« あぁ、ととと... | トップページ | 事実を知るということ。 »

2006年9月 8日 (金)

自ら!!

Photo_128 習い事をしたいな、とか何かクラブに入りたいなってふと思ったりすることがある。でも、ハルはいっつも結果こんなことになってしまう。それは

例えば、小学校一年生のとき。ハルの通っていたその学校では、土曜日の3,4時間目は、クラブ時間というものになっていた。そこには、色々なクラブがあって、好きなところに行って好きな風に遊んでよかった。所属というかたちではなく、その日の気分で、行ってよかったのだ。

で、ハルはそのころは一輪車にはまっていたので、一輪車だったり、あとは竹馬に乗ったり、とにかく体を動かすことばかりしていた。

ところがある日の朝、女の子のある一人のお友達に「ハルちゃん、一緒に、おはじきお手玉クラブ行ってみない?」って言われた。え??おはじき?お手玉??そんな女の子っぽい遊び?行ったことないなぁ(^-^;)けど面白そう!!やってみたことないことは、好奇心がくるもの(ิܫิ)そう思ったらなんとなく行ってみたいなぁって思ってしまった。

その日、クラブの時間が来ると、初めてのおはじき、お手玉クラブ。色々なキレイなお手玉やおはじきにびっくり!!こんなのもあるんだぁとか、へぇ、すごぉおい!!って感心してばっかりだった。お手玉のやりかたやおはじきの遊び方をこの普段はドロだらけになってお外ばかり走り回っているハルという珍しいお客さんのために、担当の先生はニコニコしながら教えてくださった。

でも、ちょっとした頃、「ハルちゃ~ん!!」と呼ぶ声。振り返るとそこには、いつもの一輪車仲間の女の子。竹馬仲間の男の子。「あれぇ??どうしちゃったの?」と返すと、「それはこっちのせりふだってぇ(^-^;)どうしちゃったの?お手玉おはじきなかやっててびっくりだよぉ。今日は一輪車は?竹馬も!!今からでもいいから一緒にしようよぉ。」う~んたしかに体がうずくなぁ(^-^;)とにかく動き回るの大好きだものねぇ。でもおはじきやお手玉も面白いんだよねぇ。

「じゃあ、ちょっとだけ、そっちいってまた戻ってこようかなぁ。」っていうと、お手玉、おはじきを一緒にやっていた子も「ねぇ、ねぇハルちゃん、あたしもそっち行ってみていい??」というので、一緒に行くことに。

そしたら、今度はそっちに夢中になる。でも、そのうち、どっちに行けばいいのかわからなってしまってちょっと困っていると、そこには、さっき20分休みに遊んで置きっぱなしにしてしまっていた長縄が!!

ハルはひらめいたのです..+’(∀◕ฺ)..+* よぉし!!これだぁあ!!ハルは周りで一輪車をしていた子に声をかけ、やろうってさそった。やり始めると、どんどん周りから人が集まってきた。今までにクラブで長縄なんてやることはなかったものだから(^-^;)

一輪車をやっていた近くの子達はもちろん、竹馬に乗っていた子達も、あれあれ??気づけば、サッカーをしていた子達も、キックベースをしていた子達も、集まって一緒にやっているではありませんかぁあヽ(・ω・*)

「ハルちゃん、長縄まわしてあげるからハルちゃんも跳んだら??」気づくと、そこにいたのは、あのおはじきお手玉クラブの先生だった。せ、先生、までぇ??そ、そっかぁ。ハルがこんなことやりだしてしまったせいで、あそこのクラブの子達、ここに集まってきちゃったからなぁ

どんどん、集まってきて、おっきな集団になってしまった。たぶん50人以上だったような(ิܫิ)それで、みんなで、せ~の!!で、跳ぶっていうのを何度も何度もやって盛り上がった。

ハルはどこのクラブに行けばいいのか迷っているうちにそう、自らで新しいクラブを作ってしまっていたのでした(^-^;)小学校一年生のハル。よくも大胆にそんなことできちゃったなぁって思った。もちろん、その日限り、成り行きで、ってことになるだろうって思ってたのにこの光景を校庭に面した職員室から大勢の先生がたが見ていらっしゃったらしく、こんなチビハルが、同級生だけではなく、5,6年生の上級生の子達までどんどん引っ張ってきちゃってひとつのクラブにしちゃっていることにびっくりしていたらしかった。

それで、その日クラブが終わること、とうとう校長先生まで、出てきてくださって、「いやぁ、実に楽しそうだね、みんな。ハルちゃん、すごいなぁ。周りのクラブの先生参ってたよ。あなたにすべてクラブの部員さん、とられちゃったよぉってね。」といってにこにこ笑っていらっしゃった。

その日以来長縄クラブが出来てしまった。もちろんだからといってハルはそこにずぅっといなくちゃだなんてこれっぽっちも思わず、好き勝手にその日の気分で、好きなクラブに行っていた()

こうやって、いつもハルは何かしようかなぁって思ったとき、最終的には自らで考案してしまって、それで新しいものを作ってしまってきたように思う。だからかな今は、塾も他経営の塾で雇われて教えているけれど、やっぱりどうしても自ら、ハルハルスーパースクールを作りたい。子供の頃のようにお遊びじゃないから簡単には行かないだろうけれどだからこそ、その壁を突破してみたいなぁって最近どんどん強く思うようになってきた。自らでも、そこには、必ず周りの支えがあってのことだ。だからそういった人たちへの気配り、感謝の気持ちを忘れずにレッツゴーゴー!!ですね(´∀`ฺ)

|

« あぁ、ととと... | トップページ | 事実を知るということ。 »

コメント

ハルちゃん こんばんわ
昔からそんなスーパーな子だったんですね!!
今、中学校のクラス、学年対抗の長縄もあるし 今度ある体育祭も 長縄って必ず競技にあるんだよ。
それってクラスの団結を強くするらしいです。
みんなをまとめちゃうハルちゃん。
そのパワーで ハルハルスーパースクールを必ず実現してくださいね。 楽しみにしています♪

投稿: マヤmama | 2006年9月 9日 (土) 00時47分

マヤmamaさんへ

へぇ!!今は競技になっちゃってるんですねぇ!!

たしかに、あれは団結力が生まれますよぉ。みんなの気持ちがばらんばらんでは絶対にうまくいきませんからねぇヽ(・ω・*)ノ

そうかぁ...

個性もなくしてはならないし、とっても大切ですが...それと同時にやっぱり、みんなで、ひとつのものを作り上げていくのって社会に出て行くためのお勉強のひとつにもなるし、大切なことでもありますよね(๑→‿ฺ←๑)

投稿: ハル | 2006年9月 9日 (土) 08時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/3363851

この記事へのトラックバック一覧です: 自ら!!:

» anna gianni trentino [anna gianni trentino]
appartamento hotel mese luglio croazia appartamento affitto roma vacanza annuncio ragazze single brescia [続きを読む]

受信: 2006年9月 8日 (金) 23時34分

« あぁ、ととと... | トップページ | 事実を知るということ。 »