« もっと... | トップページ | 時の流れの図♪ »

2006年12月25日 (月)

クリスマスといえば...やっぱりこの事を思い出します(๑→‿ฺ←๑)

クリスマス。毎年、うちではサンタクロースがちゃんと来てくれるんだって父も母もそう言っていたからそうなんだってハルは信じていた。でも、学校じゃ、みんな「ばっかみたい!まだ信じてるの?そんなのいるわけないじゃない!!だまされてるよ!!」そうみんなに言われた。

そういわれると本当のところはどうなんだろうってちょっと疑り深くなてしまった。そこで小学校六年生の12月23日、急にそれまで「これがほしいなぁ。もらえたらいいなぁ。」てずぅっとそれまで言ってたヘッドホンステレオから「やっぱり電子手帳にしようっと。あれ高いけど大丈夫かなぁ。」って言ってみた。これで、父親に探りを入れてみたのだ。父親は急に慌てて「そんな急に変えられたらサンタさんもこまっちゃうんじゃないの?」そういう。「え?なんで父さんがあせってるの?やっぱりサンタさんっていないの?サンタさんに頼むんだから父さんには関係ないじゃない!!」って言い返した。

すると父は「そうだよね。サンタさんにお願いしているんだもんね。」とだけ言って出て行ってしまった。

そしてクリスマスの朝、ちゃんと電子手帳が玄関にはありました。今、さすがにサンタさんはいないと知り、父に当時のことを尋ねると

「あの時は大変だったよぉ。どたんばで欲しいもの変えられるなんて夢にも思わなかった。でもね、どうしても夢を失ってほしくなかった。だからそのためにはなんとかしなくちゃって思った。だから夜中、もうどこも閉まっているおもちゃ屋さんをかたっぱしから訪ねシャッターを開けてもらって手に入れたんだ。大変だったなぁ。」と話してくれた。ヘッドホンステレオももちろんもう購入してあったみたい。そこまでして夢を失わせたくなかったなんて。

いっぱい稼いでいただろうけれど普段はあまりモノを買ってはくれないし話さない父。店頭でどんなにハルがふたつのもので迷ったとしてもそれがどうしても明日学校で必要なものだった利するのではない限り容赦なく二択に決着をつけるよう求められた(^-^;)

だからこそ、こんなに高額なものを二つも同時に用意するのは父にしてみればちょっとした覚悟が必要だったかもしれない。

あの日、こんなドラマが裏で展開されていたことを知ってからは、熱い愛情を注いでくれていたんだなぁっていうことをしっかりと実感できました。ありがとう、父さん。

そしてそこまでしてでも夢を持ち続けることを大事にしてほしかったという父に感謝して夢をちゃんと持ち続けてキラキラし続けられる人でありたいですね(´∀`ฺ)

これは、やっぱり今日、クリスマスの朝になるといつも思い出すハルの中での一生の思い出のひとつです..+’(∀◕ฺ)..+*

|

« もっと... | トップページ | 時の流れの図♪ »

コメント

ハルちゃん、こんにちは。

今年もステキなクリスマスを過ごしてますか?

クリスマスの思い出、親のありがたさがかんじられますね。
ドラマの1シーンを見ているようです(^_^)

うちの子供達もどこまで本気でサンタさんを信じているのかわからないけど、けっこう好き勝手なことをお願いしてます。
夢は壊したくないし、でもムリはムリだし・・・
その辺の駆け引き?が楽しいクリスマスです。

投稿: ゆるるん | 2006年12月25日 (月) 17時32分

ゆるるんさんへ

ふふふ♪このことで父のことがちょっと好きになりました。それまではっちょっと反抗期で父を避けていましたが...

そうですねぇ!!駆け引きですよね。子供はどういう風に考えているのか。また子供によっても違いますよね。でもみんな夢は持っていて欲しいですよね♡→ܫ←♡♪

投稿: ハル | 2006年12月29日 (金) 08時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/4668801

この記事へのトラックバック一覧です: クリスマスといえば...やっぱりこの事を思い出します(๑→‿ฺ←๑) :

« もっと... | トップページ | 時の流れの図♪ »