにして、じゃあ!!この際だ!!っていうことで、都内で出来る用事をじゃんじゃかこなす。買い物も色々。いっつも「あれを買わなくちゃ。これを買わなくちゃ。」って言っているのにまとまった時間がとれずに買えずじまいで肝心なときに困ってしまう。

ふふふ♪そっかぁ!!もしかしたら、今日、朝から都内に出てきて、今まで出来なかった用事を午後の打ち合わせまでに済ましちゃいなさいって言う意味でハルは時間を間違えるようになってたんだろうなって気づきました(*≧∇≦*)☆彡 そう思ったら、間違えて朝早く出てきちゃったことだって何にも悪いことに思えないですよね♡→ܫ←♡♪

そんなわけで、てきぱきいろんなことができましたぁ!!よかった、よかった(ノ∀`)

そして今度こそ打ち合わせへ!!三人で、企画をまとめていく作業。ハルの参考書のお話もどんどん進行中♪企業秘密なので、内容はちょっと語れませんがおそらく

まだこの世にはゼッタイにない、ハルハル特製オリジナル感で満載の参考書に仕上がることだけは間違いナッシング~♪なのですよぉ(´∀`ฺ)

その後、またまた渋谷に用時があり、さらには塾に教えにも行かなくちゃ、というハードスケジュールが後に迫ってきていたので、途中でハルは抜けさせてもらいました。

でも帰ってくると、ちゃあんとPCには編集長からの「今日はお疲れ様&ハルが帰った後も企画が盛り上がってになったぞぉ!!」なご報告メールが!!

そして業務内容がたたぁっと書かれていて、それでおしまいになるかと思いきや

数行空けて

「☆人生はいろいろ思うようにいかない事もありますが、逆に上手く行かなかった

ことをネタにして<後で笑い話にして、他人に語る>ことを心がけてください。そういうふうに意識を持っていくようにすると、ますます人生が面白くなるし、人との輪も広がっていくように思います。<七転び八起き>という古い諺をハルにプレゼントしよう!!」

というメッセージが!!

やっぱりここでもここでも心遣いが♡→ܫ←♡♪単にお仕事を一緒に行う相手!!と言う風に機械的に相手を見ているのではなく、ハルのことを心から考えてくださっているんだなぁって思えたことが本当にうれしいな(*≧∇≦*)☆彡 

ハルも、小さな心遣いを忘れない人でありたいなと思わずにはいられませんでした(´∀`ฺ)

よぉっっし!!またここで、いい機会なので、気合入れなおすぞぉ!!

GOGO!!ハルハル!!って自分で、気合いを入れてみましたぁあ!!意外と元気出ますよぉ(ノ∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月13日 (水)

縮まった距離(✿ฺ´∀`✿ฺ)

Photo_179 Photo_180

<やっぱり、いいなぁ(๑→‿๑)

昨日は、学生実験の助手最後の日、そして、もちろん発酵食品のあの「てんぺ」!!(←もう何度か説明したのですが、これは、インドネシアのにおわない納豆みたいなもの。大豆にテンペ菌というクモノスカビを植菌させて作るものです。なんだかいやぁなイメージをいだく人がいらっしゃるのですが、納豆も、チーズも、ナタデココだって、お漬物だって、日本酒だって、お醤油だって、みぃんなそういう「菌」たちのはしゃいでくれていっぱい運動してくれた結果の産物なのです♪)

それをつかったお料理の日でもありました(→‿๑) みんな、最初は、市販の「てんぺ」を食べたことのある人や、それを食べた評判を聞いた人たちで、みな、かなりおいしくないんじゃないのかなぁっていうイメージを持っているんです。

でも実際調理してみて、みんな「あれぇ??意外とイケてるじゃん!!おいしい、おいしい!!」ってどんどん表情が変わっていくの..+’(∀◕ฺ)..+* これが本当にうれしかった!!

ハル、どうにかして、教授と同じく、この「テンペ」を広めたかったのです♪ハルのマイミクにも数名、昨日のテンペ実習で、テンペに感動しちゃった子達がいるはず(´∀`ฺ)こういう風にしてどんどんいいものは世の中に広く知られていくべきなんだなぁって思うんです♪

で、調理していないテンペもいくつか持ってかえれそうだったのでその瞬間、ふっとハルはおばあちゃんのことを考えていました。

おばあちゃんおばあちゃんにもずぅっと会っていなくって。もう75歳を越えて体調を崩しやすくなってしまっているということをちらっと聞き、心配はしていたのです。しかも、今、四国ではなく、お母さんと一緒に、東京に出てきているって聞いたのです。

テンペこれは納豆に抵抗のある関西の人間でも、全く抵抗なく、しかも、それ以上に低カロリー、高たんぱくで、ゼッタイおすすめ!!おばあちゃんに食べさせてあげたいな!!ハルの料理、食べさせてあげたいな。

これ、今日中に使ってしまわないとどうしよう!!よぉし!!ハルはだめもとで、コンタクトをとってみました。すると

うわぁああ!!母ともおばあちゃんとも連絡がついてしかも母の今住んでいるおうちにはじめて行ける事になったんです(๑→‿๑)

うわぁい!!ドキドキ、ワクワク!!普通の家族あらば当たり前のようなこと。それをハルはもう何年もやっていなかったのです。

そして、久しぶりに再会したおばあちゃん。なんだかちょっと元気が足りなかったけれど、でも、ハルに会うとしゃかしゃか動きだして一緒にから揚げなんかも揚げ始めました!!

そして帰り際は、もう大変!!おばあちゃん張り切ってしまって、ハルの大好きなおばあちゃん特製ポテトサラダをタッパーいっぱいに詰めてくれるわ、お野菜も果物持っていきなさいと渡してくれわで、来たときの2倍、いやいや3倍くらいの大荷物(^-^;)

さらには、母からは、メイク道具、お洋服、今年の秋、冬新作ブーツとか、もうありとあらゆるキラキラしたものをくれ(←めちゃくちゃいっぱい持っているのです。ハルとは違って())それらをもうもてないからといって、身にまとって帰るハル。

「あらぁ!!真理ちゃん、来たときとか全く違った格好だわぁ!!」って母に笑われあぁ!!本当だ(^-^;)すごい寒そうな格好してきたんだなぁ。もぉ、恥ずかしいなぁおしゃれな母を見習ってもっとキレイな格好しなくちゃなぁ(_) って刺激を受けましたぁ。

おばあちゃんのポテトサラダは、びっくりするほどクリィミィで、ハルが作るのも、超おいしいんだぞぉ!!なんていつもはみんなに豪語しちゃってるくせに、全然かなわないわぁ!!って思いました()

それから帰ってきて、今度は相方にもまたまたテンペのから揚げ、そしておばあちゃんポテトサラダ、その他もろもろを作るハル。

1日に3回もテンペ料理をしたことなんて今までなかったぁ()でもでもきっとテンペ菌に感謝されるだろうから、ま、よかったかなぁ、なんて(๑→‿๑)テンペを通して、おばあちゃんにも再会!!

ハルは、最近、なんだか今まで家族と開きすぎていた距離をどんどん縮めることができているなぁって思います。そして今までそっぽ向いていたけれど、やっぱりお互い、自分から言い出せないけれど、気にはしているもの。それが家族なんだなぁって思います。だからハル、そこで、ちょっと勇気をだして、自分から一歩踏み出してみると、必ず、道が開けるんだってことだけは確かだなぁって思います(´∀`ฺ)

写真→テンペのから揚げなど、ハルハル特製晩ご飯♪そしておばあちゃんの超くりぃみぃポテサラ~(*≧∇≦*)☆彡

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月12日 (火)

すべてのことに...

大学の後期日程の学生実験が今日でおしまいになります。と、いうことで、ハルの実験補助のお仕事も今日でおしまいです。最初は、なんだか慣れなくてめんどくさいなぁ、とかイライラしてしまっていた日、行くのが憂鬱だった日もありました。

でも今日を迎えてみて、やっぱりやってよかったなぁってそう思えるのです(ノ∀`)

大学生の学部時代は、どうしてもとっつきにくそうでちょっとニガテだった教授。その教授に9月からおよそ4ヶ月。ご一緒させていただいて、ハルはどんどん教授が好きになっていきました。

発酵食品界では超有名人なこの教授。大きな病気をしたけれども、それにも頑張って耐え抜きました。

おっちょこちょいで、いっつも必ずどこか抜けているハルなのに、一回一回きちんと丁寧に説明してくれたりもしました。

日記でも幾度となくご紹介してきたけれど、面白い発酵食品の小ネタをお話してくださったりで、毎回色々な新しいことを学んで、お勉強させていただきました。

そしてこの前の学園祭のハルのトークショーにも、ちゃんと来てくださったこと(*≧∇≦*)☆彡 そしてその数日後、ちょっぴり恥ずかしそうに「春野、なかなかよかったぞ。」なんておっしゃってくださったこと。

ハルにとって、ひとつひとつの出来事が走馬灯のように思い出されてきます。すべて、そのすべてがステキな思い出となってハルの中に刻み込まれているのだと思います..+’(∀◕ฺ)..+*

ちょっといやだなぁとかしんどいなぁって思うことがあると、これって自分にとって何のメリットがあるんだろうか、とかこんなこと全く意味ないんじゃないの?とかそういう風に考えてしまうこともありました。

でもそうじゃないんだよね、って思うのです。すべてのことにちゃんと意味があって、それは自分の糧になっていくんですね。

それは一秒先なのか、はたまた数日先なのか、いえいえ、数年、十数年先なのか、死ぬ間際なのか、それはわからないけれども、必ず、必ず、いつかの自分の糧となっていくんだなって(*≧∇≦*)☆彡

ハルは、後期始まってすぐ、この補助のお仕事に応募したことをちょっと後悔していた。ハードスケジュールだったし、週に一度のこの時間がなんとなくかったるく感じてしまってしかたがなかったのだ。

でも、そんな自分の気持ちさえも吹き飛ばしてくれて、かつ色々なことを学ばせてくれたのは、教授をはじめ、学生たちや発酵食品など、さまざまなものとの出会いがそこには待っていたのです。

すべてのことに意味がある。それをこの補助のお仕事で改めて実感したハル。やってよかったなぁ!!そう思えます。きっとそれは自分も一生懸命頑張れたからなんだろうなってそう思います。

自分が好きなこと、やってみようと思ったことはどんどんやったれぇ!!なハルだけど、与えられたこともまた頑張ってこなしてみることの大切さを知りました。

さてさてでは、ラストの補助のお仕事、ちゃんと無事にこなしてきましょう!!いってきまぁす゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月11日 (月)

こんなときには...あなたもプッチン♪いかがでしょうか(*≧∇≦*)☆彡

Photo_177 Photo_178

おぉ!!今日も快晴だぁああ!やっぱり晴れの日は、気持ちいいなぁ(´∀`ฺ)

ちょっとお外に出てみると風が強い感じではあったけれど、うん!!いい感じだぁ!!

ハルは、うれしいことがあるとすぐに、走り出してしまう。歩いていられない。自然とタンタカ、タカタカ、どんどんスピードがあがっていってしまって、最後には自分でもびっくりするほどの速さでタタタタァーって突っ走ってしまっていることも(^-^;)

それで、はぁはぁ、苦しくなってやっと止まる。でも、ちょっと苦しいけれど、それがなかなか心地よかったりもする♡→ܫ←♡♪

嫌なことや苦しいことがあっても、なんかタァーって走るとすべて吹っ飛ばしてくれそうなそんあきがするでしょ??ってハルはそう思うのだ。

で、ちょっと離れたところまで走って近くでコンビニを見つける。そしてどうする??

ふふふ~♪もちろん、あれを買うんですよぉ。あれです!!え??何?何?いひひひぃ(๑→‿๑)

それはビックプッチンプリンなのですよぉ~!!

何で?それはねあのさかさまにしてプッチンって押し出すのがいいのですよぉ。普段はね、四角いお部屋をまぁるく拭いちゃうようなそんなおーざっぱO型っこハルハルで、めどくさがりぃ♪であって、わざわざプリン買って、お皿に移し変えて食べる、だなんてやりませ~ん!!

でもね、たまぁにやるんですよぉ(๑→‿๑) これ!!プッチンって!!

なんかね、嫌なこととか、全てばいばぁい!!って言う気持ちを込めて思いっきりうえからプッチン!!って押し出して、それで、あぐあぐあぐ~!!って思いっきり大きな口で食べちゃうのです(ノ∀`)

なんか、一瞬にしてすぅ~~っきりしちゃう゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ 

ふふふ♪これ、意外とハルハルなおすすめなのですよぉ♪よかったら..試してみてくださいなぁ~..+’(∀◕ฺ)..+*

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月 9日 (土)

ハルも木から...

書こうかなやっぱりやめておこうかなちょっぴり悩んだあげく、えいっっ!!これだってハルはハルなのだから、素直に書いちゃえ!!そう思ったので、いまここに書くことにします。

昨日の日記で、うれしい表彰をお伝えしたのもつかの間、昨日は一気に急降下!!顔が真っ青になるようなことが(^-^;)

実は,,,あまり口に出していなかったけれど、ハルはいま、忙しい中で、就職活動も開始していました。そしてなんとまたしても第一希望の試験で第一次からかなり何度も試験を重ねて最後は1人選ばれるかどうかというようなところを受けてしまったのですが三次にして涙を呑む結果に(>_<)

今度こそ第一希望に!!との期待もあって、ちょっと昨日は相当ショックでした。

サルも木から落ちるということばがありますね。ハルはハルはもともとここまでの人生も紆余曲折の連続で一本の木をまっすぐするする登ってきていて、ここにきて急に落下!!っていうサルちゃんとは全くもって違うのですが

それでも、なんだかんだで、えっちらこっちらやっと登ってきたのにその途中でここにきてすっと落下したような気分になってしまって、珍しく、もうこれ以上登れやしないんじゃないのかな、なんてまで思っちゃったりしてしまって、これはちょっと立ち直りに時間かかるんじゃないだろうかってそんな自分がちょっと悲しかったし、くやしかったしでいてもたってもいられなかったのです。

でも今朝、ちょっと考えました。うん!!そうそう!!やっぱりその人にとってベストなところがある。だからそのためにハルは今回失敗したんだよね。きっともっともっとハルにぴったりのことがるからこそ、ここは落っこちたんだろうな。

もしかしてそこにハルがいってたら、体調を崩していたかもしれないし、とんとん拍子に受かっても、実際、入社してみたら想像と全く違って失望してしまう、なんてことになってたかもしれないのだ。

きっと世の中の出来事はちゃあんとうまく出来ていると思うのです。

うん!!ハル、やっぱり元気になるぞぉ!!昨日は、ちょっと取り乱し、珍しく自分を見失い、気を失いそうだったけれども

そう!!必ず、笑顔で、っっしゃ~~゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ ってみんなにご報告できるようになってみせまぁす!!

あぁああ!!残念ね~!!ハルを採用していたら世の中もっと変わってかもしれないのになぁって落としたところが後悔しちゃうほど、ハル頑張ってみせるぞぉお(´∀`ฺ)

ハルも木から落ちます。落ちます。もう落っこちすぎて痛い痛い。

実は張り切りすぎて、点滴を打ちながらとか頑張っちゃってたこともありました(^-^;)

でも、これを気に、もうちょっと自分のからだの管理にも気をつけてそれでここぞと言うときのためにもっとパワーを温存しておきなさい!!っていうメッセージだったのかもしれません。

きっとそうでしょう!!というわけでハルの真剣勝負、ここからスタートです!!みなさんもぜひぜひ応援ヨロシクなのです(*≧∇≦*)☆彡 

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年12月 8日 (金)

表彰状?!

Photo_176

昨日も朝から大忙しで都内へと電車に乗る前にふとポストに目をやるとあら~、朝からうちのポストだけパンパンで今にも中身でそうじゃないですか~。

で、いったいなんだろな~と開けまして~。あら~、今度はなんだったかしらね~(^_^;)

またある出版社からの大きな大きな封筒です。

なんだろ、なんだろ?で、開けてもっとび~っくり。キラキラしている?なんだ?よく見たら~

ハイ?しょ、賞状ですか、これはヽ(・ω・*) で、も一度よく見る。あ~、や~っぱり賞状なんです。でもいったいなんの?どうして?全く見当がつかないハル。とりあえず賞状に書かれている文面に目を通してみる。

「認定証 作品名 気分はいつも春のです! 27回○○社出版賞において貴殿の作品は最終審査選考まで残り、『新しい感動を与える作品』として、出版社推薦賞に選ばれましたことを認定し賞します。」

は~(^_^;)そ、そういえば三次審査通過のお知らせが数ヶ月前に来ていたような気もしなくもないわ?!それにしても著者に忘れられてもよくぞ強くたくましくねばりぬいたな~、ハルハル作品よ!と言うしかなかっただす*O)

この作品はハルの三足のわらじを履いているこの最後の一年間を記念に残したいのと、今までのハルに関しての濃厚エピソードをぐっと入れた一作品。いつまでもハルはハルだどは思うけれども、このときこの瞬間はもう二度とはもどってこない。

大学院生という限られた時間の中ですごす時間をタイムリーに書き、そしてまだ短いにしろ自分が生きてきた今までを懐古してみたのだ。

それが賞をいただいたことはなんだかうれしい。でもこれまた大賞落ちですな(^-^;)

ふふふ(๑→‿๑) 実は、ハル、いっつもみんなに「ハルちゃんはいつも自分の思い通りになっていって実現していけるからいいなぁ。」って言われるけれど、ハルは今までの人生で、一度たりとも第一希望!!に受かったりしたことがないのです~!!

毎回第二希望以下(^-^;)中学校受験も、大学受験も。その他なりたい係とか細かいこと言い出したらきりがないけれど

でもでも、それもね、きっと必然でね。だからそれをなんとかちゃんと受け入れてそれがその与えられたフィールドで、精一杯やってきた。そしたら、ちゃんとそこでよかったんだって思えるようになっていた。というかそうしてきた。どういう風にだって自分しだいで変えられるのだ(´∀`ฺ)

そしてまた今回もこんな結果に終わりましたがうん、まぁ、よかよか。ハルハル作品よ、よぉく頑張った、と褒めてあげたい。

ハルは今はとっても楽しい本の企画が盛りだくさんなので、この作品は大事にとっておいてもっと温めていいものにしておこう(๑→‿๑)

とりあえず世の中で評価してもらうことができたことは、また次のハルの何かにつながるだろう。それがまたひとつ出来てよかったぁ(´∀`ฺ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 7日 (木)

お子様ランチ♪

って、どうしてあんなに子供ごころをくすぐるんだろうなぁ

昨日、ちょっと用事で都心のほうまで出てきてお昼時に、レストラン街をふと通りながら外に並ぶショーウィンドーを見てそんなことを思った。

ハルは小さいときからもりもり食べる子で、幼稚園の頃からマックにいっても大好きなフィレオフィッシュがひとつじゃ足りなくって、で、別にもう一つ頼んでいた。

きっと普通のセットを頼めば、ポテトが大きかったりするのでそれで足りてたんじゃないのかなとは思うけれどなんてったって、あのハッピーセットですよぉ!!お目当てはね(๑→‿๑) 

あのおもちゃ。おもちゃだけ別に購入できるってわかっていても、あれじゃあ自分がゼッタイ量が足りないってそれもちゃんとわかっていても、それでもなおかつ、あのハッピーセットがよかったのだ(´∀`ฺ)だから必ずハルにはもうひとつフィレオフィッシュが追加された(^-^;)

レストランでもやっぱりそう。お子様ランチを頼んでかつ、カレーを、とか頼んでいた。なぜ、そこまでしてまであれにこだわったのだろうか。

それはあの「セット」の魅力なんだろうなってそう思う。特に女の人は大人になってもそうだと思うけれど、色とりどりのものがお皿に並んで視覚的にまず感動し、そしてちょっとずついろんなものを楽しめるあの感覚がなんともいえないほどしあわせな気分にさせてくれるのだ(´∀`ฺ)

メインディッシュはもちろんだけど、その周りにいる脇役たちがあるからこそ、それも引き立つし、そお脇役たちがあってはじめてそれに満足し、お気に入りになっているのだってハルはそう思う。

小説や映画などの作品でも、やっぱりそんな気がする。かっこいいヒーローや憧れのヒロイン。それらもやっぱりそれ単独での個性、魅力はもちろんじゅうぶんあるだろうけれど、周りに脇役があってこそ、その魅力が増しているようなきがする。つまりこれらもまたセットじゃないといけないんだなって(๑→‿๑)

そしてやっぱりこう思う。生き物はみんな自分ひとりじゃ生きていけないんだよねって。かなら図誰かがいてくれるからこそ、自分が成り立っているんだなぁって。

こんなこと言っていてもやっぱり普段は忘れがちになってしまったりもするけれどこうやってきっかけがあって考えられるときには、ちゃんとそういうことを考えたり、感謝の気持ちを忘れないようにしたいなと思う。

昨日は、そのきっかけを与えてくれたのがお子様ランチだった♪ふふふ(๑→‿๑)

今度レストランに行くときがあったらお子様ランチ食べたいかも♪久しぶりに

あ!!でも~、やっぱり量が足りないのでそうだ!!ハルが自分でおうちで作ろうかな♪じゃあ、あのチキンライスのお山に立てる国旗が必要だな(๑→‿๑) 買ってこなくっちゃ、なぁんて一人で楽しそうに色々想像しながら歩くハルの顔はどんななんでしょうね()あははは!!!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年12月 6日 (水)

どうした、カラス君ヽ(・ω・*)ノ

今朝はちょっと面白い出来事が!!いつものように朝マラソンをちょっぴりしていたら、やはりいつものように鳩さんいっぱいにたまにまぎれて数匹のカラス君。

ハル、実は、ちょっと鳩さんもカラス君も好きになれません(>_<)なんとなぁくこ、こわいぃ~ヽ(・ω・*) 

だからハルが走るとき、目前をばさばさばさぁ!!って飛び立っていくのをみるとなんだか身震いしてしまうのです。

しかも最近の彼らたちはと言えば、えさをたくさんもらっているからなのか、人間にびっくりするほどにあついてしまっているというか慣れてしまっていて、人間が近づいていっても怖がる様子もなく、知らん顔して地面をつっついています。

人間を含めて敵が近づくと危険を察知して飛び立つ、というのは、彼らにとっての本能行動と言われる生まれつき備わっている行動なのにその本能行動さえも鈍ってしまっているのかな(^-^;)

で、それはいいのですが今朝は、さらにそれがヒートアップした状態が(_)

ハルが走っていると目の前におっきなカラス君が一羽、道をふさいでいるのです。そこで、うわぁ!!お願い!頼むからちょっとよけて!!ね、お願い!ハルは心の中で必死にそう言ってみたのですが、全くといっていいほどに伝わらないのですね、これがまた(^-^;)

ま、そんな簡単に自分の思い通りにんるわけないよねぇ、ってちょっとあきらめて、ハル、そこからまだもうちょと向こうまで言ってからUターンしようと思ってたのですが、あきらめてそこでくるりと向きを変換させてもときた道をまた戻っていたらばぁさばさばさばさぁああ!!

ものすごい勢いで何かが追っかけてきます。こつっ。頭に何かがあたりました。こつっ。またです。

ひぃ~(>_<)なんだろ?こわい!!けれど、こわいものみたさで、後ろを振り返る。と!!

あぁああ!!カ、カラスく~んヽ(・ω・*) そうなんです。なんとカラス君がハルを追っかけて、それで、さらにハルの頭をつついたのです。ひょえ~щ(゚Д゚щ)もう、びっくりで足がガクガク。

おいおい!!普通、人の存在に気づいて、君たちがばさばさと飛び立っていくって言うのにさこれじゃあ、なんだか逆パターンじゃないの(^-^;)ねぇ、カラス君!!

ハルは、そんなありえない事態に追い込まれているのにもかかわらず、心の中で、カラス君にそんな風に冷静に話しかけられている自分にちょっと驚きましたぁ(_)

でも、はっといま、帰ってきて思うのです。もしかしたらあのカラス君!!ハルを追っかけてハルに何か伝えたかったのかな、って。ふと、そういう風に。

昔であったことのある人の生まれ変わりさんか何かだったのかもしれないなぁ、なんて。

ハルは、ゼッタイ否定もしないけれど、特に自分が信じている宗教もない。だけど、なんとなく、そういうものはあるのかなぁって時々思ってしまうことがあるのです。

もし、そうだとしたらあのカラス君は、おどかしてごめんね。でも、また出会えてうれしいよ!!そういってくれていたのかもしれないな。なんて思ったりもしてしまいましたぁ(´∀`ฺ)

なんだか不思議な気持ちでいっぱい今朝の朝マラソンでした。

PS,,,

PCを開くと大学院からとか就職活動の企業からのオファーとかいっぱい来ていたけれどその中に混じって編集長さんからの打ち合わせのお知らせが一通。

色々な内容とともに、「次回、今年の僕からハルちゃんへのご褒美として、タロット占いもしましょう。」の一行にはしゃぐハル(´∀`ฺ)占い♪なんとなく当たってないよなぁなんて毎回思いつつもやっぱり大好きですねぇ♪わくわくしちゃいます。

あ!!でもこれって、ホンモノのタロット占い師さんにやっていただくのかな??まさかぁ!!

とは思うけれど、も、もしや編集長が占ってくれるのかな?だとしたらハル、そっちのほうが面白いかな()よし!!あえて聞かずに当日楽しみにしてお~こうっと!!

年末まだまだわくわくしていきまっしょぉおい!!ってことで、今日も朝から大忙しなハルハル!!いってきまぁすっっ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

「皆無の状態」を想定する。

Photo_175

ハルは、どういうわけだか、歩いていると道だったり、ある場所だったりをよく人に聞かれる。

地元だったりよく知っているところならもちろん教えるのだけれども、そうじゃないところ、例えば都内でたまたま来ているところでも聞かれてしまう(^-^;)

昨日もまたそんなことがあった。しかも相手は米軍さんだった。なんでも、あの有名な横田基地から用事で都内へ出てきたらしかった。

ハルも都内は電車の乗り降りプラスちょっとした買い物くらいで、特に詳しくはない。でもとにかくとっても困っていた。

実は、ハルが近づいてくる前に数人に聞いているところを見ていたのだけれど、みんなに断られていたのだ。

「ココ、ココ二、イキタイノネ。」カタコトの日本語で一生懸命紙切れに書かれた行き先を指してハルにそういう。ん??ハルここ、知らない(^-^;)いったいどぉこだっっ??

そこは、山手線とか西武線とか中央線とか、ハルのよく知っている線の駅ではないなっていうのが一瞬にしてわかった。でもそうだ!!ハルは日本人であって、そしてここは日本!!だから日本語ですきなように話されるわけで、誰にでも自在に聞くことが出来るじゃないか!!このかたの代わりにハルが聞けばいいさ!!そう思ったらすぐに

「ちょっと待っててくださいね!!ハルはちょっとわからないの。でもね、ちゃんと聞いてくるから。だからここで待っててくださいよ。」かなりあせっていてこちらもカタコトの英語になってしまったけれども、相手は「お、オッケー」ってこたえてくれたから、まぁなんとか通じてたのかな(^-^;)

で、走って改札へ行き、駅員さんに尋ねた。すると超複雑ではないかぁあヽ(・ω・*) しかも「あぁ、あのガイジンさんのかぁ。さっき、こちらも聞かれたんだけどね、ここから乗り換え三回もしなくちゃでさ、説明に困っちゃって、それで、断念しちゃったんだよね。お互いね。」なんて平気で言うヽ(・ω・*) そ、そんなぁちゃんと最後まで説明してあげてよぉ!って思ったけれどもうしかたがない。

だったらハルが説明するさぁ!!ってなわけで、ハル、もう一度駅員さんにその乗り換え方法を聞き、やっぱり理解しにくいので、今度はかばんからメモ帳を取り出してメモして、それでやっとこさ、もとの場所に戻った。かれこれ10分近く過ぎてしまっていたようで、米軍さんもちょっと待ちくたびれたようだった(^-^;)

申し訳ないなぁって思いつつ、一生懸命メモ帳にもう一度書き直しつつ話した。実際にもう一度絵にしているところを見てもらって、どことどこで乗り換えればいいのか説明することで記憶しやすいだろうなって思ったからだ。

自分がわからないとき、人に口でがぁ~って一気にまくしたてられたらやっぱりわかりいくいだろう。かといって、せっかく説明している相手に悪いなぁってなんだかもう一回聞くには聞きにくくって、ってそういう思いをしたことも多々ある。

だからこそ、そういう思いは相手にはさせたくなかった。

相手に何かを説明したり、教えたりする場合、ハルは、申し訳ないけれど、その相手が、その知りたいことに対して、つまり聞かれたことに対して「皆無」の状態だと想定させてもらうことにしている。

たとえ、多少の知識を持っていようとも。

それは自分の尺度で、これくらいはわかっているだろう、なんてタカをくくっていると、そうではないことが多いのだ。だけど、一からちゃんと話せば、誰にでも理解できるはず!!

これは、子供たちに教えているときに身についたことだ。「わかってるよぉ、そんなこと。」よくそうは言われても、たいてい、そういう子供たちでも、最後には、「わかってたつもりだったけれどもう一回ちゃんと説明を最初から聞いてみてよかったよぉ。知っていても自信ってんかなか持てなかったから、それに確信が持てた感じがするよ。」そう言ってくれたりする。

この米軍さんにもハルがそのとき出来るベストを尽くして説明した。それでもちょっと不安そうだったので、切符を買った後も改札を入って、その乗り場まで送っていった。

そうしたら驚いたことに、急に大粒の涙をこぼして「ホントニアリガトウ。アナタ、トテモシンセツダネ。ハジメテ。ウレシカッタ。アリガトウ。」そう何度も言ってくれた。

「あはは。そんな。ハルたいしたことしてないですよぉ。みんな困ったときはお互い様!!困ったときはお互い様なんですよぉ。」そう返した。

これは、本当にそう思うから。そしてどんな状況に自分が置かれてもそこから逃げないこと。それも試練、お勉強だと思って立ち向かってみること。それをこのことからまた一つ学べたなぁってハルはいい経験ができたことをうれしく思ったのでしたぁ(*≧∇≦*)☆彡 

米軍さん、ちゃんと無事、行きたいところに着けたでしょうか。ちょっと心配しつつ。さてさて、今日は今から学校ですねぇ♪いってきまぁす゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ 

  写真→その米軍さんからいただいたもの♪な、なんとアメリカのおつまみアーモンド♪しかもハルのだいすきなわさび醤油味♪なんでも向こうでは、いま日本食ブームでこのわさびも大人気なんだとか(*≧∇≦*)☆彡 ふふふ♪これ、おいしいのですよぉ♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 4日 (月)

いえ~い(*≧∇≦*)☆彡

123 123_1 イエ~イ!はい、日にち変わって朝になりましたがまだまだ興奮覚めやらぬハルハルで~す(o^-')b

というのは、昨日の夜はかなり前から楽しみにしていた映画監督トムさんのトムバンドのライブに行ってきたからなのです!最近体調崩しがちだったので夜はどうかなと思っていたけれどハルハルが大好きな編集長さんが一緒に行こう~~!と誘ってくださったのでもうこれはなんとしてでも行かねば~!ってことで行っちゃいました゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ 

ライブはほんとにほんとに久しぶりで!最初はおとな~しくしていたのですがダメでした~()はっちゃけまくってましたよ、途中から~(^_^;)もう編集長置いてひとりでトムさんのステージ近くまでどんどん踊りながらいってしまいました~。あははは~!

とにかくからだじゅう使って踊りまくり!楽しすぎて止まりませんでした!いろんなかたに声かけていただいて「ハルちゃんでしょ!」なんて言ってくださったり!そういえばなんでハルってわかったのでしょうか。あはは。マイミクさんにもお会いしちゃいましたねぇ♪

ジャーナリストさんやディレクターさんなど面白いかたがたともお友達になれました。

そして編集長のもとに戻ってきたら「も~~、すごいね、ハルちゃんは~。暑いでしょ

~?ほんとすごいわ~。」と大笑いされちゃいました~。

いや~、こんなにお腹の底から笑って踊って楽しんだのはほんとうに久しぶりだったな~。こんな素敵な時間をトムさんとそのお仲間さんたちと共有できてハル、しあわせだ~って帰りもず~っとにこにこ。さむ~いはずのお外にでてもからだじゅうがほくほく。あったか~い。最高でした~。

と、そうなんです。この後はハルハルゲスト出演TBSラジオの放送が!自分でもちゃあんと聴いてリスナーになっておかなくちゃ!!ってことで、ラジオを借りてきてまでセットしちゃうハル()

いやいや、びっくりなほどにうま~いぐあいに短縮されておりましたがそれでもなんだか自分で発信したメッセージが全国に流れているだなんてやっぱりすごいわ~となんだか他人ごとみたいに感心してしまいました~!

そしてやっぱりハルハルお決まりのあの名句が!!

<マイナスは~すべてプラスに変えられるんだ~!>

出ましたねっっ!ここはちゃんとカットされてなかったぁあ()

これでよ~し!みんなでプラス旋風巻き起こしちゃお~!ってさらに大興奮しちゃうハル(๑→‿๑) そんなわけでまたまたそれを思い出して朝からほくほくなハルですが、このまんま今日一日ハイテンションでいっちゃいまっしょ~~い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

1,2,3...

今日は、あれやってこれやって、って色々やらなくちゃいけないことは山ほどある毎日だけど

でもでも今日はなんだか朝からうきうき、わくわく♪

最近続けているほんのちょびっとの距離なんだけど、朝マラソン(→‿๑) 毎日たっくさんの緑に囲まれている緑道を通っていると、あぁ!!咲いたぁ。そうなんです。こんなに寒くってもちゃあんと今から咲き始めるお花もあったりするのです♪そういう生き物たちを見ていると小さいけれど、とてつもないパワーを感じてなんだかかハルまで気合いが入ってきちゃうのです(→‿) ふぁいやぁああ!!ってね(´∀`ฺ)

そうしておなじようにしてお散歩しているかたたちに「おはようございまぁす!!」って言いながら走っていると、ちょうど引き返してきたところで、「いつも元気いいねぇ。気持ちがいいよぉ。はい、これ。うちの木になっているやつ。おいしいよぉ。」って下さったのはおみかんです~(→‿๑)

ふふふ♪こうして朝、お外に出て、ハルは小さな生き物たちにパワーをもらい、そして知らず知らずのうちに今度はこういったおばちゃんたちに自分が元気を与えたりすることができていたのかなぁって思うとちょっぴりうれしくなったのでしたぁ(´∀`ฺ)おっみかん、うっれしいなぁ♪あっりがっとで~す♪ってむしろハルがおばちゃんに元気+おみかんいただいちゃったなぁ♪

実は最近ちょっとばかり体調を崩したりしていたので都内にはあまり行っていなかったのですが、今日はど~しても夕方から行かなくちゃってずぅっと前から決めていたことが!!

そう、それは映画監督のトムさんのトムバンドのライブがあるからなのです♪しかもこれがまたあの最近ハルがお世話になっている出版社の編集長さんと一緒に待ち合わせして行っちゃうのです!!

これはもう楽しみでないわけがあ~りません♪やっぱりわくわくは一緒にいて楽しい人、だいすきな人とだとさらにわくわくですね(´∀`ฺ)

久しぶりに行くライブがこんなに楽しみになるなんて♪もう~、これは久々はっちゃけてこうようかなって思ってます♪

そうそう、みなさんに宣伝しておかなくちゃ!!

とうとう今日の午後11時半から12時まで、TBSラジオ954GAKU-shock!」っていう番組で、ハル、ゲスト出演しまぁす!!こちらのほうもお忘れなく~(´∀`ฺ)

ってことで、ラジオも954にあわせておいたのでおうちに帰ってきたらきっと興奮しながら自分が出ているラジオも聴いちゃうんだろうな(๑→‿๑)

というわけで、色々今からこなしておいて夕方から夜にかけてわくわくを満喫できるようにしこあうと思いまぁす!!

今日は123日!!そう、1、2、3なので、もちろん

1、2、3だぁあああ!!ですね(๑→‿๑) 猪木さんのように寒くても燃える闘魂で!!ハルハルもいっちゃいますよぉお゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

ではでは、明日、いいご報告ができることを願って

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 2日 (土)

寒くってもほっかほかで~いきまっしょぉおい(✿ฺ´∀`✿ฺ)

Photo_174 Photo_173

最近は夜遅くなって帰ってくると本当にさむ~いヽ(・ω・*) だからハルは夜ごはんには毎晩お野菜たぁ~っぷりのスープ系のものを作っています。

今は特にかぶや白菜がとっても格安なのでたっくさん使っちゃいます。(ここのところ、ニュースでの報道のように野菜のあまりすぎが原因で悲しいことにもなってしまっていますがあれは消費者と生産者との循環効率の意味でもやむをえないことも事実で、農学を学ぶハルとしてはこれから色々考えることがまた増えそうです(^-^;))

幼稚園のときに毎月、キンダーブックっていって、まぁ、大人の週刊誌みたなものの幼稚園バージョンが配られていて、そのなかでは、「旬のお野菜、くだもの」なんて季節ごとに写真で紹介されていたりしたのでなんだか物知りになっちゃったような気がするのでハルはその絵本がだいすきでした(´∀`ฺ)

最近では「旬のお野菜」なんて言っても一年中どんなお野菜でもたいていスーパーで手に入ってしまうので、「冬はやっぱり○○だねぇ。」ってくだものはみかんとかそういう風になんとなくは言えてもお野菜はなかなか言えませんね(^-^;)

でもスーパーに行くと、旬を迎えたほとんどの野菜は、収穫量が増えるためだと思うのですが、価格もグンとお手頃になっているのです。つまり、通常より価格の下がったものを選別して手に入れれば、それが旬である可能性が高い!っていう指標になりますよね。しかも旬の野菜は、味わい・栄養価ともにアップ。安くて味はもちろんカラダにもおいしい、となると嬉しいことずくめですよね(→‿๑)
 旬の野菜は、その季節に合わせてそれぞれに働きが異なるのも特長なんですよね♪

トマト、きゅうりなどが代表的な夏野菜は、水分が多く生で食べるものが多めですが、これは水分補給にもなるので、暑い夏にちゃんとマッチしているのです。

一方、根菜類が増えてくる冬野菜は、寒さやカゼに効果的な作用があるんですよね♪

ハルは、かぶ、白菜、おねぎをよく使うのですがなんとこれらすべて今の時期の「旬」のお野菜だったのです♪他には今の時期だとほうれんそうや、ごぼう、大根がそれにあたります。

それぞれに栄養素が微妙にちがうのですが、うれしいのはからだを芯から温めてくれること、そして消化を助けてくれることが共通だということなんです(ノ∀`)

さむ~い時期は特にそれだけでいらいらしてしまったり、体調を崩してしまったりして、せっかく頑張ろうってやる気を阻害されかねませんよね。でもねそれじゃあ、つまらないじゃないですかぁヽ(・ω・*)

だからあったか~いものを食べてほくほくあったまって、そんな寒さやそれに伴ういらないものは、はねかえしちゃって自分のペースを崩さずに元気もりもりで、行きたいですよね(´∀`ฺ)

クリームシチューにしたり、ポトフにしたり、トマトチャウダーにしたり、色々工夫していっぱいほくほくしちゃうのです(ノ∀`)

からだがぬくぬくだと自然とこころも和んで笑顔になれちゃうから不思議♪からだに栄養を与えるってことはこころに栄養を与えるってことなのかもしれませんね♪

そんなわけで、今日も朝からとっても寒いですがハルちゃん先生やってきまぁす!!みんなと笑顔で今日も一日ファイトだぞぉ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年12月 1日 (金)

きっと、これも...

おとといの朝のことでした。ハルはいつのころからかとぉっても目が悪くなってしまっていて、すごい近眼なので、PCを打つにはメガネなしでは、画面から10cmくらいのところでみないといけないほどなんですよね(^-^;)

なのに急にどこかにいっちゃったのです!!でもねこれも日常茶飯事で(^-^;)

たぶん、ハル、ぜぇんぜんみえてないだけなんですよね。もうこういった調子でね、自分で、メガネを三回もおしりで踏みつけてしまって修理に走ったという過去がヽ(・ω・*) 

ということで、今回も、まぁ、そこらに転がっているのだろうが!!どんなに探しても今回ばかりはないのです。とにかく丹念におうちの中を一つひとつもおをどかしなかがら頑張って探したのです。

O型、おおざっぱなハルにしては神経質なまでに丹念に調べました。

でもやっぱりないのです。でも、昨日寝る前までPC打ってたし、おうちの中なのには間違いありません。う~ん、こまったなぁ。

で、いつもならばこういうときは、たいていちょっとの間探してみるのですがなぜかおとといは、お外にでたついでに「あ!!コンタクトでも作ってみようかなぁ。」なんて考えが!!

大学受験のときまで自称、視力は1.5だと思っていたのに、たまたま山手線に乗ったら、駅名の書いてある看板が見えずに「あれれ?」とおかしく思い、そして大学に入学したら「0,1以下ですね!!」とはっきり言われ、本当にびっくりだったハル(_) それまでいったいどんだけ世界がにごって見えてたんだろうって。そしてそれが当たり前になってしまっていた自分がなんだかすごいなぁってある意味、変な感心をせざるを得ませんでした。

それからスグにまぁ、黒板とかも見えないと困るということで急遽、メガネを作ったのですが、裸眼過ごすことが当たり前になっていたので、メガネをかけるとなんだか見えすぎて気持ち悪く感じてしまうほどでした(^-^;)そんな感じなので、コンタクトを作ったことも今までありませんでした。

でも、なぜか急に作らなくちゃ!!と思い、そして結局、その後すぐに、お店で、検査などを含めてコンタクトを買い、さらには、新しいメガネまでもう一つ予約してきてしまったのでした。

なんなのだろう??このノリ?こんなにいっきにアクションを起こしちゃった自分にちょっとびっくり(_) でも、まぁ、いっかぁ!!だってコンタクトをつけてびぃっくりだったから

あまりにキレイにみえちゃって!!いちばんびっくりしたのが、生徒とかお友達とかで、

「へぇ、この人、こういうお顔してたのですかぁ!!」って言う人が数人いらっしゃったこと(→‿๑) あ!!悪い意味じゃなくって、ですよぉ。でも、これだけ見え方が違ってたんだぁって本当に驚きでした。

で、昨日、ふっとおうちに帰ってきて洗濯物をたたんでいたら、なんだかどさっという音がして、どこから転がってきたのかわからなかったのですがあ!!なくなっていたあのメガネくんがぁあ!!

あのメガネくん、今頃出てきたのです(^-^;)

「う~ん。おっそいよぉ!!出てくるの!!もうコンタクトも新しいメガネも作ったよぉ。」と言いつつでも、ちょっと思い直してみた。

もしかしたらそっかぁ!!きっと、これも

これも、必然に違いないな。ハル、なかなかコンタクトとか予備のメガネ、作らなくちゃっていつも思ってても、どうも後回しにしてしまっていてなかなか作れていなかったのです。

もう就活もやり始めたことだし、何かと必要ではあったので、「ここらで、いい加減作りなさいよぉ。」ってことで、わざわざこのメガネくんがいったんなくなることで、ハルをそうやって誘導してくれたのかもしれないなぁってそう思えたのです(´∀`ฺ)

そう考えたら、不思議と、イライラせず、「むしろよかったんじゃないのかなぁ。予備のメガネもちゃあんと出来て!!」ってそう思ったのです。

今日はその新しいメガネも出来上がってくる日♪ハルの大好きなワインレッド色のふちのおしゃれなメガネをセレクトしちゃいましたぁ♪ちょっと夕方それをお迎えに行くのが楽しみです♪

すべて、悪いほうではなくいいほうに!!マイナスはプラスに!!

そういう風にひとつずつ考えられるようになってきてたかなぁ(*≧∇≦*)☆彡

一瞬、あせってしまうけれど、そういうときこそ、いったん深呼吸してみること。そしてマイナスじゃなくってプラスに考えてみるということ。これ、ハルハルのおすすめです♡→ܫ←♡♪

| | コメント (2) | トラックバック (2)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »