« 東京ノ県庁所在地ッテドコデスカ?? | トップページ | みやさこぉお、ですっっ!! »

2006年7月31日 (月)

消しゴム...

この前、大学生の定期試験の試験監督をしてこんなことを思い出した。

テストといったらハルの中では、忘れられない出来事があった。

ハルは、いつもは、すっごくおおざっぱで、小学生の頃なんて、時間割だってめんどくさがっていて、週に一度しかない図工だったり、書写の教科書が一週間ずぅっとランドセルに入っていて「いつ、急に科目が変更になってもモーマンタイ!!」なんて言ってた。普通は、先生が言わない限り、みんな別の教科書なんて持ってきてないんだから、当日に科目変更などあるはずがないのだけど(^-^;)

まぁ、そんな子だったのですが、それでも、忘れ物はあんまりしたことがなかった。なんとなぁく、人に物を借りることが好きではなかったからだと思う。テストのときも筆記具を忘れたことはなかった。

逆に、いつも消しゴムや鉛筆類は多めに持っていた。そうすると、誰かしら必ず、青い顔をして「ねぇ、誰か、ふたぁつもってないの?」って聞きまわっている子に遭遇する。それで、「持ってるよぉ。じゃんじゃん使っていいよぉ!!」ってハルが言うのはいつものことだった。

中学入試のとき、このときもまた消しゴムは3つ、鉛筆はラッキーセブンだぁ!!なんて言って、7本も丁寧に削って筆箱に入れてきていた。

いつもの学校内のテストと違って、周りは見ず知らずの初対面のライバルたち。こういうときは、さすがにみんな神経質になっていて忘れたりしないものなのかなぁ、とは思ったのだけどあ!!ハルのふたつ前の席の男の子!!きょろきょろあたりを見まわしている。そしてまだ小6で、幼い顔つきの彼は今にも泣き出しそうな顔をしていた。

ありゃぁ、どうしたんだろ?そう思ったら放っておけなかった。テスト前は、最終チェックだから、漢字なり、算数の公式なりを書いたノートを復習して準備しようってあれだけこころに誓っていたのに(^-^;)

とりあえず、そこまで歩いていって、話しかけてみた。

「どうかした?顔色悪いんじゃない?」すると

「あのけ、消しゴムないんだ。ないんだ。」って、か細い声で言ってうつむいてしまった。

「あはは!!なぁんだ、そんなん、ハルが貸してあげるよぉ。だってね、ハル3つも持ってきちゃったんだぁ!!鉛筆はね、ラッキーセブンで7本もだよぉ!!」おいおい!!だれもそこまで聞いてないってば!!って今のハルなら突っ込みいれたくなるほどまくし立てていた気がする、周りなんておかまいなしに。そしてびっくりして声も出せない彼にハルは自分の席に戻って持ってきたひとつの新品の消しゴムを差し出した。

「これ、いいでしょ?ハルが世界で一番消えるって豪語してるMONO消しゴムだよぉ。あ、どうでもいいね!!じゃあ、遠慮せずにがんがん使ってね!!っていうか持って帰ってくれていいからね(´∀`ฺ)」っていうともう試験が始まる寸前で、先生が入ってきた。

急いでまた自分の席に戻った。でも、なんだかあの子が消しゴムを使えるから安心した。

持ってきててよかったぁ、3つも!!だって算数は、もちろん、ここの入試問題、国語だって、記述が超いっぱいだし、消しゴム無しでなんて到底挑めないもの。

試験が始まった。算数む、むずかしいぃいヽ(・ω・*) できん。頭がパニック!!国語この文章、どう考えても、伊豆の踊り子なんだけど、「作者はだれですか?」誰だっけ?川端康成が全然出てこなかった(^-^;)もぉ、わけわからずに、この前読んでいた俳句の絵本に出てきた「柿本人麻呂」しか出てこない。これ、書いちゃえやぁ!!で、書いてしまった。とほほ(^-^;)

3日後。なんとハル、受かってた。なぜだろう??でも、確かに次の年採点してみたら、合格点に達していた。なんでだろう??よくわからないものだ()

でもそのとき探してみたけれど、あの子の姿はなかった。中学校の入学式の日も探してみたけれど、あの子はいなかった。

あの子は、合格しなかったのだろうか。または、いまごろ、別の中学校に合格して行っているのかもしれないな。

入試のあの日。たった一度だけしか話さなかったあの子。またきっと会えるに違いないさ!!って頭のどこかでそう思ってあの時は深く考えていなかったのに。まさか、もう会えないなんて(´・ω・`)

でもハルがこのことを未だに忘れずに覚えているように、あの子も覚えているかもしれないな。もう社会人になっているのか、ハルとおなじく大学院生になっているのかな。

テストといえばいつもそのときのことを思い出してしまうのだ。

|

« 東京ノ県庁所在地ッテドコデスカ?? | トップページ | みやさこぉお、ですっっ!! »

コメント

ハルちゃん こんばんわ
良い話だね~ なんていうかきっとハルちゃんじゃなかったら 消しゴムなんて貸さないよね。(笑)その子もきっとビックリしてたんだろうけど、絶対に忘れないよ。ハルちゃんの事! もしそこの試験に受かってなくても、きっと一生の恩人て思っていると思うよ。
人の恩て忘れないものだよ(o゜∀゜o)

投稿: マヤmama | 2006年7月31日 (月) 21時43分

マヤmamaさんへ

あはは!!3つ持っててよかったぁああ!!ってちょっと思いましたぁ(→ิܫ←ิ)

でも、高校のときの定期テストでは、3つしかもってないのに、3つとも貸してしまっていることにテスト始まってから気づき、ハルはなぁにやってんだよぉって思いながら、シャーペンの上についたちっちゃな消しにくいあのケシゴムをごりごりやってがんばって消したことも(^-^;)おばかさんです、ハイ(笑)

人の恩かぁ...恩ってほどのことじゃなかったかもしれないけど、でも、あのとき貸してあげられて本当によかったぁって今でもそう思います♡→ܫ←♡♪

投稿: ハル | 2006年8月 1日 (火) 07時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/105309/2873381

この記事へのトラックバック一覧です: 消しゴム...:

« 東京ノ県庁所在地ッテドコデスカ?? | トップページ | みやさこぉお、ですっっ!! »