« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

ま、まけましたぁあ(^-^;)

昨日は、1日中、ぼぉっと色々考えていました。三足のわらじを履く自分のこと…。
なんだか外はむしむししているし、ハルは、むしゃくしゃしてくる自分の気持ちを落ち着かせようと近くの自動販売機で炭酸を買おうとしたら、なんだか見たこともないようなものが!!

「ヴァイタミンC」と書いてある。ん???待てよ…
(え~。ここからは、自動販売機を前に、ハルが心の中での独り言のシーンであります。)

「ヴァイタミン??あ~!!ビタミンの,,,ことですかぁああ(゚Д゚?)なぁんで、ヴァなんて…かっこつけちゃってぇえ!!そうしていいのは、バイオリンをヴァイオリンってするくらいだよぉおお!!そんなヴァイタミンだなんて…そんなキザなのは、ハル、飲んであげないんだからぁああ!!

いや、だれも頼んではいない…と、ちびまるこちゃんのナレーターさんに突っ込みを確実にいれられるだろうな!!」
なぁんて、そんなビタミンが、ヴァイタミンになってたくらいで、いらいらしてる自分にも、そしてそんなときでさえ、一人でつっこみをいれてる自分にあっはっはぁ!!と笑うしかなかった(→ิܫ←ิ)

もっとこうやってぼぉっとしていたいな、今日は…。でも、時間は、待ってはくれません。夕方、塾で教える時間がやってきました。行く前にちょっとデパ地下に行ってみる。
「ハイ、ハイ、しゃけこんぶね、ハイ、おつぎは、しじみこんぶね、ハイ、さらには、いかこんぶねぇ!!」…色々なお店が並ん出いる中で、ひときわ甲高い声を張り上げているお店が。
なんだか、北海道からやってきた、昆布と海鮮の本格的なふりかけというかお茶漬けなどにもなるソフトふりかけ?のようなものを販売していた。みんなしきりに食べてる。

ふふふ(→ิܫ←ิ)どれだけへこんでたって、食欲だけは旺盛なハル(^-^;)近寄ってみると…
「ね、おねえちゃんももっと近寄っておいでよぉ。ほら、このしゃけこんぶのはいったおにぎり、ね、ほら、しゃけだけに、頭もからだも食べたら、しゃけっとピンピンするよぉ!!しゃけっとねぇ!!ハイ、ハイ!!」と言う。
「あはは!!」今日はじめて笑ったよぉ(✿ฺ´∀`✿ฺ)
すると、「いやぁ、おねえちゃん笑ってくれて、ありがとうねぇ。なかなか主婦のみなさんにはすべってしまって、笑いがとれないのよぉ。これでもめっちゃがんばってるんだけどね。」と言う。サービス精神の旺盛で、おなかいっぱいになっちゃうほど、たっくさんそこにあるものすべて、振舞ってくれた。
「ところでさぁ、おねえちゃんは、何やってるの??学生さん??OL?」
三足の…わらじ…
「えっと...三足のわらじをはいてるの。大学院生、作家、塾講師。」
「サッカー??ってなに??サッカー教えてるの??」…あららぁ、このまえに続き、またまた間違えられちゃた(^-^;)
「ううん。作家!!本、書いているの。」
「へぇ!!色々がんばてるんだねぇ!!おれもさ、北海道からここまで、はるばるやってきてさ、すっごくがんばってるんだよぉ。名刺交換ね。ハイ、これ。」
「あ!!ハルも。ハイ!!写真つきなんですよぉ!!えへへ。…」写真つき(๑→‿ฺ←๑) 誰にでもすぐに覚えてもらえるかなぁって思ってそうした、最近のえきたてほやほやの名刺。

すると、「あははぁ!!でも…オレの勝ち~!!ほらっ!!オレの写真のほうが、おっきい~(笑)」そういいながら裏返すと..どぉおん!!ハルの三倍はあろうかというほどに大きな彼の写真がぁあヽ(・ω・*)ノ
「ま、まけましたぁああ!!あ、でも、気合いと根性は、負けないからぁあ(笑)」ってすかさず、言い返すハル。
「いいねぇ。お互い、じゃあ、世に広めあいっこだよぉ!ははは!!」と言う。
すると、近くにいた、お客さんたちまでも、
「なになに??おねえさん、あたしにも名刺くださいよぉ。」と言われる。

気前よく主婦集団に配ってまわる。
「ぜひぜひよろしくですよぉ(✿ฺ´∀`✿ฺ)」そんなことをしているうちにハルはとっても元気になっている自分に気づいた。

いやなことがあっても、やっぱり人と接することは、大切で、切手も切り離せないことだということ。
そして、みんなからの励ましの言葉に、やっぱり自分は自分だから…自分の出来る限りのベストを尽くして、大学院だって続ければいいのかもしれないな、と思えてきた。

夜、塾が終わると今度は、ハルのエッセイのなかの登場人物の一人に会う。登場人物。つまり、ハルが大切なタカラモノに思っているお友達。普段は息してるのっていうくらい、二人ともマシンガントーク。でも、昨日は、本当にハルの話を真剣に聞いてくれた。いっぱい聞いてくれてありがとう、紫ちゃん(๑→‿ฺ←๑)

こうして、昨日のハルの1日は終わった。色々悩んだけれど、うん、逃げないでハル、また前に進むぞぉおお!!また悩むこともあるだろうけれど、そしたらまた考えて、そしてまた進んで、を繰り返せばいいじゃないかぁ!!だって…一人じゃないものね。みんな応援してくれている。だから、ハル、がんばるよぉお゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ がんばってぇえ、いきまっしょぉおい(✿ฺ´∀`✿ฺ)


| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月29日 (木)

優先順位!!

1日にやりたいことはたくさんある。だけど、1日は24時間という時間の制約があり出来ることもまた限られてくる。

昨日は、大学院の英語の論文を読むこと、学生実験のアシスタントをすること…大学に行けばハルは学生であり、次々とやることはある。

そして、さらには、大学の本屋さんにお世話になっています、の挨拶を欠かさないことや、ハルちゃんの本買ったよぉ!!って言って声かけてくれてる人にはちゃんとお礼をいわなくっちゃ、っていうこのときは学生じゃなくって作家モードで。

さらには、塾に行けば、もうそのどちらでもなく、完全にハルちゃん先生モードに変身しなくてはならない。

常日頃、この三足のわらじを履きこなしているつもりだった。だけど、ここのところ、色々なことがありすぎて、自分が1日にやりたいなって思ってたことがなかなかすべて消化しきれないことが多くなってきていた。

それで、いったい自分は何を一番にするべきなのかな??それを考えてみた。よく考えてみると、とにかくその日にやることは、書き出したり、頭の中に描いていたりはしていたけれども、そのうちで、何をまず片付けるべきか、つまり「優先順位」というものをあまり深く考えていなかった。

でも「成功者の共通点」は、もちろん熱心な努力や、幸運、人間関係の手法なども大切だけれど、何よりも大切なのは、「重要事項を優先する」ということだ、ということを知った。

そうかぁ。自分が今、この瞬間に何をすべきか、それを明確にしていなければ、自分の思い描くようにはならないんだなぁと納得した。

昨日は、さらに、明大のハルの校舎ではなく御茶ノ水にある駿河台リバティー校舎の学生で、ハルの本を買ってくださって、サインしてほしいということだった。

学生実験のアシスタントは、お給料をもらってやっているお仕事であって、ハルの勝手にはいかない。火曜日の絶対必須事項だ。レポート作成、これもあいているときにやるしか方法がないので、やらなくっちゃかな??でも、ハルはちょっとばかり考えた。ハルにとって何が今、一番やりたいこと??

自分に問いかけた。すると、大学院生としてのハルではなく、作家としてのハルを優先させたかった。
つい先日、父からのまた久しぶりの電話。「大学院はどう?」の言葉に、
「…それが…なんかあんまり行く気がしないんだ。ものすごぉく落ちこぼれって感じで、ハル、遺伝子操作方法とか全くお勉強してこなかったから、全然本当にわからないのに、
<なんで、そんなこともわからないの??>って仲間に言われたら、くやしいから学んでやるぅって思ってがんばってもいいものなのにさ、ハルにしては珍しく、だったらいいさ!!別にこれに固執しなくったって!!って思ってなかなかそれに関してがんばろうって思えないんだ。でもさ、高~い学費払ってもらってるしね…」父は、昔から、習い事とか、○○をやれ!!とは言わず、ハルがやりたいって言えばいちおうやらせてくれた。

でも、「高いお金払ってるんだから、きちんと行きなさいよ」とよく言われた。ハルはその言葉がなぜか妙に頭の片隅に残っていたものだから、今回もそういってしまった。

「なぁに言ってるんだ??そんな、自分が無理してまで、お金払ってもらってるからって我慢して行かなくたっていいさ。こっちのことは全く気にしなくていいよ。真理ちゃんが思うようにするべきでしょう。」そういった。意外だった。

なんか一瞬で、ぱぁっと心が軽くなっていくのがよぉくわかった。その言葉を受けて、さらに優先順位をつけられる気がした。確かに、普通は、世間一般からすれば、これから先、就職とかするうえでは、大学院にちゃんと行ってがんばっておいたほうが、高学歴だし、有利だよ!!と言うのかもしれない。

でも、ハルはそんな無理した、我慢した学歴なんていらない!!そんなに自分を殺してまでも学歴に頼るほどやわじゃないさ!!それじゃ、自分に対して失礼だよ!!それがなくなったからもうおしまいになっちゃうようなハルじゃないでしょ??そう言い聞かせた。

逃げているのか??そういう声もこころのどこかから聞こえてきた。いや、でもそうじゃないんだ。一番に優先したいことを今やるべきことではないんだ。

学生実験が終わると一目散に学校を後にして、御茶ノ水へと向かっていた。
ハルが次に一番優先したかったこと。それは、自分の実験でもなく、レポートでもなく、英文を読むことでもなく、たったひとり、待っていてくれる、ハルの本のファンのかたにサインをしに行くこと、お会計のあのレジ横の一等地に平積みで置いてくれているという本屋さんに対してお礼を一言だけでも言いに行くこと。
そのたったひとり待っていてくれたハルの本のファンだという彼は、とても温かい人だった。
「何かひとつ語録を書いてくださいね。」サインするとき、彼はそう言った。
「ふふふ(→ิܫ←ิ)じゃあ、ハルハル語録の中からひとつね。」といって、ハルは書き始めた。

やった後の後悔はやらなかった後の後悔よりも必ず道は開けるぞぉ!!

就職活動中の三年生。そう会った時に教えてくれた彼。だから、ハルは考えた末、このことばをそんな彼に贈ることばとした。するとおもむろに何かを出し、ハルに手渡す。

あ!!それは、普通のサイズのものの役1/6サイズの小さな封筒だった。小さく、「ハルさん」と書かれていて、裏にはカキ氷のシールが貼られていた。お手紙だぁ(✿ฺ´∀`✿ฺ)
うれしかった。温かかった。

今まで、まぁ、大学院という肩書きがあるから…っていう変な妥協がどこかにあったような気がする。でも、たとえ、その肩書きがなくなっても、ハルは自信を持って生きていけるぞ!!そうなろうって思った。

※写真→カキ氷のシールつき、お手紙♪一生のタカラモノ♪

そして、お財布から...あ!!のぼちゃんにもらった和紙に書かれたお手紙!!「みんなそんなに強くはないから、だからあなたが倒れそうなときは支えてあげるよ、大丈夫だよ、ハルちゃん」...涙がでたよ(→ิܫ←ิ)

Photo_63 1 2

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月28日 (水)

Win-Win!!

塾の小学生が、昨日授業が始まると早々にこう言う。
「ねぇ、ねぇハルちゃん先生!!あのね、修学旅行にこの前行ってきたんだけどね、もぉ、びっくりすることがあったんだぁ。」目をキラキラさせながら。

「えっ?なになにぃ??日光だったよね。う~ん、何だろう。」

「あのね、色々見てまわったのもすっごい良かったんだけど、そうじゃなくってね、一番いいなって思ったのはね、ホテル!!ホテルの水道なの(✿ฺ´∀`✿ฺ)」

え??なになに?水道(゚Д゚?)

「あのね、そのホテルの水道ね、蛇口をひねるとね、麦茶でてくるんだよぉ..+’(◕ฺ∀◕ฺ)..+* 」

えぇ??もうびっくりの連続だヽ(・ω・*)ノ
「ねぇ、それ本当なの?先生そんなの一度も聞いたことないよぉ。じゃあそのホテル独自で、そういう回路をつくってるってことなのかなぁ??」

「でね、蛇口がいくつかならんでるんだけどね、その右半分は冷たいの。で、もう半分はあったかいの。で、一番端の一箇所だけはお水なの。」と続けた。

いったい、どうやって引いてきているんだろう??なんだか聞けば聞くほど、本物を見てみたいと思った。

聞いただけでは、なかなか想像がつかなかった。ホテル側の考えをちょっと知りたくなった。

どういう意図があって、そうしているのだろう。そのホテルはこの子達のような小学生の修学旅行などの宿泊施設として主に利用されているところみたいだからあえてそうすることで、サービスとしているのだろうか。

それにしても、とっても面白いなって思った。

オトナにとっては、そんなにうれしい!!って思わない人もいるかもしれない。でも、小学生だったら、こういうのはきゃっきゃ言って喜ぶだろう。

現に、彼女は、こんなことも言っていた。

「あのね、そのホテルからどこかへ出かけていくときはね、そこで、水筒に麦茶をいっぱい入れていくの。冷た~いのを魔法瓶に入れていくとね、一日中冷たいままなんだぁ!!」と。

観光地の宿泊施設もやっぱり競争があるだろう。でも、そのとき、こういったサービスは、とても印象に残り地元に帰ってきたこどもたちがその話を親や、ハルみたいな塾の先生に話したりしてどんどんクチコミで、広がっていく。

それは、目の着けどころ、つまり、着眼点にキラリと光るものがあるっていうことだ。

顧客の客層などから、どうしたら喜ばれるか、それをしっかり考えているんだろうなっていう気がした。

自分たちの理想を追求して、経営者や従業員たちが自分たちの思うがままに作り上げていくことは、簡単なことかもしれない。

でも、まずは顧客の立場に立って考え、そして自分たちの立場にも利益をもたらす双方にうれしい発想がいいなってそう思う。

大好きな「七つの習慣」という本の中には、「Win-Win」という言葉が、登場する。

これは、自分も勝ち、相手も勝つ。それぞれの当事者が欲しい結果
を得る。ということ。

たとえば、「Win-Lose」だったら自分は勝つが、相手は負ける、ということ。

「Win」だけだったらば、自分だけの勝ちを考える、ということになってしまう。これだったら、人間関係の「関係」が成り立たない。

そうではなくって、「Win-Win」!!

特に経営の立場だったりすると、人間関係において、相手側と自分側の双方の相乗効果をかんがえるならば必須の考え方だなぁって思う。
それには、大切なことのひとつがこの着眼点!!そして斬新な発想。

そのためには、たくさん自分を磨かなくっちゃ..+’(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

昨日、塾のその授業が終わって、家に帰る帰り道そんなことを考えながら帰ってきましたぁ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

<宣伝>
つい先日、ハルの書いたエッセイ「モウスグ春ノデス!」が全国出版されました。
店頭には数少なく、注文になってしまうかもしれませんが、ご注文は全国にあるすべての書店にて受け付けています!!ぜひぜひ、ハルハルワールドを応援よろしくです..+’(◕ฺ∀◕ฺ)..+*


| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月27日 (火)

ぽかぽかをありがとう!!

土曜、日曜と二日間、続けて朝から、夜まで劇団ファンキーハニーの公演のスタッフ、間のショートレビューでのMCを経験させていただきました。

土曜日の公演初日に臨むにあたり、実は、ハルはとても複雑な気持ちでした。
本当にずぅっと前からこの日をとっても、とぉっても楽しみにしていたのに…

前日、思わぬことが起きました。なんとハルの7月15日出版予定のエッセイがもう店頭に並び始めたという知らせが、あるひとつの都内の大きな書店の店長さんからありました。
「だから、お友達にすぐに、知らせてあげてね!!」そう言われ、もうびっくりして、舞い上がり、喜びを隠し切れずに、みなさんに連絡したりしました。

でも、世の中に出るということ。それがいったいどういうことなのか、ハルはちょっと考えが浅はかだったようでした。

たくさんのみんなが応援してくれて、なんとおうちに「買ったからサインしてよ」って着てくれる子もいたりで、とってもとぉっても感動だったのですが…

中には、ハルの心を痛めつけるようなそんな卑劣な言葉もありました。たった、ひとつのその言葉に、ハルは苦しみ、なかなか自分の中で消化しきれずにいました。

世の中に出ること、それは賛否両論が四六時中付きまとう、そんなことはちゃんと頭では理解していたのに…どうしても、こころはついていけませんでした。

よぉし!!土曜は、もう気持ち切り替えていくぞ!!絶対、表情になんてださないぞぉ!!そう思ってがんばっていたつもりだったけれど、やっぱりこころのどこかではそのことをひきづっていました。

初日、受付、お茶の販売、MCで、ハルの1日はあっという間に過ぎ去っていきました。

そして迎えた2日目の最後の4公演目。MCは、なんとマイミクののぼちゃん、M@KOTOさん、タクさんとの4人での共演が実現され、そしてさらには、公演を見せてくれるというのです(→ิܫ←ิ)

やっと、やっと見られる~!!ずぅっと楽しみにしていたファンキーハニーの公演だぁ!

のぼちゃんと二人並んで観客になりました。

公演が始まりました。「あなたのためにできること」が今回のタイトル!!

みんなひとりじゃないんだ!!友は苦しみを半分にし、喜びを倍にするんだ!!

ばらばらだったみんなのこころは次第に一体感を増し、みんなで、ひとつのものを創り上げていく。

じぃんと胸の奥まで響くせりふの数々。そのなかでも、ハルが涙が思わず出てしまったのは、役者Mc ふあんそわーずさん演じる富子のおばあちゃんのお手紙の中の言葉。

「続ける」という才能、という言葉。それに、はっとさせられ、自分と重ね合わせ思わず、大粒の涙がぽろり。

今は、まだまだ、作家としては駆け出し中のハル。今までいろぉんなことをやって経験してきたってそうおもったけれど、まだまだ世の中を甘く見ているんだなってそう思ってた矢先のこの公演。

でも、こつこつ、こつこつ。とにかく、地道にまじめに正直に前へ前へ進んで、続けていく。続けることもまた才能なんだっていうことを知りました。

お芝居の世界。ハルには味わったことのない知らない世界。

MC_全身がしびれるほどの緊張だったけれど、最後には楽しくてしかたなかった…場数を踏むことで、いいかたちで慣れていって心地よさがでてくること。度胸がついたこと。

全体を通して_みんなで、ひとつのおっきなものをつくりあげていく一体感。陸上など、単独のものばかりをやってきたハルにとって新鮮な世界だったこと。
これは、この2日間でハルが新たに得たタカラモノです。

始まるときにはもうどん底だったハルの冷え切ったこころは、この公演がおわるとき、ぽかぽかと全身があたたかく変わっていることに気づきました。

ファンキーハニーのみなさん、今回のスタッフの皆さんいい経験をどうもありがとう。

そして、きっとハルはこれからもこつこつ、地道に前向きに成長を重ねて行きます。

ぜひぜひ応援よろしくお願いいたします(✿ฺ´∀`✿ฺ)

写真はのぼちゃんとハル。MCを終えた直後に、物販スペースでにて!!のぼちゃんとの初共演だよぉ(→ิܫ←ิ)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2006年6月26日 (月)

今を...

Photo_60 みなさん、昨日はたくさんのお祝いの言葉をいただいて本当にありがとうございましたぁ!!

昨日、おとといは、劇団ファンキーハニーさんの公演スタッフをやらせていただき、MCや、ハルの本の物販スペースまで作っていただいちゃいました!!本当にどうもありがとうございまぁす!!

初めての舞台のスタッフというお仕事。そこには、表で活躍する団員さんの団結力、陰で支える人たち団結力、双方によって成り立ってゆく大きなパワーを感じました!!

ひとりひとりがそれぞれの役割を担って動き回る。たとえひとりでも、「自分ひとりくらいなんてことないやぁ!!」って言う人がいると、それによってすべての進行がかき乱され、くるってしまう世界を目の辺りにしました。

ハルの全く知らない世界。それをまたひとつ見せていただき、経験させていただきましたぁ!!

夜の公演でのMC!!急に「やっていいよぉ!!」と言われ、その瞬間、とぉってもうれしかったのと同時に、ものすごぉい勢いで心臓がどっく、どっく、どっかん、どっかん、びっくりするほどの音を立て始めました。

どうしよう!!たしかに、今までハルは、前にも書きましたが、パンを数時間で300個売ったり、そういうセールスにはかなり自信を持って挑んできたけれど、でも、たっくさんのお客さんを同時ンい目前にして一人で、話すなんて…

よぉく考えたら、中学校のときの弁論大会以来??ん??違ったかな??と、そんなレベルでしたぁ(๑→‿ฺ←๑)

舞台のすそで、自分の番が呼ばれるのを待っているとき、自分でもびっくりだったけれど、手の先っぽから足の先まですべてがあまりの緊張で、しびれてきてしまいました。

落ち着け!!ハル!!そう何度も何度も言ったけれど…ますます、心臓の音はグレードアップするわ、全身完璧にびりびりしびれるわで、大変な状態でした。そのとき、真っ暗で、だれだかわからなかったけれど、ファンキーハニーの役者さんのひとりのオンナの方が、ハルの向かってこういってくれました。

「自分の話をこんなに大勢の人が聞いてくれるのですよぉ!!こんなにステキなことはないじゃないですかぁ(๑→‿ฺ←๑) 」って。

うん!!そうだ!!ハルの話をこんなに多くのかたが聞いてくださるのだもの!!何も恐れることはない!!堂々と自分を出していけばいいんだぁああ!!ってそう思ったら自然と体が軽くなって、よぉおおおし!!行っちゃうぞぉ!!モードに切り替えられましたぁ!!

すると、そのとき、タイミングよく、ふたりの役者さん、タクさん、M@KOTOさんがふたりのコントの間に入れてくださるかたちで、名前を呼んでくださって、ハルは、走って舞台へ駆け上がり、もうわけわからないことを話していたかもしれませんがとにかく、本のことをしゃべり、みんなにがんばって伝えましたぁ!!

さらに昨日は、アサヒ飲料さんが提供さんで、新商品べにふうき茶も販売ってことで、ハル、久々、セールス・ハルハル全開で、はりきり、売りまくりましたぁ(ノ∀`♥)

色々な経験を1日でさせていただいて…おぉっと、今日もまた1日お世話になるんだったぁああ!!さぁ、もう出かけないと…

毎日、毎日、すこしずつ、経験を重ねていくこと。その地道な努力を忘れずに、
自分を支えてくださる、アドバイスをしてくださる、関わってくださるみなさんに感謝の気持ちを忘れずにがんばっていっきまぁああす(*≧∇≦*)☆彡

今を…とにかく突っ走ろう~~~゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

写真左から…ファンキーハニー、昨日、今日の笹塚での公演♪あなたのためにできること!!大フィーバー中♪→ファンキーハニーと出演者さんのみなさんの素顔をセピアなフォトで!役者さんの表情のとらえかたが写真家Tamさんのセンスのよさを物語っていまぁす(*≧∇≦*)☆彡 →そして…お友達のPhoto_61 Photo_62 作家のぼちゃんこと虹藍のぼるちゃんとハルとの本の物販スペース♪たくさんのかたにみていただき、購入していただきましたぁ!!どうもありがとうです(ノ∀`♥)

| | コメント (2) | トラックバック (4)

2006年6月25日 (日)

わぁああああああ!!

Photo_59 昨日お昼過ぎ、学校に行ってひとつ授業を受けて、もう帰る途中、いきなり電話が!!
ん??丸善ブックス??

「春野さん、7月はじめの入荷だった春野さんのエッセイ「モウスグ春ノデス!」がなんといまさっき入荷してきたんですよぉ。セッティングして、平積みにしてならべますので、みなさんに宣伝しまくっちゃってくださいね!!」と言われた。

何を言われているのかすこしの間わけがわからなかった。
だって…7月15日出版だったのに…
でも、これは夢じゃない!!本当にもう売っているのだ。アマゾンやヤフーでも、「モウスグ春ノデス!春野真理・著」と検索ででちゃいましたぁ(๑→‿ฺ←๑)

ハルも把握していませんでしたが本というのは、出版予定日のちょっと前からもう早いところでは店頭に並ぶものなんだということがわかりました。

う~ん、まだまだ知らないことばっかりですね(^-^;)

ここまで来るのには、色々ありました。いいことばかりじゃなくってつらくって大泣きした日も悲しくってふさぎこんだ日もありました。

いつも自信を持って、堂々としていたかったけれど、最近になって、大きな本屋さんにいくと、無数に並ぶ本の数々。

その中の一冊にハルの本も仲間入りしたとき…果たして輝きを放ってくれるのだろうか。

このその他もろもろの本の中に埋もれてしまうんじゃなかろうか。そう思うと不安に押しつぶされそうにもなりました。

でも、ハル、いまは違います。結果はどうなろうと、ハルは出来る限り、自分の全身全霊を込めて突っ走ろう!!とにかく、がんばっていこう!!そう思っています。

世の中には色々な考え方を持つひとがいるでしょう。

でもハルはハルだから…

いろんな方の意見はもちろん聞き入れつつ、でも自分の道を貫いていきます!!

一人でも多くの人たちにこの本を手にしていただいて色々なことを考えてほしいな。

お勉強は楽しいものだよ!!子供ってこんなこと考えてるんだよ!!先生はこうあってほしいよね!!人間は一人では生きてゆけないんだよね!!

ハルから読者ひとりひとりにおくる心からのメッセージがこの本です!!

悲しいとき、つらいときこの本を無造作に開けてほしいな。

そうすれば、きっと、いやいや、必ず元気なハルが待っていますからぁああ!!

うれしくってしょうがないとき、誰かに報告したくてもだぁれもつかまらなかったら、ぜひぜひこの本を無造作に開けてみてほしいな。

そうすれば、きっと、いやいや必ず、ハルがもぉおっとあなたを楽しくさせちゃうことを約束しますからぁああ!!

うん…でも、まだまだハルは学生気分で、世間を甘く見ているところがいっぱいあって、目に余るような行為もあると思います。そんなときは遠慮なく注意してやってください!!そういうことってなかなか言ってもらえないことなので、言っていただけたら感謝です。そうやってちょっとずつだけど、オトナになって行きますので、どうぞよろしくお願いいたします。

そんなわけで…

春野真理エッセイ「モウスグ春ノデス!」ただいま発売中です!!ぜひぜひよろしくおねがいしまぁす゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

楽天ブックス→http://item.rakuten.co.jp/book/4058487/

Yahoo!ブックス↓
http://books.yahoo.co.jp/search?p=%BD%D5%CC%EE%BF%BF%CD%FD&sid=

アマゾンブックス↓
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4286015963/qid%3D1151037716/249-1568920-9079530

セブン&ワイブックス↓

http://7andy.yahoo.co.jp/books/search_result/?fromKeywordSearch=true&kword_in=%BD%D5%CC%EE%BF%BF%CD%FD&ctgy=books&oop=on

| | コメント (8) | トラックバック (6)

2006年6月23日 (金)

究極の選択が生んだもの♪

Photo_57 Photo_58 ハルの家では、小さいころから食卓に納豆がのぼることはありませんでした。

納豆というものじたいどんなものなのかぜぇんぜん知らないで中学校くらいまで過ごしていました。

あとで、知ったのは、あまり関西地方では食べる習慣が前はなかったのだということで、ハルの両親も関西寄りなので、だから家庭であまり納豆を食べる習慣がなかったからなのだろうなとわかりました。

でも、中学で陸上をやるようになって色々栄養に気をつけたりするうちに納豆を食べるようになり、さらには、大学では「農学」の中でも「農芸化学」といって、人間の「衣・食・住」と密に関わる学問を専攻したことによって、「発酵食品学」を学び、そこでこの「納豆」についてもっと詳しく、その機能性などを知りました。

しかも、ハルのもうすぐ出版になるエッセイ、「モウスグ春ノデス!」のいちばん最初のお話が「納豆と豆腐」です(๑→‿๑)

はじめは、なかなか慣れることができませんでした。骨が丈夫になる、血液の流れをよくする、などといったからだのためにいいこといっぱいなものだけど、このにおいに耐えられないなぁなんて思っていたからです(^-^;)

でも、そこはへんてこハルノ星のハルノです!!

色々工夫をしてみました。まずは、ナマタマゴを入れてみる。うん、なかなかいけるじゃない!!さらにマヨネーズをいれてみたり、ポテトサラダにいれてみたり、塩辛をいれてみたり、わさびしょうゆマヨをいれてみたり、ごまドレッシングにいれてみたり、ありとあらゆることをしてみました!!

そうするうちに、だんだんと自分の好きな食べ方を知り、納豆が好きになっていきました。

納豆は、1051年くらいに、八幡太郎義家が東北に軍を率いたときのこと、煮た大豆を稲わらの俵に詰めて兵士の食糧として運んでいたのだそうです。

戦にようやく区切りがついたときに腹ごしらえをしようということになって、その煮豆を開けてみると煮豆とはまったく違った香りをだし、粘っている状態!!

おぉ!!腐ってしまったのかぁあヽ(・ω・*) で、普通はそこで、あきらめてしまいそうなものですよね。

でもね、そこには、もう、そのほかになにも食べるものなどないという状態!!

そういう風な状況下に置かれたら、みんな必死なんですよね。恐る恐るではあったけれど、この糸を引く豆を食べてみる。すると、噛めば噛むほどに味わいがある豆だということがみんなにわかり、どんどん、まわりに広まっていったのだそうです。

義家の兵たちが動いた後をたどるとき、不思議と糸引きのこの納豆が今に伝えられていった経路と重なるのだそうです。だからこれを納豆ロードともいうのだそうです。

こういう歴史の道をたどっていくと意外な出会い、発見がありますね(ノ∀`)

人間が極限に迫られたときの選択によって広まっていった食材。

たしかに、納豆を最初見たときは、こんなものはじめに、食べようと思った人の心境が知れないよぉ!!って思っていたけれど、こういう背景ならば、納得ですよね。

それが今では、当たり前のように、日本の食卓にならんでいるのだから、すごいですよね!!

納豆は、格安で栄養価が高くヘルシーで、いいですね(´∀`ฺ)

ちなみに、ハルは鶏のササミを茹でるかもしくはツナを用意して、あとは、春雨や大根、きゅうりをいれて、棒々鶏を作るのですが、そこにも納豆を入れて「納豆棒々鶏」を思い切ってつくってみたところ、これがかなりの評判でみんなに大人気でしたぁ(๑→‿๑)

ニガテなものでも、意外と、色々食べ方を工夫してみたら、克服できてむしろだいすきになってしまうことだってあるってことですねぇ(´∀`ฺ)

なにかおもしろい納豆料理を思いついたらぜひぜひハルに教えてくださいね♪

写真→有名なうまい棒♪おともだちが茨城出身で実家に帰ってそのおみやげに水戸納豆味のうまい棒をくれましたぁ!!

一口食べると...くちのなかが、ねばねば!!うわぁあ!!本物の納豆だぁ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

| | コメント (2) | トラックバック (5)

2006年6月22日 (木)

教える上でのハル・イズム♪

昨日は、午後から大学の研究室に新しく入ってきた三年生と一緒にハルのやっている実験をすることになった。ハル、教えるのは大好き(๑→‿๑) 塾もやっているし、何より、自分のお勉強になるから。

ハルは、中学校くらいのときから、塾に行ってみようかなぁってそう思って、一度行ってみる。いくつもいってみる。でも、どうしても、続けて行く気にはなれなかった。

なんか、違うのだ。なんで??これじゃあここに通う意味ないよ!!ただ、マルつけしてもらってるだけじゃないか!!そんなん、自分で出来るし、だったら、通ってくる時間が無駄だよぉ!!ってそういう風に必ず思っていた。で、結局、大学受験のときに予備校にお世話になるまでは、塾というものには一切通わなかった。

ただ、学校にしても、塾にしても、「ぜぇったいハルが自分で教えたほうが、わかりやすく教えられるよぉ!!」と子供ながらにそう思っていた()

「なんでこんなのもわからないの!!」はじめは自分だってなぁんにもわかっていないところからはじめたっていうのに、いったんもう自分の中で、それを習得してしまうと、出来ない相手に対して苛立ちをおぼえ、そして、怒ってしまう先生によく遭遇した。

でも、絶対に忘れちゃいけないこと、それが「初心」!!教えるということは、そのことに対して、皆無に等しいくらいなぁんにも知らない人でも理解でき、そして納得のいくように説明することが大切!!

教える、説明するとき、相手にちゃあんと理解してもらえなかったり、相手が納得いかなかったりしたら、それは単に自己満足に過ぎないのだとハルはそう思っている。

だから、必ず途中で、「どう??わかったかな??」を間に入れるようにしている。普段、塾では、一人に対してなので、目が行き届きやすいが昨日は、ハル一人に対して、相手は八人!!

でも、その一人、ひとりがみぃんな違う人間であって、疑問に思うところもやっぱり違ってくるものだ。だから、ハルは、一人、ひとりに変わりばんこに聞いて回った。

もちろん、ハルにだって、わからないこと、いっぱいある。先輩だからって、見栄を張る事だって可能だ。でも、あえてそこは恥を捨てて先生になり、仲間になりに聞いてみる!!

そうすれば、自分のためにもなるし同じ目線で実験できる。ハルもわかんないやぁ!!でも、ちゃんと聞いてくるから一緒に学ぼうね、でいいってそう思う。それが教えるうえでのハル・イズム(ノ∀`)

あまり歳の変わらない大学生だからこのくらいわかるだろうとかそういう考えは捨てる。だって、「わからないものを教わる」ということに関してはやっぱり塾の小学生とおんなじなのだから、理解を確認してあげることが大切だって思う。

この研究室に入ったとき、あまりにレベルが高すぎてあまりに説明されていること、言われていることが理解できずにいやになっちゃったハル。

自分ひとり、ある操作が出来ずにお昼に合同実験があるときは、朝6時くらいに来て、いったん自分ひとりでおんなじ実験をやってみて誰にも知られないようにさっさと午後までに終わらせて、そして午後はといえば、何くわぬ顔でもう一度、みんなとおんなじ実験をやってのけた。

自分だけ出来ない。だったら、その人たちとおんなじだけやってたって、駄目なんだ!!その人の二倍、三倍やらなくっちゃ!そう思った。なぁんで自分だけ、こんな苦労しなくちゃできないんだろう(>_<)もう、気分はどんどん落ちていった。

でもある日、びっくりするほど、よく出来るようになった。その日を境に、どんどん、もう当たり前に出来るようになった。そのときの感動と言ったら、どう表現したらいいのかわからないほどのものだった。

どん底まで行っても、あきらめずにがんばったら、必ず結果はついてくるんだよぉ!!そのことを知ってもらいたい。どん底を味わったり、なかなか、とんとん拍子に物事が進行していかない経験ばかりなハルだからこそ、教えられることがあると思っている。

もっとこう教えてくれたらわかりやすいのに!!という自分が生徒だったときの先生に対する疑問や、わからないことに対する歯がゆさ、そんなエネルギーをいっぱい集めたのが今のハルの教え方につながっている。

わからなかったらとことんわかるまで、食い下がってほしい。そのためには、そういう場を提供したい。気軽に質問できるような雰囲気を作って誘導してあげたい。ハルの教え方に対してもどんどん指摘して欲しい。

教える側と教わる側。ここにも相互依存関係が成り立つ、そして、人間は一人としておんなじことはないっていうこと、そのことをちゃんといつもこころのどこかにおいておきたいなって昨日は改めてそう思ったなぁ(๑→‿๑) 

     写真右→おぉ!!来年度の学生募集要項ののった、大学案内パンフにハル登場だぁ(ิܫิ)

   写真左→  学校のいたるところに貼られたハルハルエッセイポスター♪先生がつくってくれましたぁ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

Photo_54 Photo_53

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2006年6月21日 (水)

ハルハルペース(✿ฺ´∀`✿ฺ)

Photo_52 最近、ちょっと紫にこだわってるハルですが、昨日は、マニキュアとペディキュア両方、紫で、お出かけ(๑→‿ฺ←๑)

デパートに行くと、もう、夏物でいっぱいですねぇ♡→ܫ←♡♪

浴衣…今年は、ぜひぜひ着たいなぁ、とか、おぉ!!すっごいビキニだなぁ。ちょっとこれは、ハルはNGだなぁ。人が着てるのは、観るの好きだけどぉ♡→ܫ←♡♪←怪しい人ですねぇ(^-^;)とかいろいろぶつぶつこころの中で言いながら歩いていると、あ!!あるものが目に入ってきましたぁ。

なんだか和風な感じのぞうりや雪駄、下駄がたくさん置いてあるお店。

そのなかでも、目に留まったのが、はなおのところが紫の着物生地で出来たわらじサンダル!!なんかかわいい..+’(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

ここ数年は、サンダルっていうと、ハルのすきなキラキラな金色や銀色のサンダル、ミュールなどを履いていましたが…

やっぱり、なんか和風のもの見るとすっごぉく落ち着くのです♪なんででしょうねぇ??

日本人だからかなぁ。

「すみませぇん!!これ、ひとめぼれしちゃったんですけど、サイズとかって色々あるんですかぁ?」って店員さんに聞くハル。すると、店員さん、

「えっっ(゚Д゚?)あ、はぁ。あ、これはフリーサイズですけど…」ってものすごぉくびっくりした表情してた。

あぁ!!もしや、ハルがおっきい声でいきなり「ひとめぼれしちゃったんですけど」とか言い出したからかなぁ(^-^;)あはは!!でも、いいやぁ。気にしない、気にしない!!で、

「あはは!!もう、これ、買います!!めっちゃ、ハルに買って欲しそうですもの(๑→‿ฺ←๑) 」ってさらに、調子に乗って、いやいやハルをご存知のかたに注意を受けそうなので、言いなおすと、「いつもの調子」で、言っちゃいましたぁ。

「ぷっ。はっはっはぁ!!お客さん、本当に楽しいですねぇ!!なんか最初は、えぇ??って引き気味だったんですけど…もう、すっかりはまっちゃって!!ひき込まれちゃいましたよぉ(→ิܫ←ิ)」と言う。

ん??引いてたのかぁあ?!と思ったけれど…

あはは!!ハル、たいてい、こうなんですよねぇ!!最初は、あまりに突拍子もないこというらしく(えっっ(゚Д゚?)本人はいたって普通なつもりなんですけどね(^-^;))なんかこの子にはついて行けなさそうだよぉっていったん引かれるんですが、でも、あまりにハルがハルハルペースなので、引きづりこまれちゃうんだそうです。ハイ、ごめんなさい(๑→‿ฺ←๑)

ところで、話しは「和風」に戻りますが、ハルは、グラタンとかポテトフライとかだぁいすきですが、やっぱり切り干し大根やひじきもいいんですよねぇ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

心理的な要素が絡んでくるのかなぁ。

とにかく、「和」なものには、毎日触れなくってもいいけど、必ず、戻ってきたいものですよねぇ♪

っていうわけで、ハルはようやく、その紫のわらじサンダルをゲットです♪

最近では、浴衣とかではなくても、洋服とあわせてもかわいいので流行ってますねぇ(→ิܫ←ิ)

「このサンダルを売ったり、お客さんに薦めるたんびに、あなたのことを思い出してしまって笑っちゃいそうな気がしますよぉ。」お会計時にそう言われた。

ふふふ(→ิܫ←ิ)店員さん、最初、すっごくムスっとしてて、感じ悪かったけれど…こっちが受身じゃなくて、積極的に話しかけさえすれば、相手もこころを開いてくれるのねぇ♪自分しだいで、相手の対応、反応も変わってくるのねぇ♪って改めて実感できてなんだかうれしかったのでしたぁ♡→ܫ←♡♪

写真→昨日、ゲットした、そのわらじサンダル♪紫すきすきぃ♪紫は

欲求不満な色だといいますが、いえいえ、ハルはいつでもだいすきなので(ノ∀`♥)

| | コメント (2) | トラックバック (3)

2006年6月20日 (火)

<収録in NHK>

NHK行くぞ。収録だからついておいで。」大学に行くと急に先生がそう言う。

「え?NHK?あ~、ハイ。」うちの大学教授たちはよくテレビ取材を受けて収

録とかしてるのであまり驚かなかった。ついこの前も解決スパスパ人間学とかト

リビアの泉とかの収録でテレビ局がきていたし(^_^;)

でも実際自分も立ち会うのははじめてのことでちょっとわくわくしていた。

これがハルのエッセイの方の取材だったらも~っとハイテンションなんだけど今日はハルのもうひとつの顔である大学院生として、「小学生の理科教室」という番組で酵母菌の実験の収録でした~(^^ゞ

でも、せっかくのチャンス!ということでディレクターさんやスタッフさんに先生が紹介してくれてたくさんお話もしてきました。

ハルはいったい何をしていきたいの?という話になり、う~ん、と悩む。

作家は小学生の頃から絶対にやりたかった。そして「電通」のような会社の行っているお仕事、「キャッチコピー」を思案するコピーライターもやりたかった。そこでその経緯を話すことになる。

「んじゃ、ハルちゃん社員食堂でもいこう。」ごめん、先生(^_^;)先生置き去りにして

ディレクターさんと社員食堂へ。

「何にする?すきなものおごるよ!」で、メニューみる。う、うわ~!豪華すぎるよ~。さすが天下のNHKさまだわ~!!社員食堂おそるべし~ヽ(・ω・*)

決めかねていると「んじゃ無難に寿司いくよ。あ、この海鮮バラ散らし寿司特上でいいんじゃない?」

「え~?そ、そんな高級品ハル、生まれてはじめてですよ~(д)」と思わず大きな声で言っちゃって、大笑いされちゃった(^_^;)

そしてハルの話

「実はハルはコンビニで1日に5個しか売れないメロンパンをいったいいくつ売れる?という挑戦状たたきつけられてどうせならぶっとべいび~な数字で!ってことで150個売ります!と言ってしまったことがありました。でも約束は約束だから!うん、3時間で逆に売り切れさせてしまいました。え?どうやってやったのか、ですよね?それはハルオリジナルキャッチコピー!

「わって~、ちぎって~、ホイップが出てくるおいしいぱん!その名は~ホイップメロンパンで~す!ぜひご利用くださいませ~!」コンビニの中で。やすむことなくひとり叫びました。叫び続けました。するとね、最初ひいてた仲間たちも最後にはみんなやりだしたのですよ~。そういうことを繰り返しやり続けたのです。そこでハルは最高1日で1つのパンを300個売り上げました。

そのことでなんでも不可能はないな!って大きな自信を持ちました。なぜハルがセブンでこうやってバイトしてしかもこんな売り上げを上げることを頑張ったかは、エッセイに詳しく書いたのでそれまでお楽しみです(-)

売り込む、そこには人のこころをつかむ何かが必要なのです。みんなと同じことをしていたのでは気をひいて目に止めてもらえません。だからキャッチコピーを色々考えました。でもはっきりいって悩んだり言葉に詰まることは一度もありませんでした。運がいいことにハルにはハルハルマジックが生まれつき兼ね備わっておりまして、うまいぐあいにポンポン文句が飛び出すのです(*^ー^)ノということにしておきましょう(o^-')b

すると最後に彼は「面白いね~。お会いしたときから変わった子だと思ったけどこの業界じゃ変わった子くらい腐るほどいる。でもハルちゃんは変わってるだけじゃないね。色々経験なんかによるアイテムを持ち合わせているんだね。」そう言って笑っていた。

主役・酵母菌の収録は地道すぎてしんどかったけどまた人脈が広がったことが昨日の収穫ってことでよかったのかなぁ(*^ー^)

※写真→酵母とうん千万もする光学顕微鏡くん♪この子達が収録の主役さん♪ハルは手だけ映るかなぁ(ิܫิ)ははは♪In

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2006年6月19日 (月)

最近のマイブーム

最近、ちょっとはまりつつあるもの、それは、「胡麻」!!

実は、このまえ、お友達の、のぼちゃんのおうちにいったら「お醤油胡麻」っていうのがあって、なんと、ごまに、もう、おしょうゆのおいしい味付けがされていて、ご飯にかけたりしても、ふりかけみたいで、すっごくおいしいのです(✿ฺ´∀`✿ฺ)

で、もう目は一瞬にしてハートですよぉ♡→ܫ←♡♪それで、帰りにね、即行でスーパーに寄ってみたのですがさすがに、そのお醤油胡麻っていうのは、ちょっと見当たらなくって、でも、普通の胡麻は、結構たっくさんあって。

うん、とにかく、胡麻じゃ!!って思って、ちょっと色々見て、選んでいました。

あ!!そういえば、胡麻って…黒胡麻と、白胡麻があるけど、いったいどう違うんだろう??黒いのを皮むいたら白いのになるのかな??でも、それだったら、白いののほうが手間かかってるのに、もしくは、黒のほうが、栄養成分が詰まってそうなのに、どっちもほぼ同価格だよねぇ。う~んヽ(・ω・*)ノ

そして、色々袋なんかをひっくり返して成分表とか色々調べてると、白胡麻と、黒胡麻は、もう、はじめから品種が違うものなんだそうです。

ほとんど栄養成分も変わらないそうですが、黒胡麻のほうがセサミン、セサモリンという成分が多く含まれるために、滋養、強壮、粘滑、解毒薬として、虚弱体質、病後、便秘などに効くとされ、「薬用」としての使用が多いそうです。

白胡麻は、ちょっと油分が多いため、ごま油やお菓子などの「食用」としての使用が多いんだそうです。
最近は、この黒と白に加えて「金」っていうのが注目を浴びてるのは知ってたのですが、これもいったいなにものなのかってことは、いっつもそのまんまにしてしまって調べてなかったので、えぇい!!これはいい機会なんだから調べちゃえ~!!で、調べちゃいましたぁ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

金胡麻は、白胡麻よりもさらに油分が多く、香りが、高いっていうことから、お料理に用いられて、食欲をそそることで、人気なんだそうです♪

胡麻は確かに、なかの成分が、肝機能を高めたり、血液をさらさらにしてくれるっていう健康食品としても優れてるってことはよぉく知ってはいたけれども、それよりもなによりも、あの食べたときのつぶつぶの食感と口から鼻にほわぁんって抜けちゃう胡麻のいい香り!!あれがたまらなく好きで(✿ฺ´∀`✿ฺ)

実は、昨日は、ウェブデザイナーさん(っていうとかっこいいね、リョウくん♡→ܫ←♡♪)のお友達Goma1 のリョウくん、はなちゃんと夜打ち合わせしてて、ハルの名刺作りをお願いしてたのですが、それでもう夜遅かったので、どうしようかなぁっておもっていたのですが…この胡麻がここでも大活躍ですよぉ!!

時間がないにしても、やっぱりちょっとは凝ってみたいなぁってことで、豚肉のしょうが焼きどんぶりを作ったのですが、その下地に胡麻をたっぷりいれた卵とじをつくって敷いてみましたぁ!!そしたら、結構、豪華でしたぁ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

お豆腐のサラダにも入れちゃったし♪胡麻ちゃん大活躍でしたぁ!!

あ、そういえば、「ごまかす」っていう言葉も、質素な材料のお菓子でも、胡麻を入れることで、ちょっと変身しておいしいものに化けてしまうっていうことから誕生したそうですよね。東北で有名な「南部せんべい」などもこうしてできたみたいだし(✿ฺ´∀`✿ฺ)

いやぁ、本当に昨日は、ハルも「胡麻」で、「ごまかした」のかなぁ。
でも、おいしかったから、いいってことで!!あははははぁ♪

あぁ!!しまったぁああ!!その夕飯の写真撮りそこなったぁああヽ(・ω・*)ノ
ま、そういう日もありますよねぇ(^-^;)

写真→胡麻のお花♪こんなに真っ白なきれいなおはなが咲きまぁす(✿ฺ´∀`✿ฺ)

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2006年6月18日 (日)

おぉ!!先越されたぁああヽ(・ω・*)ノ

Photo_50 Photo_51 最近、デパートなどを歩いていると「父の日ギフト」という看板が目につく。

そういえば、ハルは、中学生ころまでは、まめにプレゼントとかを用意したりしていたけれど、それ以後は、あんまり家族と一緒に過ごす時間がすきではなく、ほとんど、おうちにいなかったために、そういうプレゼントもいつしか、あまりしなくなっていた。

母のことはもちろんだけど、父のこともなかなか理解できなくて、いっつも反発していた。

でも、家を出て、三年目の今年、実家に帰れるようになって、父とまともに、向き合って話すことができたので、今年は、何かプレゼントでもしたいなぁってそう思っていた。

それでも、朝から、夜は11時までお仕事してたりするハルは、なかなかプレゼントを見にいったりする時間が持てないまま昨日まで過ごしてしまった。

昨日も、塾で教えて11時頃帰宅すると、なにやら大きな紙袋。
「あぁ!これって長崎で、一番有名な、カステラの<福砂屋>の紙袋だね!!これ、どうしたの??」って相方に聞くと、
「あ!!それね、真理のお父さんから届いたんだよぉ!!」って言う。

えぇ?お父さん….からぁ(゚Д゚?)そんなことって…あるのかぁ??そう思わずには入られなかった。
と、いうのも、うちのお父さんは、そういう贈り物ってほっとんどしない人だから。

ハルや弟は、クリスマス意外には、大きなものはそんなに頻繁には買ってもらわなかったし、自分からはあんまりお歳暮とかも贈っていなかった。ただ、父は会社の部下から、たっくさんお歳暮などが届くので、それに対してはお返しはしていたようだったけれど、それも…めんどくさそうだった。(←ハルが見ててそう思っただけで、「いやぁ!!真理ちゃんそれは誤解だよぉ!!お父さんそういう風には思ってないよぉ!!」ってお父さんが言うんだったら、お父さんごめんね!!これはハルの勝手な意見だからね(^-^;))

だから、ハルが、このおうちに転がり込んできて、もう三年も経つのに、一度だって連絡してこなかったし、何も送られてももちろん来なかった。

なのに…突然のこのカステラ!!しかも超特大サイズ!!ちょっと高級そうで、思わず…よだれが(→ิܫ←ิ)

とりあえず開けてみる。
「うわぁああ!!二連じゃん!!」相方が叫ぶ。

二連っていうのは、普通のカステラの直方体がちょうど、二つ分合わさった、分厚さなのだ!!めちゃおっきい~゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

しかも、下には、ざらめが、これでもかといわんばかりにがっつりしっかりくっついているの!!ステキだぁ(ノ∀`♥) 幸せだった。生地がとってもおいしくて、そのざらめも口の中でぱりぱりはじけて!!

お父さん…

今までは、わだかまりができてしまっていて、なかなかうまくコミュニケーションがとれる状態ではなかった。

でも今年になって、ちゃあんと実家に行って、向き合ってお互い、心をさらけ出して話したら、そこはやっぱり親子!!すこしずつからまりすぎた糸はほどけてゆき、次第に、笑いまで飛び出して…

とっても和んだ!!帰り際、あぁ!!今日は、帰ってきて良かったなぁとさえ思った。

そんなことがあったから、やっと、お父さんも何か送ってみようってそう思ってくれたのかもしれないなってそう思った。

でも…こうやって唐突に何の前ぶれもなく、ぽぉんと送ってくるあたりがお父さんらしいなぁ(^-^;)

なんだか、先を越され、逆・父の日プレゼントをもらってしまった。

久々に…今日にでも父にお手紙を書き、何かプレゼントを買いに行ってみようかなぁ(→ิܫ←ิ)

いつも、本当は、いっつも心配してくれているんだろうな。遠くて、実はとっても近いのがお父さんの存在なのかもしれないな。ありがとう!!お父さん(๑→‿ฺ←๑)

ふふふ(๑→‿ฺ←๑) ハルがこんなこと言ったことほっとんどないから…今頃、父はくしゃみを連発していそうですよぉ♡→ܫ←♡♪あはははぁ♪

※写真左→父からのさぷらぁいずな超ビッグかすてぃらぁああ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡
※写真右→いったいどのくらいおっきいかを手ではかろうとするよくわからないハル(^-^;)ま、いっかぁ(→ิܫ←ิ)

| | コメント (4) | トラックバック (13)

2006年6月17日 (土)

虹色は...うちらが作るのだぁああ!!

ガチャッ。ドアを開けるとササァーっと明るい光が!!

昨日は、朝中に、自分のその日にやるべきことをダッシュで終わらせるとmixiのお友達で、詩人の、のぼちゃんのおうちへおじゃましました。最初のこの明る~い光が、のぼちゃんのおうち!!

外は、梅雨の真っ最中で、どんより曇り、雨が降りしきるのに、そんなものには動じない明るさ!!そして、さらに、そのお部屋の中をほわぁあんとしたBGMが流れる。

そこには、やっぱり物書きさんのにおいが漂っていたよ(ノ∀`♥) なんでだろう??なんか落ち着くんだよなぁ。よし、じゃあ、帰るまでにこの落ち着きを与えてくれる要因を探してみようって心の中でそう思いました。

ハルは、基本的に、ジャンル、世代、性別など関係なくいろんなお友達がいる。
でも、のぼちゃんは同年代で物書きというおんなじ職業を持ち、しかも、わくわく、どきどきをたっくさん共有できる大切なお友達だ。

そんなちょっとアーティストチック(?!)なうちらなので、やっぱりお互い、発想が…ウケます(^-^;)←いやぁ、自分で言うのはどうか思ったけれど、やっぱり、ねぇ(笑)

たとえば、昨日は、お好み焼きを作ろう!!で、お好み焼きのもと、キャベツ、たこ、しめじ、たまご、お水を入れてかき混ぜる…まではよかった。でも、そこからが、ね(→ิܫ←ิ)焼きそばもなんとその中にぼぉんって突っ込んじゃう!!

そして、ホットプレートで、焼く、焼く、焼く~!!..焼けない、焼けない、なかなか焼けない~(๑→‿ฺ←๑) 分厚すぎて、もぉ、やっとひっくり返すとオムライスくらいの分厚さ!!

上の写真をみると、おぉ!!おいしそうなオムライスじゃない(ノ∀`♥) と、となりに移ってもっとズームアップ!!あれれ??焼きそばのちりちり感が、くっきりみえますよぉ(^-^;)
ですね!!

でもね、やっぱりそのときも思ったけれど…
「ありえないよ!!」ってよく何も考えないで、口をついて出てきちゃうかもしれないけれど、そういうときって、実は、自分で、試したりしてみたことないのに、なんとなく、経験と直感でそういってしまっていることが多い気がする。

で、やってみると、あれぇ??意外と…いいじゃない??なんてね、180度意見が変わっちゃったりなんかもするものだ。

だからね、ハルは、何に対しても「否定」すること「批判」することは極力しないようにしたいなってそう思ってる。

確かに、好みってあるから、「ちょっとこれは自分はニガテな味だな」とか「あんまりこの色はすきじゃないなぁ」とかそうういのはあるにしろ、相手は相手であって、その人の考えがあるのだから、それは、それでいいんじゃないのかなぁってそういう風に受け止められたらいいなって。やっぱり自分中心に考えるのが先走っちゃうのはなかなか消すことはむずかしいけれど、それでも、意識しているだけでも違ってくるんじゃないのかなってそう思う(ノ∀`♥)

そんなわけで、うちらの中では「ありえない」は、存在しない。もしかしたら、逆に…みんなからみたらうちらの会話は、「ありえない!!」「へんてこだぁああ!!」のオンパレードかもしれないな(๑→‿ฺ←๑)

もうひとつ、昨日、とっても印象に残ったこと。それは、おトイレ!!入った瞬間、ふわぁっとやさしいいい香り、そして、壁中360度すべてに、のぼちゃんの作品のはがきなどが掲示されていて、思わずハルは「のぼちゃぁあん、これじゃ、ハル、おトイレからなかなか出られないやぁ!!見とれちゃう!!」って中から大きな声で叫んじゃ入ました(→ิܫ←ิ)

そういえば、この前、Photo_47 Photo_48 Photo_49 はなちゃんのおうちに行ったときもおトイレがいいにおいで…そしてここにも色々なものが貼られ、あぁ!!ハルのエッセイ「モウスグ春ノデス!」の広告まで貼られてました(๑→‿ฺ←๑) そして、音楽がやっぱり流れてて…

あ!!そうかぁ。最初に自分に投げかけた「落ち着き」の要因がなんとなくここで、わかったような気がした。花ちゃんがよく言う言葉なんだけど、「においと音、これは、人のこころにずぅっとのこるものだから」って。

ハルの大好きな二人のお友達のそのステキな空間には、やっぱりその「においと音」があったのです(✿ฺ´∀`✿ฺ)

そんなわけで、においと音のステキな空間で詩、漫画、小説、そして、脚本なんかもこなしちゃうのぼちゃんの世界を一緒に共有させてもらったハル。

帰り際、駅までの道のり、「うちの地元ではね、虹がくっきりみえるんだよぉ。」ってのぼちゃん。

ふふふ(๑→‿ฺ←๑) 東京には、そんなくっきりな虹はないけれど…

そう!!うちらがつくれば、いいさ!!七色といわず、いろんなことにトライして、何色にでも輝く、虹をかけてゆこう!!ハルはそう思ったのでしたぁ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

※写真左→おぉ!!オムライスか??と思いきや…ズームすると、麺がちらほら(笑)
※写真右→帰宅すると、ポストには何かかさばるものが!!中を開けると「ハルちゃんへ。ミリオンセラー祈願!」ていうメモとお守り!!あぁ!!セレブなゆうこりん姉さんからでしたぁ!!うるうる…ありがとう゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2006年6月16日 (金)

タカラモノは...なんですか??

Photo_46 突然そう聞かれたら、なんてこたえるでしょうか。

家族?お友達?お金??それは、さまざまですよね。

ハルは、そのなかに、「お手紙」があります。

PCも、ケータイのEメールもあるこの時代なのに??

いえいえ、だからこそ、この「お手紙」はタカラモノなのです。

ハルは、小学校の2年生のとき、関西圏から関東圏に引っ越してきました。
方言と共通語、イントネーションの違い…初めて知りました。

そして、話し方も違う、それに付け加えて、なぁんか先生に指名されたりすることが多くて、転校早々目立ってしまうハル..

「転校生の癖に生意気だ!!」そういわれることがありました。

あぁあ、転校なんてなかったら、こんな思いしなくてもよかったのになぁ…

珍しく、そんな弱音を吐いてしまった当時のハル。正直、慣れない場所で小さな体はもう精一杯だったのに、そんなことまで重なって、もうへとへとでした(>_<)

でも…そんなとき、おうちに帰るとポストに一通のお手紙が!!

転校前の学校んお友達からは何通かお手紙が届いていたので、またお手紙くれたのかなぁって見てみると…

なんと、こちらの学校の、しかも…あのこが??そうなのです。ハルに「転校生のくせに生意気!!」って言った子だったのです。

一瞬、よろめきました。せっかく学校から帰ってきたのに、また学校のことを思い出してしまったから…

ちょっと勇気をだしてお手紙を開けてみました。
「ハルちゃんへ  いつもゴメンネ。本当はね、ハルちゃんとお友達になりたくてしかたなかった。

ハルちゃんは、スポーツもお勉強もできるね。それに、いっつも元気だよね。自分にはそういう風にできないからさ、ちょっとうらやましかったんだ。

それで、素直になれなくって、きついこと言っちゃったんだ。本当にごめんね。」

ってそう書いてありました。

ふぅ…なんか一瞬にして、入っていた肩のちからがすとぉんと抜けました。

ハルは、確かに、目立ちました。親があんまり干渉してこないっていうのもあって、「ハルはここにいるよ!!ちょんと認めてよ!!」なオーラをたくさん出していたのかもしれません。

でも、このお手紙をもらって、お友達がそういう風に言ってきてくれているってことから、ハルは、待っているだけでは、だめで、自分からも相手に歩み寄っていかなければ何も解決はしないんだっていうことを教わったような気がしました。

あれから、もう14年も経ったのかぁ…

最近は、よく、親友のはなちゃんや作家仲間ののぼちゃんにお手紙をもらう。

おんなじ人間でもその日の体調なんかで、けっこう字は違ってくる。あ、今日は、ノリノリじゃのぉ(→ิܫ←ิ)なぁんて色々考えながら、それを読み、相手のことを色々思い浮かべる。

手書きのその文面には人のほの温かさがあって、「お手紙」という物体をもらったぞっていうよりかは、おっきいこころ、気持ちをたっくさんもらった気分♪
たとえ、走り書きの文字だって、とにかくお手紙は本当にうれしいものです!!

それを書いてくれたとき、相手は、少なからず、自分のことを考えてくれていたんだぁってそう思うと、もっとうれしいですよね(→ิܫ←ิ)

そんなわけで、ハルのタカラモノのひとつは「お手紙」ですねぇ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

写真→のぼちゃんの詩の載ったはがき、はなちゃんからのハルハル用語満載のはがき(笑)その他、たっくさんのお手紙♪

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2006年6月15日 (木)

すき♡ をいっぱい..+'(◕ฺ∀◕ฺ)..+*

学校に行く、エッセイの広告の打ち合わせをする、学生実験の助手をやる…

一日中お外に出ていると、四六時中、誰かとお話しているわけで、いっつも、明石家さんまさんもびっくりなほどのマシンガントークっぷりをみせるこのハルでさえ、やっぱり疲れちゃうものですね(^-^;)

人と触れ合うことはとっても楽しいけれど、ふっと一人の時間もやっぱり必要なんだなぁってそういうときに実感しますね(→ิܫ←ิ)

やっぱり疲れてくると、それからやろうとしていることがすべて、だるいなぁとかちょっといやだなぁってそう思ってしまうときがある。

でも…ハルは最近はこういうふうに思います!!

そんなときこそ、楽しい!!好き!!っていうことを探そう♪なのです(→ิܫ←ิ)

これって、よく、他人のいやな面はいとも簡単にいくつもみえてきちゃうものなのに、いい面ってなかなか見つけられなくなってしまったりするっていうのとおんなじですね。

悪いところを見つけたって、不快な気分になるだけだけど、いいところをみつけるためには、その相手のことを理解しようと思ったり、ちゃんと向き合おうとしなければ、見えてこないだろうし、なかなか難しいけど、それを見つけられたときはとってもうれしい気分になるものですよねぇ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

だから、疲れていたり、投げやりになりそうなとき、そういうときには…

わざわざ、きらいなもの、きらいなことをやろう、やろうってがんばって肩肘はってやろうとせずに、それはちょっと置いておいて、「あぁ!!○○すきなんだぁ!!」「○○いいよねぇ(→ิܫ←ิ)」っていうことを見つけてみたらいいんじゃないのかなぁってそう思ったのです♪

そうすると、次第に気分が乗ってきて、そうしたら、また本来やるべきことに戻れたりもしるし、まぁ、その日に達成できなかったとしても、きっと次はちゃんと達成できるなぁっていう気がします♡→ܫ←♡♪
朝、学校に行くのがだるぅく感じたら…

「あ!!でも、行く途中に、コンビニで、あのシュークリームをゲットするぞぉ!!」とかへんてこな目標でもいいので、立ててみると、よっしゃぁああ!!行ってみるぞぉ!!って、自分でもびっくりなほど、やる気がでてきちゃったりするものです♪

人間ってね、結構、複雑な仕組みしてるって思われてるけれど…意外と単純だったりもしますよね(๑→‿ฺ←๑)

昨日は、エッセイのチラシを配っていて…

たっくさんの人とお話したけれど、やっぱりすべての人がいい顔してくれるわけではなく、泣きたくなったり、もう今日はここまででやめようっておもったりもいっぱいしたけれど、その先にある夢を想像しつつ、コレ終わったら大好きなサンドイッチ食べちゃうぞぉ!!いっひっひぃ(๑→‿ฺ←๑) とか想像しつつ…

なんとか朝、一番に「今日はこれだけはやる」って決めたことをどうにかこうにか終えられましたぁ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

疲れているときこそ、いやだなぁ、かったるいなぁってときこそ…

逆に、好き、好き、すきぃい!!な楽しいことをい~っぱい考えて…

そうしたら、何か、がんばれちゃうんだなって思ったし…

昨日は、そういう風にがんばれた自分をすこぉしだけだけど、褒めてやろうかなぁってそう思えました(→ิܫ←ิ)

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2006年6月14日 (水)

音楽醸造?!

Photo_44 Photo_45 今は、梅雨に入って雨、雨だけど、夏になれば...

ビアガーデンがオープンしたりもしますねぇ(๑→‿ฺ←๑)

お酒...

ハルはあんまり強くないのです(^_^;)

このまえなんて、学校の医務室でアルコールバッジテストっていう、飲める体質かどうかを判断するバッジテストで、やや弱い、だったのですが

「まぁ、ハルちゃんはぁ…飲めない、でいいんじゃない??」

っていわれて、写真のようなカードわたされちゃいましたぁ。

そんなわけで、飲めないで、いいじゃない?なハルなのです(笑)

ところで、日本の酒造りで絶対に欠かせない微生物がふたついて、そのひとつが「麹菌」、もうひとつが、「酵母」です。

ハルの大学での研究は、そのまさに「麹菌」の研究なのです。

ところが、最近になってハル、教授にこんなこと言われました。

「酵母、ハルちゃん、やってみない?けっこうこれもおもしろいぞぉ。ある企業がうちの研究室に実験依頼してきたんだよねぇ。だから、オマエがやってみない?」

わぁあ♪♡→ܫ←♡
ここは、好奇心のカタマリッコなハル。もう、興味シンシン♪

でもでも、酵母ってあんまり知りません。
そこで、ちょこっと学んできました。

酵母って、実は、お酒でいうと、酒質に大きな違いを生み出すもので、たとえば、同じ米を同じように精米して、酒造りの条件を一定にして酵母だけを変えたら、おそらく、酵母の特徴がそのまんまお酒に表れるともいわれるほどのものなのだそうです。

そうですねぇ…

おんなじ材料、おんなじレシピでも、コックさんが違うとその完成品になんらかの個性がでますよねぇ。
コックさんが酵母になると、「香り」に個性が表れるのだそうです。

この酵母に関してとっても面白いことを、知りました。

それは、「音楽醸造」というものがあるということです。

これ、なんなのかというと、もろみのタンクのある発酵室にクラシック音楽を流すと、たったこれだけなのに、酵母が盛んに成長して、増殖し、雑味のない酒に仕上がるのだというのです。

おまけに、これ、音楽といってもジャズやロックじゃうまくいかず、クラシックの、とくにモーツァルトがいい!!っていうのですよぉ。

酵母~!!オヌシなかなかやりますなぁ(^_^;)ですよねぇ。

たしか、赤ちゃんの胎教にもモーツァルトはいいって聞いたし、

もしかしたら…モーツァルトさんの名曲には、いまからすくすくと成長していくぞぉっていうものをやる気にさせるなにかが秘められているのかもしれませんねぇ♪♡→ܫ←♡

これ、残念ながら、科学的になにが要因なのか証明されていないのですが…

ハルは、なんだか、そのまんまでいいんじゃないのってそう思います。

それはね,,,

ちゃあんと、ちゃんとね、

酵母さんもわたしたちみたいに生きてる生き物なんだって

そういう証拠なのだって、

それだけで、いいんじゃないかなぁって

そう思うのです(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

生きてる、元気いっぱいのお酒♪

だから、お酒はひとを元気にさせたり楽しくさせたりすることができるのねぇって

妙に納得させられちゃいました( ´∀`)つ

写真左→アルコールバッジテスト判定カード

写真右→イカの腹を膨らませたまま天火で乾燥させて作ったとっくり型のするめに燗(ただ)したお酒をいれた、「いかどっくり酒」

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2006年6月13日 (火)

これ、ナニモノ??

発酵食品って聞くと、何を思い浮かべますか。

やっぱり、普通は、ヨーグルトとか乳酸飲料、納豆などを思い浮かべますよね。

でも、実は、意外なものも発酵食品だったりします。

ハルが、だいすきな、メンマ♪前は、あんまりその正体なんて気にせず、ふつうに、

「メンマっておいしいよねぇ!!ハルはね、らーめんだけじゃなくってね、サラダや、炒め物なんかにもいれちゃうんだよぉ!!最高だねぇ(→ิܫ←ิ)」なぁんて言ってるだけだった。

でも、ちょっと時間にゆとりがあってぼぉっとしてるときに、

「あれぇ??良く考えたら、ハル、メンマってこんなにすきなのに、これがいったいナニモノなのか、その正体をしらないなぁ…。なんか、たけのこのような、う~ん、繊維質な感じなのはわかるんだけど、いったい何なのだろう??」

急に知りたくなっちゃいました。

メンマ(麺麻)は麻竹(マチク)っていう名前ののタケノコを乳酸発酵させた、中国生まれの発酵食品だとわかりました。

乳酸発酵??よくその言葉は聞くけど、いったい何なのさ??そう思うことってないですか。

ハルは、そういうのを大学で学んできて、今、大学院でもやってる(最近は、本の出版のほうでなかなか行けてませんが(^-^;))のですが、それをひとことで説明しちゃうと、

「乳酸菌」っていう微生物がいて、その子が食品中に含まれている「糖」を食べて、分解して、それによって乳酸を食品中に作り出し、食品はその乳酸によって、発酵(腐らせる)が行われるっていうものかなぁ(๑→‿ฺ←๑)

発酵食品は、がんや、ストレスの抑制にも効くし、保存もできるためにけっこう注目されてますね。

「メンマ」は麺類に入れる麻竹であることから、「麺麻」と漢字では各層で日本では主にラーメンの具として食べられていますよね。主にであって、ハルは例外だぁ(笑)

こんな風に発酵食品って、けっこう意外なものがあったりするんですよね。

もうひとつ、びっくりしたのは、ナタデココ♪一時期すっごいブームになって、なんでも
ナタデココ入り、ナタデココ味っていうときありましたね。

ナタデココの主な原料はココナッツの実なのですが、ココナッツのかたい皮の中には、とろりとした果肉部分と液状のココナッツ水があって、それに水や砂糖を加えたあと、ここでは「酢酸菌」という微生物のの一種であるアセトバクター・キシリナムという菌を加えて発酵させるのです。

そうすると、表面に徐々に膜ができてきてその膜が15mmほどの厚さになったときに取り出したものがナタデココになるのです(✿ฺ´∀`✿ฺ)

自分が普段良く食べてるものって、「○○おいしいよね!!」「○○すきなんだぁ!!」っていうのは、お友達とかとよく話すかもしれないけれど、それがいったい何で出来ているのかとかそういったことってなかなか考えないかもしれない。

でも、そういうのを知ることって案外簡単に出来るし、それによって、意外な事実もわかっちゃうことがよくある。

もしも、この梅雨の時期、なぁんかちょっと憂鬱だなぁってそう思ったら、そういうのをちょっと調べたりしてみるのも楽しいかもしれないですよね♡→ܫ←♡♪

さぁて、このまえのお買い物で、メンマを安くたっくさん買ったので、今日は、それで、サラダをつくるぞぉ♡→ܫ←♡♪

メンマの正体は、「竹」!!ということは、味付けしないものならカロリーゼロ♪

すてきだぁ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

※ 写真→メンマのもとになる「麻竹」♪主に中国が原産地。日本でも茨城県でも少量だけど収穫されるそうです(→ิܫ←ิ)

PS.昨日の夜のこと、お友達から「ねぇ、ねぇ、ハル、ハル!!ちょっと楽天のとこでさ、ハルの本、まだ写真は出てなかったけど、もう買えたよぉおお!!買っちゃったぁ♪」といわれましたぁ。えぇ(゚Д゚?)あ!!本当だ…

本屋さんでのご注文は6月20日から、セブン&ワイやアマゾンでは7月1日からですが、楽天では、もう現在、注文可能です!!みなさん、もしよかったら、どうぞよろしくです(✿ฺ´∀`✿ฺ)↓
http://item.rakuten.co.jp/book/4058487/




154001471_181

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2006年6月12日 (月)

主体的で行こう(✿ฺ´∀`✿ฺ)

<電車でGO!!>

最近、電車に乗ることが大好き!!

なんか、色々なことを考えたり、音楽を聴きながら、窓の外の景色を眺めたりするのが楽しくてしょうがない。

関東も梅雨に入って、雨、雨、な毎日。前は、晴れの合間に雨の日があると、

「あぁ、今日は雨かぁ気分がどんよりするなぁ(o´_`o)」なぁってお天気に流されてたけれど、この時期は、そういう風に考えたら、毎日のようにそんなことを口にしていなくちゃいけない。それは、ちょっと悲しい(>_<)

世界的に大ヒットした「七つの習慣」っていう本は、ハルがこれから一生のバイブルとなって行くであろう本の一冊なのだけれども、その中で、<反応的>と<主体的>という言葉が出てくる。

自分の人生に対する責任を放棄する<反応的>になってしまう。

天気が良かったら、気分がいいけれど、天気が悪ければ、気分も悪くなり、遂行能力が低下する、という風に周りの物的な環境に大きな影響を受ける。

でも、その反対で<主体的>だとすれば、<自分の天気>を持ち合わせているのだという。

つまり、これは、たとえ雨が降ろうが、陽は照ろうが関係なく、行動が、価値観に導かれているために、天気がどうであろうと、全くそれに影響されない。

ハルは、これを読んでものすごぉくびっくりした。

事実、ハルは、前者の<反応的>に完全になってしまっていたように思えたからだ。

自分の人生を決めて行くのは、自分しかいない。だから環境や、外部からのさまざまな要因に振り回されることなく、主体性を持って、流されない自分でいなくてはいけないなんだなぁってちょとの間、放心状態に陥ってしまった(ิܫิ)

でも、やっぱりそんなえらそうなことをここで、こうやってハルは述べてしまったけれどね、やっぱり、自分が長年いやだなぁって思ってきたことは、やっぱりいやなものだってそう思う。

だけど、ちょっとでもいい方向にチェンジして行きたいなってそう思ったら

ハルは、おうちで悩むことがあれば、必ず、お外に無理にでも出てみることにした。

昨日も雨だったけれど、ちょっとお外へ出てみた。本屋さんへのお礼の挨拶もできちゃうし、ちょうどいいから、とにかく電車に乗ってみた。

動き出した電車の進行方向に向かって、何故か、ぼぉっとしながら、ずんずん歩いて行くハル。気づいたら、なんといっちばん先頭にまで来ていた。

あ!!そういえば、ハルって、よく前のほうに乗ろうとか、そういう風に言っている人たちが結構いるのに、自分はあんまり考えたことなかったなぁってそう思った。それに、いっちばん前って意外と乗ったことなかった。だから、いっちばん前の運転手さんのすぐうしろの手すりにぴったり吸い付くようにもたれかかってみた。

わぁ!!なんか、ゲームをやっているようだ。電車の運転をあたかも自分がやっているようなちょっと不思議な感覚に襲われた。

まさに、あのプレステのゲームで流行った、「電車でGO!」のようだった(๑→‿๑)

外は、霧雨が休むことなく降り続いていた。けれども、ハルは、うきうき、わくわくしていた。

よぉし、本屋さんに挨拶してから、ちょっと夏物の洋服を買いに行ってみようかなぁ。そしてあ、あれも!!あ、そうか、あの用事も実は、やらなくてはいけないのに、先延ばしにしていたことが色々思い出されてきた。

よぉし!!せっかく、お外に出てきたし、ぜぇんぶやったれぇええ!!そういう風に思えてきた(๑→‿๑)

ちょとおうちの中で気分が重くなったりしたら、とにかく、無理やりにでもお外に出てみること。

そうすれば、きっと反応的ではなく、幾分でも主体的な風に考えられるな、そう思うとこれから始まる長雨への対応のしかたも変わってくるかなってそう思えた一日でした(๑→‿๑)

※写真左→原宿の香水ショップのお外に「97パーセントオフ!!」なんて大きく書かれていた。え??97パーセント、オフ??それいくらじゃ??ってすっごく興味惹かれて、ハルは、中に吸い込まれほ、ほんとうにやっすぃい!!いつも見ている有名な香水たちが、やすい!!ハルも7500円のを1900円で購入!!97パーまではいかないけど75パーオフくらい!?で、紫のちょっとエロチックな、でも、香りがステキなかわいいのをゲット♪雨の日に、お外出て、よかったぁ(๑→‿๑)

Photo_43

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006年6月11日 (日)

ハルノ星のハルノですからぁああ!!

「ハルちゃん先生、まぁた、やっちったぁああ!!職員室に呼び出されたしぃ!!」ハルが、中学校1年生から担当しているあっちゃん。

「なになに??どうした?」

話を聞けば、確かにいつもとおんなじだった。

彼女は、中学校3年生。ハルと性格がよく似ていて、みんなとおんなじがあんまり好きじゃないし、自分の意見をはっきり言うことができるタイプだ。

でも、クラスのみんなは違う。先生に対して反感を抱いていたりしていて、休み時間なんかには、文句ばっかり言っているのにも関わらず、いざ先生の前になると、だまっていい子を演じているのだという。

昨日も「テストするぞぉ!!」って急に言われて、周りの子達が騒ぎ出して、「えぇ??聞いてないよぉ!!」ってそう言い始めたのに、先生には、なかなか言い出せなくって、

「あっちゃん、先生に言ってよ、ねぇ、ねぇ!!」って言われたらしい。そう言われて、結局、あっちゃんが

「先生、テストだなんて、聞いてないですよ!!なんで急にやるんですか??」って大声で言ったら

教室中がしぃんとして、さらに先生は、あっちゃんだけにむかって

「おい!!お前、そんなに、文句あんのか??あとで、職員室に来い!!わかったな!!」って呼び出されて一人だけがお説教されてしまったのだという。

で、塾へ来て、ハルの顔を見るなり、聞いてよ、聞いてよ!!だった。

「ねぇ、ハルちゃん先生、わたしって、損してるのかな??はっきり言ったりすることって損なのかなぁ。おとなしく、みんなと一緒にしてないといけないのかな。みんなは心の中では思ってても言わない。でもわたしが言えば、わたしだけが問題児扱いなんだよぉ。」

そう言った。

ハルは、全くおんなじだった。まさに「出る杭」だった。

出る杭は、確かに、高校までは、ちょっと敬遠されがちだし、なかなか理解されない。でも大学、社会にでたとき、それは何かを起こす原動力になるはずだ。

「人にはさ、それぞれ、考え方があってね、みぃんなおんなじにしなくちゃいけないなんて、そんなのおかしいんだぁ!!だって、せっかく、一人ひとり別々な人間として生まれてきてるのにさ、みんなおんなじにするんだったら、それこそ、団子みたいなかたまりになっちゃえばいいわけじゃない??でも、うちらは一人ひとり切り離されて独立した個体なんだよ。だったら、人の数だけ、意見があって、やりかたがあっていいんだよぉ。学校の先生ってみんなが一緒にしてくれたら確かにまとめやすいし、楽なんだよね。でもね、それで、個性を摘み取るようなことしてたらだめだよねぇ。ハルちゃん先生は、そういうのには、すっごい反感を抱いてきたから、あっちゃんの気持ちが手に取るようにわかるよぉ。」って言った。

「やっぱハルちゃん先生だね!!ハルちゃん先生は、違うね!!他の先生とは違うね。」

そう何度も何度も繰り返す彼女に、ちょっと照れくさいのとうれしいのとで、ハルは、

「あはは!!違うさぁ!!ちょっとあっちゃん!!ハルちゃん先生を何者だと思ってるの??人間じゃないって言ったじゃない!!ハルノ星のハルノだよぉ()だからね、組織の中では、いっぱい怒られちゃうし、いっぱい対立もするよぉ。でもね、絶対に黙っていたりはしないよ。必ず、自分が正しいと思ったらそれをはっきり言うよ!!それだけは譲らないよ!!」って返した。

すると、だよねぇ!!って笑いながら

「わたしみたいに思ってる子って、本当はもっともっといっぱいいるんだよ。だけど勇気がだせないんだ。それでね、ハルちゃん先生の今回書いた本を学校のみんなにもぜひぜひ読んで欲しいってそう思ってるの。なぜかってこういう考えの先生もいるんだぞぉ!!って言うのを教えたいんだぁ!!そうしたら、みんなちょっと考え方変わる気がするんだ!!」と言ってくれた。

実際ハルは、今回のエッセイでは、子供たちに、教師に、医者に、みんなに、そして自分への、メッセージを織り込んだ。

はっきりいって、隠しておきたいようなハルの「汚点」も数々登場()

でもね、そうすることで、相手もちゃあんと自分のことを素直にさらけだしてくれるってそう思うから

ハルハル語録をもうひとつ!!

出る杭を打つというのなら打つがいい!!そう簡単には打たれんぞぉおお!!

写真→春野真理・著、「モウスグ春ノデス!」の広告!!ついにできましたぁ!!

ピンクです♪Photo_41 Photo_42

| | コメント (2) | トラックバック (7)

2006年6月10日 (土)

勝ちたいんだぁああ!!

昨日は打ち合わせや本屋への挨拶の後、塾で教え、もう夜は10時!!

それから夜の街へ繰り出しちゃいました♡→ܫ←♡♪

と言ってもお友達のおうちに行っただけですね♪d(⌒⌒)b♪

で、彼女の名字が「大森」でよく「○○おおもりで!」って定食屋さんとかで言うよね!なんかくだらないことだけどおもしろいよね!って話になりました。

名字それで思い出しました!中学校最後のの陸上の地区大会。

1500メートル走は1位で県大会に何度か行ってたけど800メートル走はスタミナとスピードの両方を要求されるため、かなりきつく、ど~してもラストのスピード勝負でがんばりがきかず2位で補欠出場ばかりだったハル。

「最後だけはさ、ど~しても…1位とりたいんだよね~。勝ちたいんだね、どうにかしてさ。」

すると、いつもにこにこな小林ちゃんが急に悲しそうな顔してハルに向かってこう言った。

「わたしなんていつも負けてばかりなんです~。大林さんにはもちろんのこと、林さんにもだし。はぁ(>_<)

へ?な、にが?ってちょいと考えていると、

「あの林の量で!」ん?も~っと、はてなじゃ(;・д)

「小林ってね、大林にもね、林にもね、林の量で負けてるでしょ。がんばっても勝てっこないじゃない?」

な、な~るファロメオジュリア~!なるほど~!をハルハル用語でこう言いますよ~♡→ܫ←♡♪

と納得。だけどハルの試合に関係はない?と言おうとしたら

「あたしの場合はね、名字だからもうどうしようもない。勝ちようがないのです。でもハルちゃんはがんばれば勝てるから!絶対勝てるから~!」

お、おぉ~!それを言ってくれるために。ま、前ふりがものすご~く長かったですがね、小林ちゃん(^-^;)

でもおかげでハルは、よっしゃ~!そういう考え方もあるわけね~!ってパワーでたよ~♪d(⌒⌒)b♪

そしてね、もちろん1位を勝ち取ったよ~!

スタート直前までユニフォームの上に着ているTシャツは全員、学校指定のものなのにハルだけ「アムロ波平」という安室奈美恵とサザエさんの波平さんが合体したギャグTシャツを着ていて、しかもその子が1位とるなんて!ってかなり広い場内で、目立ってしまっていた、な~んてオチもありましたが!

今となってはよき思い出ですね♡→ܫ←♡♪

小林ちゃん、元気かなぁ。まだ、あんなこと言ってるのかなぁ。

名字といったら、このことを思い出してしまうのです゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2006年6月 9日 (金)

キラキラで行こう!!

昨日のハルは池袋がスタートでしたぁ♪

池袋の本屋さんはみぃんなおっきいので、ハルにしては珍しくちょっと緊張しながら、挨拶まわりをしましたぁ。

自分から売込みしたりするのは禁止されているので、注文してくださった書店への挨拶だけしかできないけれど、ありがとうの気持ちを伝えることは大切にしたいなぁって思うのでがんばってます。

その後は…なんとなんと電車旅♪

最近、ハルはお外に出かけることが楽しくってしかたない。
で、本日は、前から決めていたので、お友達のはなちゃんと待ち合わせて、電車旅♪

実は、ハル、時間のあるときはよくやってたことで、まず、電車の切符を適当に買って、それで、とにかく電車で、すきなところまででも、終点まででも乗って、人間ウォッチングしたり、お外の景色を見ていたりするのです。

最近、なんだかメイクとか色々おしゃれを楽しむのが大好きなハル♪昨日はマニキュアもぺディキュアも、スカートにも紫が入って、ちょっと怪しい雰囲気なハルでしたぁ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

で、はなちゃんに会うと…はなちゃんもばっちりメイクで二人とも超気合いはいってて…

でも、行き先は、大自然の見える奥武蔵の山っていう(^-^;)そのミスマッチがまたまた楽しいじゃないですかぁ(笑)

東京のど真ん中である池袋からだんだんと都心を遠ざかっていき、ついに埼玉へ突入!!
それでも、まだまだ、二人は話に夢中で、時に窓から見える自然を眺め、そしてまたまたお話…そうこうしているうちに、終点に到着!!とりあえず、売店で、何か買おう!!ってことになって…二人の選んだのは、超ビッグなメロンパン!!

色々なパンがあったけど…やっぱり最後の決め手は、「やっぱ…質より量でしょう!!」ていう育ち盛り、食べ盛りな高校生と全くおんなじ考えのまんまな二人(→ิܫ←ิ)

とにかく、とにかぁく、おっきい、自分の顔よりは確実におっきかったメロンパンを二人で買ってしまいましたぁ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

そして、さらに、山奥へ進んでいけるステキな電車に乗り換えて、ガタガタ、ゴトゴト…
さらに山奥へ!!ものすごぉくのどかな風景に、なんだか和んでしまって…とにかくあたり一面すべてが緑なのです(→ิܫ←ิ)

こぉんな自然が、都心にもあったら、きっとみんな、あんなにせかせかとしていないだろうなぁってそう思ってしまった。

また、終点まで行って、そこからまた池袋まで戻っていく帰りの旅♪

はなこがふとハルの顔を真剣にみつめてこんなことを言い出す。

「ハルさぁ、最近..顔の表情変わったよね。なぁんか…最初出会ったときは、いっつも、みけんにしわがよってて、なぁんかすべてに対して不安そうって感じの顔してて、この子は大丈夫なんかぁって心配になってたよぉ。でもさ、今のハルはいい表情してるねぇ(✿ฺ´∀`✿ฺ)」って、そう言った。

え??一瞬、びっくりした。前にも数度おんなじこと言われたことがあった。みけんにしわよってるよ!!って。きっと、色々なことに対して、好奇心はもっていたけれど、何かしら不安もいっぱいで、どうしても、自分に自信がもてないまんま色々やっていたに違いない。

でも、最近はちょっと違う。心にゆとりを持つこと。なるようにしかならないこともあるさぁ、なケセラセラ的な考えもときに必要なこと。

それは、決して、さぼっていたり、なまけ心ではないということ。

それを、彼女を含め、ハルのブログやハルハルPhoto_39 Photo_40 日記に遊びに来てくださるたくさんの方々、こういった大自然、さまざまなことから学んできた気がした。

自分では気づかないけれど…

知らず、知らずのうちに自分のこころは表情に表れてしまうらしい。

あんまり意識していなかったけれど…これからは、ちょっと気をつけてみたいなってそう思ったのでしたぁ。

表情のキラキラしたひと、そういう人で、ありたいなぁ♡→ܫ←♡♪

写真左→メロンパンにがっつくはなこ(笑)

写真右→キラキラしたまんま(のつもり(๑→‿ฺ←๑) )で、考えたハルの昨夜の晩ご飯♪シチューにマカロニも入れちゃった、グラタン風シチュー♪これがまたまたマカロニ入れただけなのにびぃっくりなおいしさ♪キラキラぁ♪おいしすぎるぅ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月 8日 (木)

縁の下のちからもち!!

Photo_38 日本の本(book)って、海外でも結構評価の高いものがたくさんある。たとえば、前に書いたことがあるんだけれど、日本の「マンガ」はもう、「MANGA」が世界共通語になっているくらい世界中で支持されている。

ニューヨークタイムズでは、その年の「年間ベスト1冊!!」が選定されるというのがあって、昨年、2005年度には、日本の村上春樹さんの「海辺のカフカ」がランクインしていた。

でもね、実は、あまり知られてはいないけれど、ものすごいものがあるんです(→ิܫ←ิ)

それはね、「理科年表」。

理科年表って耳にしたことありますか。これってね、暦とか、天文、気象、物理、化学、地学や生物、環境などに関する最新のサイエンスデータを掲載している専門書のことなんです。

別名、「自然界の辞典」なんていう風にも言われてて、主には、研究者だったり、学生が使用するのですが、これがだれが読んでも結構面白いんです(๑→‿ฺ←๑)

歴史が古くって、初版はなんと大正14年に発行されていて、その後も毎年のように最新版が製作されていっていて、今年の平成18年で79冊目になったんだそうです!!

累計では、な、なんと、250万部も売れちゃってるのですから、これは、ほんとうに隠れベストセラー本ですねぇ♡→ܫ←♡♪

ここまでで、「理科年表」をなかなかやるじゃないかぁって思うのですが実は、これからなんです!!

あのね、実は、この「理科年表」、世界中で、支持され、活用されているのだけれど…

これ、「日本語版」のみしか製作されていないのですよぉ。

普通、日本の本で、海外で有名になるものにしろ、どれも、ちゃんと日本語から現地の言葉に翻訳されて、出回るものなのに。

そんな、日本語のままなのにも関わらず世界中で読まれているのはこの「理科年表」くらいなのでは、ないのかなぁといった感じだ。

ギネスブックのようなものは、日本人にもおなじみで、アメリカが出版しているものだけれど、あれは、やっぱり大衆向けで、研究者にまで、広く活用できるものではないらしく、そういった意味では、「理科年表」が必要不可欠になってくるらしいのです。

日本の研究者が、最初、海外に持ち込んで使用していたところ、口コミによって、どんどん海外で広まっていって、今では、あのNASAのような、大きな機関でも使用されているほどなんだそうです(→ิܫ←ิ)

この編集作業は、絶えず変化する自然を相手にした作業になってくるので、急遽、最新のデータが発表されたりなんかすれば、印刷をいったん止めて、またやり直し、といった気の遠くなるような作業が日々続けられて世に送り出されているらしい。

ハルもぱらぱらぁって、ちょっと時間があるときなんかに開くと本当に、楽しいの(✿ฺ´∀`✿ฺ)

「動物の血圧」という項目ではね、それぞれ、最高血圧、最高血圧が載っていて表になっているの。

お魚のたらはね、最高が29の最低が18(mmHg)しかないのぉおお(;☉ฺд☉)とか、そういうのがわかっちゃう(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ) 結構、雑学としてはレベルが高いし楽しいの。

「日本」を支えるもの。それは、華やかな表舞台だけでは、ないんだなぁ、実は、陰で支えている「縁の下の力持ち」があってこそ、支えられているんだなぁってそう思った。

ハルなんて、やっっほぉい゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡ って感じで、いっつも変に目立ったりして、なかなか縁の下で、ていう役割はしたことが、ないかなぁ…

でもね、そういう人たちがいてくれて、だからこそ、表舞台も成り立っていて、っていうことはちゃんと覚えていていなくっちゃですねぇ(๑→‿ฺ←๑)

※写真→理科年表2006年度版!!国語辞典、広辞苑、社会科地図帳、に加え、いつも、手元に一冊あると、楽しめちゃうのです(✿ฺ´∀`✿ฺ)ハルも、「いつも手元においておきたいね!!」って言われるようなそんな本に仕上げたいな(ノ∀`♥)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年6月 7日 (水)

8割がた...ノリと勢いで(๑→‿ฺ←๑)

最近、1日でいろんなところに行っている。

ハルは大きく分けると1.作家、2.塾講師、3.大学院生、の3つの顔を持っている。

でも…この順になっているとおり…学校には最近あまり行ってないな(* ̄O ̄)ノ

とにかく最近はエッセイのために挨拶に行ったり、自らできることは少しでもやりたいからそちらを優先(^_^;)

でもそれはそれでいいのだって自分の中で納得している。今しかできないこと、そして
今ハルが一番やりたいことを今やること!だって…これだけは後悔したくない。
思い切りトライしたいから。

昨日は朝から明治大学のハルの通っている生田校舎ではないほうの残りのふたつの校舎のうちの、駿河台校舎(御茶ノ水)の本屋さんにご挨拶に。

なんと『がんばれ~!明大生』と言うことですごく協力してくれるみたいで。

というのはハルの知らないところで担当さんが交渉してくれたらしく感謝ですね(>人<)

ハル、そこの校舎の学生じゃないのにたくさん注文してくださったみたいで、これは遠くったってお礼にいかねば~というわけで行くことに!!

店長さんにサイン入りで一冊くださいと言われサインすると、それを真ん中に展示してその周りに平積みしてくれるというので、もう涙でちゃいそうだった(→ิܫ←ิ)

さらに今度は、新宿でお友達と会う。この際、原宿に行く用事も済ませる?いやちょいとオーバーワークすぎるかなぁ?

ハルの問いに『8割がたノリと勢いで!!だよ~!行っちゃえ~』という。

なんかその言葉が妙に名言に聞こえて

「なんかいいね、それ」っていうと、なんでも今、子供たちの間で(大人の間でも?)大人気のアニメ、「ケロロ軍曹」の中で「ノリと勢いで!」という言葉がたびたび出てくるのだという。
で、それに彼女が「8割がた」を付け加えたのだそうだ。

ノリと勢いで…それはなんだか一瞬、なげやりのようにも聞こえがちだ。

でも…やる気になっているとき、楽しいとき、せっかくお外に出向いてきているとき、そんな上っ調子のときには…ノリと勢いで!で、いいんじゃないかなってそう思う。

そのノリで!!その勢いで!!で、普段できないことまでも達成できてしまうかもしれない。考えようによってはとても素晴らしい言葉な気がした。

そしてさらには彼女の付け足した、「8割がた」!!

いつも必ずうまくいくとは限らないから、もしそうなったとしてもへこむこたぁないさ~!っていう風にいい意味で肩の力を抜いて前向きに行けるなって思った。

「8割がた、ノリと勢いで!」

よ~し!今日からハルハル語録のひとつに仲間入りだ~(✿ฺ´∀`✿ฺ)

<ハルハル語録>

一、できるカモとできないカモ、おなじカモならやってみよう!

…可能?不可能?なに?どっちも考えうるの?じゃあ…とにかくやってみなくっちゃ!!アクション起こさないで何が起こるっていうのだぁああ!!

二、克己心!

…敵は他人よりもまずは、自分自身の弱さ!己に打ち勝て!

三、やった後の後悔はやらなかった後の後悔よりも道は開ける!

…迷ったら…とにかく、とにかく、やったれぇ~!!

そして…

四、8割がたノリと勢いで!
…自分が上っ調子のいいときには,,,8割がたノリと勢いでさらなるパワーアップじゃぁああ!!

まだまだハルハル語録は増えていくでしょう。

これは、ハルのハルによるハルのための語録(笑)でも…意外と自分のための語録はいいですね!!元気が出ますよぉ♪d(⌒〇⌒)b♪

※8割がた…ノリと勢いで!!な写真゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡
Photo_37

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

再会...

新宿東口、そうここがあの有名な「笑っていいとも」収録スタジオのアルタ前。人の波が途絶えることをしらないほどにごった返していた。

「ハルハル

ん??ハルって何か聞こえた??いや、これだけうるさいからなんか耳おかしくなったかなぁ。で、また気を取り直して歩き出す。

「ハルハルでしょ??」

あ!!今度は、真横にいるヽ(・ω・*) これは耳鳴りでもなく、本当に呼ばれていたのだ。

ん??だれ、だろう??一瞬、思い出そうと頭の中が必死でハルの中に眠る多くの記憶の糸の中から情報を整理し引っ張り出そうとする。

あぁ!!やっとわかりましたぁ(^-^;)

「てっちゃんでしょ?ね、そうだよね??」そういうと、彼は、コクリとうなずいた。

彼はどうしても自分のことを相手であるハルに思い出してほしかったらしい。ハルが必死で記憶の糸をたどっているにもかかわらず、横でじぃっと心配そうに、その様子を伺っていた。それも彼だとわかれば、彼らしい行動だった。

「えぇ??すっごぉい久しぶりだよねぇ!!あれから7年くらい??そのくらいになるよねぇ。」

「え?もうそんなんになるかぁ。あ、そうだよなぁ。お前なんか変わったよね。」

「あ、そう?っていいながら、ちゃんとこの人ごみの中、ハルってきづいちゃってるじゃん!!」っていうと、

「あ、それもそうだなぁ、ははは」とい笑いながらいう。なんかちょっと面白かった(^-^;)

高校1年生だったあの頃、それまでのマジメな優等生を脱ぎ捨てて、ちょっと暴走し始めたころだった。

夏休みに入って、ハルは、もう学校にの行かなくっていいってことで、もうおうちになんてほとんど帰らなかった。

その日は、5つ上のちょっとハイソな格好をした、お姉ちゃんのお買い物に付き合うつもりだった。いわれたとおりに地下鉄に乗って、恐る恐る地上に降り立つ。

約束の時間が来たのに、なかなかおねえは現れなかった。どうしたんだろう?そう思って待った。30分したのに、まだこない。

そのうち、道路を挟んで前でなんだかたくさんのバイクのお兄さんたちが集まってきた。

なんだか乱闘が始まってしまった。一人の男の子がみんなにぼこぼこにされていた。でもやり返さずにやられっぱなしだった。

「なんだ、こいつ、つっまんねぇの。やりかえしてこねぇし!!こんなやつ、もういらねぇよ!!」って一人の子がそう言うと、みんなもそれに賛同し、そうしてバイクにまたがって走り去っていってしまった。一人のその男の子を置き去りにして

ハルは、じぃっとそれを見ていたので、その男の子はそれにきづいき、きぃっとにらんだ表情で「おめぇ、どうせオレのことバカにしてんだろ?」って言いながらこっちに近づいてきた。

はっっ、どうしよう。そう思ったのに、こんなときに限って足がすくんでしまっていて全く動けなかった。みるみる彼は近づいてきて、そしてハルの前まで来てぴたりと止まった。そして、口を開こうとしたそのとき、

「よかったじゃん!!よかったよぉお!!あんな中から脱出できたじゃん!!よかったよぉ!!」って、自分でも信じられなかったんだけど、ハルは、大きな声でそう叫んでいた。

彼は、ハルの胸ぐらをつかもうとしていた手を元に戻して、そして力なくうなだれた。

本当はこの子は弱いんだなぁってそう思った。きっと優しい子なんだろうなぁってなんかそう思った。

「そうだなぁ。よかったのかもなぁ。それにしてもお前、勇気あるよなぁ。あんな中にいたオレによくそんな口聞けるよなぁ!!そういうやつってはじめて!!いっつもみんな怖がって話しかけてくれないし!!」って言って、今度は笑っていた。

彼がてっちゃんだった。その日から、だんだんと仲良くなって色々話すようになった。

彼が小学校のころいじめにあって不登校になっていたこと。そして日中ぶらぶらしていたら、暴走族の集団に無理やり入れられたこと。だけど、その集団でいることが妙に落ち着いてさびしさがまぎれて心地よかったこと。それで、ワルをやって鑑別所から出てきたばっかりだってこと。みんな仲間だって思ってたけど、やっぱりいつかは抜け出したいって思ってたこと。みぃんなみんな胸のうちをさらけだしてくれた。

ハルは基本的にだれとでも話す。だからてっちゃんは、ハルのことを得たいのしれない、だけど、こいつなら話しても聞いてくれそうだなぁってそう思ったらしい。

「あのさ、あの集団の一人ひとりっていうのはね、すっげーさびしがりやなんだよな。だからああやってつるんで、それで強がってるだけなんだよ。」ってそういった。

「そっかぁ。うん、うん。だってねぇ、みんなさびしがりやだもんねぇ。でもてっちゃんはもう卒業だよぉ。そうやって色々冷静に考えられるもの!!」夏の終わりにそういうことを話した。

その後ハルは元の道に戻って大学受験をがんばろうって思ったし、てっちゃんもがんばって就職するって約束した。

あれ以来8年!!かれは、立派に会社員になっていた。

「お前みたいにへんてこなやつに会ったから調子狂っちゃったんだよぉ。でもあんときさぁ、ハルに会って、それでオレがんばれたんだって思うよ。ありがとな!!」て言うので

「なぁに、それっっ()」って返した。だってちょっと照れくさかったんだ(^-^;)

なんだか不思議な気持ちだった。でも彼が元気で社会復帰していたことがとってもうれしかった。そしてハルのことを覚えていてくれて、うれしかった(´∀`ฺ)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 5日 (月)

言えて...よかったなぁ(๑→‿ฺ←๑)

昨日の朝、相変わらずの満員電車内。そしてこれまた相変わらずのハルの爆睡(^_^;)

乗ったら数秒といっても過言じゃないです(笑)

で、いつもならば学校行くのでなんとな~く乗り換え駅の前後でちゃんと起きられます。ん? 「後」って…そうなんですよ、これは…まあ乗り越しですよ~(-.-;)

昨日はちょっと用事でいつもとは違う電車で、行ったことのない駅に行くことになっていました。

なんとか座れて、ふと前をみると...

「あはは~」とマンガを読みながら恥ずかしがる様子もなく堂々と笑っている一人の女の人が~!

まわりの人たちがけげんな顔でみています。

お~!これは…久々に見る「今りんぐ現象じゃな( *´Д`)ノノ""」とハルは思いました。

今りんぐ現象...そうです!これはですね、ハルの中学校のときのクラスメイトの今田くん。

いつもマンガを読みながら電車の中でゲラゲラ笑っていてかなり有名ジンでした。

で、それと同じようなことをする際にはみな「あ、今りんぐ現象だ!」と申しておりました。本人も了承済みでむしろ自分でも使っていたのです(笑)

と、そんな懐かしい昔を思いだしつつ…でも今のハルはそんなことよか...寝たいよぉ..で、まぁた、寝ちゃいました。

で、どのくらい寝たのか、はっとして飛び起きてキョロキョロ!ん?ハル、こんな風景知らないよ。また乗り越したかな?

ん?あ~!今日はいつもと違う電車だった~(*´・д・)*´。_。)

見える景色み~んなはじめてに決まってるでしょ、おばかハルちゃん!とこんな状況でもこころの中で自分に突っ込みはお忘れなく~!!

で、あ~そうそう、いったいハルは目的地の駅に対して今、どの位置にいるのじゃ?と本題に戻る。

またまたキョロキョロ。あ、めがねしなきゃやっぱだめだ~。で、取り出そうとする。

と…「あの~、ここは○×駅ですよ~」と。

え?見上げると…はっっ!さきほどの今りんぐガール?

彼女のおかげで、この今いるところからあと二駅先で降りたらいいんだてわかったから...

ちゃんとお礼が言いたかった。

でも、そのときは怪訝そうな顔したみんなに注目されて...なんか会釈しかできなかった(*´・д・)

でも、降りるとき...えいっっ!!ちょっと勇気を出して、その今りんぐガールさんに声をかけた。

「教えてくれてどうもありがとう!!助かりましたぁ!!」

ちゃんと言えました、お礼!!周りの人は、もぉっとハルを怪訝な顔してみていたけれど...

今りんぐガールさんはすっごくにっこりしてくれました。

なんだかすっごくうれしかったぁ!!ちゃんとありがとうって言えて...よかったな(o´∀`人)ありがとう!!今りんぐガールさん!!








| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月 4日 (日)

顔が見える、ということ

閉店間際のスーパーに駆け込んだら

おぉ~!半額になっているお野菜ざくざく!半額の宝箱だ~(^o^)

で、そのなかでもひときわ輝いていたのがとうもろこし~!実家にいたころは大きなスティーマーで大量に蒸しておやつにしたりしていました。でもここ数年は食べてないかも?!と思って、ついつい手が伸びてしまい購入(→‿๑)

でも毎日ハードで、夕飯は毎晩つくるけど相方を待たせに待たせた夜11時に帰ってくるハル。そこからさらに長い時間はハル、待たせられません(^_^;)

で結局、一週間近く経った昨日まで冷蔵庫に寂しそうにとうもろこし君はいました。だいたい冷蔵庫にいれてよかったのかぁ(^-^;)

で土曜は学校もなく朝から少しゆとりがあるので自分のおやつにしちゃおう!むふふ~(ิܫิ)で、皮をむきはじめてふとあるものに気づきました。

なんかラベルが貼ってあるのです。かなり傷がついてるし端は切れかかっていておまけによごれていて見にくいのですがどうやらこのとうもろこしをつくった農家の人たちの写真だなぁってわかりました。

そういえば最近こういった「顔の見える」野菜、果物といってラベルをはってあったり、モスバーガーでは小さい黒板があって必ずそこに「本日のレタス…○さん・作」といったように使用食材の出どころがちゃんと購入する側にあたる消費者側にわかるように提示されているのが目につきます。

これって前からやっているところもあったけれどお肉でさまざまな問題が浮上した直後あたりから活発になってきた気がします。

不安でナーバスになる消費者、とくに主婦の心理をうまくついての策だなぁって思う。

顔をさらすこと。それってあ!今までは消費者側の方ばかりを見ていたけれどちょっと逆に生産者側、つまり農家側のほうから見てみると

これによって緊張感が高まり、よりよいものをつくり、提供しなければという気持ちが高まりいい効果があるんじゃないのかなと思えてきました。

双方に効果があるものなんだ~って気づいてますますこの制度は素晴らしいなぁって感心(´∀`ฺ)

顔が見えること、その効果は大きい気がした。

昨日は、とっても大好きで仲良しのお友達とメールでやりとりしていたんだけれど、なんとなく心がすれ違ってしまっている気がしていた。

もう夕方になってしまっていたけれどちょっと距離はあったけれどこのラベルを見て、やっぱりハル、会いに行こうって思った。

実際会って顔を見てはなすとなんか落ち着いた。正直いらいらしていたことなんかもちゃんとすべて話せた。

最後にはお互い「今日会えてよかったね~。またね~!」でわかれることができた。

あのままメールのみでやりとりしていたのではどんどん悪化していたかもしれない。

でも顔を見て話せて、よかったな(ิܫิ)

1日へとへとになって遅くに帰宅したけれど、とうもろこしのラベルからはじまってお友達とも真剣に向き合えた、そんな1日だったからよかったなぁと思えた1日でした(ノ∀`)

※写真はとうもろこしの皮を鼻歌をうたいながらむきむき♪と、ラベル(写真を撮ろうって覆ったときにはさらに破けててうぅん、見にくいなぁ(^-^;))Photo_35 Photo_36

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

美しすぎる花

 昨日の塾、帰ろうとすると急にもう1授業、高校生のをやってほしいと言われる。しかも授業もう始まってるし~!って思ったらまだ遅刻で、本人来ていないから、とのこと。コギャルちゃんらしい。

さっきまで小学生と授業をしていたので高校生の頭に切り替えられるかな~、いやいや切り替えなきゃ~!よし、じゃあいつものように最初から授業するって決まってなかったから授業ごとに用意するハルちゃんプリントはない。でも…つくっちゃえ!いつ来るかわかんないけど…来るまでにつくっちゃえ~!で必死にがんばる。出来るだけわかり
やすくでもこんなに急いでいるのにハルちゃんイラストも忘れずにいれて(笑)

ふ~。なんとか10分で数ページのハルちゃんプリントが出来上がったそのとき、コギャルちゃんあらわる!いや~間に合った~(→ิܫ←ิ)

実はこころの中に二人のハルがさっき争っていたのだ。

いきなり頼まれたんだしそんな準備なんて急には無理だよね、って必死に自分に言い聞かせてそのまんま待機だけしていようするハル。

いやいや、そんなのこっちの都合でしょ?生徒には全く関係ないことでちゃんと準備しておかないとだめだよ!ほらハルはちょちょいと用意できるでしょというハル。

で、後者がちゃんと勝って間に合ったのです(✿ฺ´∀`✿ฺ)

急いでその原本をコピーする。そして彼女のもとへ。あきらかに見た目はちゃらちゃらしたような格好だ。

でも…顔をよ~くみたら目がとても澄んでみえた。あ!この子はなんかきれいなものを持ってるな、って直感でそう思った。

とにかく話してみる。「はじめまして!ハルです!」すると…「あ~!ハルちゃん先生?しってる~。○○ちゃん教えてるでしょ?それでハルちゃんプリントとかつくってくれるんでしょ?あたしももらったんだ~!と言う。」

「え?ホントに?んじゃ、あらためまして!これが本物の生ハルです。ってなんか生春巻きみたいだね~(笑)今日もハルちゃんプリントちゃあんとあるよ~。」と言うと

「え~。うれしいよぉ!!」キラキラしてそう言った。

「勉強ってどう?」そういうとちょっと表情が曇って
「あのね、この前数学0点とっちゃった~。本当はね、頑張らなくちゃって思うんだ。親も心配してて毎日のように喧嘩になっちゃうの。」と。

「そっか~。でもガミガミ言われるんじゃつらいよね~。いらいらするよね~。」と言うと

「でもね、あたし…親とか学校の先生とかね、す~っごいムカつくのにね、でもキライになれないんだ~。なんでかわかんないんだけどね。」って言ってちょっと寂しそうに笑った。

「わぁ~。Aちゃんは優しいんだねぇ。とってもこころがきれいなんだ~。それってなかなかそう思えないもの」って言うと
「やだ~。先生、涙出てくるからやめてよ~。」ホントに…泣いていた。

その瞬間、ハルの脳裏にこんな言葉が浮かんだ。美しい…花。

こんなにきれいな繊細なこころを持っているのに容姿はきつく見えるためにみんな見た目で判断し彼女の奥にあるものにきづかないのだろう。

山奥にある毒キノコやへび。あまりに鮮やかでまぶしいほど、近づきがたいほどに美しい。でもそれは、自己防衛。本当は弱いものが他のものを引き寄せないことにより自分を守っているのだ。

Aちゃんもそうだ。美しすぎる花だ。あまりに繊細でどことなく自分に自信が持てないからメイクなどで自己防衛しているのだ。

そんなことを思いながらもとにかく授業はテストの得点ポイントのみを凝縮し15点分は完璧だね、と言えるくらいに説明と演習できちんと固めてから終えた。

「ハルちゃん先生は…あたしのこと、ちゃんとわかるんだね。見た目で…判断とかしないんだね。それが話しててすっごい伝わってきたよ。こんなに塾来てよかったって思ったのはじめてだ~。」そういってくれた。

ハルが口に出さなくとも彼女にはハルのこころの中も伝わっていたのだ。

「別に今日おわったからハイ、もう自分の生徒じゃないしノータッチ!じゃないからね。テスト前とかね、こまったら無理矢理でもハルをとっつかまえてとことん利用しちゃうんだよ!」と言うと、うれしそうに、うん!!って言った。

美しすぎる花。小学生相手の多いハルに高校生のキミがまたひとつハルにも自信を与えてくれたよ!!高校生の授業もこれからどんどんやってみたいなぁってそう思えたもの!!ありがとう(✿ฺ´∀`✿ฺ)

Photo_32 Photo_33 Photo_34

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年6月 2日 (金)

Photo_30 Photo_31 昨日、お買い物で、ちょっとお財布を確認。

おぉ!!五千円札だぁ(→ิܫ←ิ)いつもだったら、千円札が入っていれば、いいほうなのに。

学生のハルにとって、普段ならば、千円もあれば、大好きなお菓子も、炭酸も買えちゃうので全く問題ないのです(笑)

あ、そういえば…ハルは、このとき、あることに気づいたのです。あること…それは、ときめかない、と言うことです。

へ??何にですかぁ(゚Д゚?)ハイ、五千円札に、です!!

ハル、もちろん、千円札にはたくさんお世話になっているし、一万円札にはそれほど、まだお目にかかったことはございませんが(これからだぞぉ(→ิܫ←ิ)と意気込むハルです!!)これも、ハルにとっては「おぉ!!高額~!!」って感じでいいね(✿ฺ´∀`✿ฺ)とは思うのですが…

やぁっぱり、ハルは五千円札が大好きなのです!!何でなのかなぁ?それはちょっとハルの心の奥底の何かに問いただして見ない限りちょっとわかりかねますが、なんとなぁく落ち着くというか、お財布を開けたときににやにやっとしてキラキラり~ん!!ハルのこころはときめいてしまうのです(๑→‿ฺ←๑)

でも…最近はあんまりときめかなくなってしまったのです(´・ω・`)

なぜだろう…ちょっと考えました。そして、やっとわかったのです!!

稲造さん!!そう、ハルはたぶん、五千円札もそうなのですが、この前までその五千円札の顔だった新稲戸稲造さんが好きだったのです!!

あ、もちろん、いまの樋口一葉さんも、文学界で多大な功績を残したステキなかたなのは、十分にわかってはいるのですが、やっぱり、いまだにハルは新渡戸さんが恋しいのです。

こうなったのにも、ちょっと要因があって、実は、小学校の六年のときにさかのぼります。
当時、千円札→夏目漱石さん、五千円札→新渡戸稲造さん、一万円札→福沢諭吉さん

で、いったい、お札の顔になっちゃうようなひとってどんなことを成し遂げた偉人なんだろう??ととても、興味を持ってしまったのです。

ハルは当時、外で遊ぶことも大好きでしたが、図書館も大好きで、片っ端から図書館の本を借りてきていたのですが、実は、「伝記」だけは、まだあまり手付かずだったので、さっそく、探しました。

夏目漱石さんといったらば、やっぱりすぐに、「我輩は猫である」を始め、さまざまな作品が、あげられます。福沢諭吉さんといえば、あの有名な慶応大学の創設者だと出てきます。

ですが…新渡戸稲造さんといっても…はて??いったい何をした人なんだろう??新渡戸さんには失礼だけれどハルはそのときまぁったくといっていいほど何にも思い当たりませんでした。

そこで、よぉし、では、まず、「新渡戸稲造」を借りようと思いました。

これがまた、新渡戸さんはすんごい人だったのですよぉ!!

まず、東大の入学面接で、「太平洋の橋となりたい!!」と述べたそうで、この発言は後に、
国際連盟事務次長、また太平洋問題調査会理事長として国際理解と世界平和のために尽すことで、実現させている。ハルの目標の「有言実行」だぁ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

新渡戸さんはたっくさんの功績があったのだけれども、その中でもハルが特に感銘を受けたものはもうひとつ!!それは「武士道」という戦前からの日本の教えを彼が改めてこう説いている。「武士道は基本的に自分を律する規範である。他人とは関係なく自分にのみ向かう規範で、自己の精神的基盤となる。自己をコントロールする法律といってもよい。」
これは、まさにハルのもうひとつの目標「克己心」(敵は他人のまえに、まずは弱い自分であって、そういう自分に打ち勝つべきだ!!)そのものだぁあ!!

そんなわけで、ハルの考えにベストマッチだったのです、新渡戸さんの教え(✿ฺ´∀`✿ฺ)

ふふふ、そういえば、お金で、遊んじゃいけないとは思うのですがちょっと許していただいて楽しむとすれば、そうですね、これは、夏目さん、新渡戸さんがいっちばん楽しかったんですが、今の野口さんでも、なんとかできます。まず、野口さんのおめめふたつを、それぞれ、真ん中で、折ります。そして、写真左のようにふたつの山にします。

写真左→そうしてここの横から覗くと…うわぁああ!!すっごい笑顔な野口さん!!

写真右→こんどは、お札をそのまんま立て気味にしてみると…ほら!なんだか悲しそうな野口さん!!わかりますか??もしよかったら…自分で、実際やってみると…くすくす…楽しいですよぉ゚ヽ(*´∀`)ノ♬♪♫ ♬♪♫♡

※お札で遊んでごめんなさい(>_<)

Photo_29

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年6月 1日 (木)

ついに...

Photo_26 Photo_27 Photo_28 出来ちゃいましたぁあああ!!ハルのエッセイの完成版です♪

まずは、間違いがないかなどハルのチェックのためにおうちに送られてきましたぁ!!

こんどは表紙だけでなく、ちゃんと中身も入ってます!!

そして…なんとプロフィールはハルのオリジナルバージョンになりましたぁ(✿ฺ´∀`✿ฺ)

普通は、みんな共通で「著者プロフィール」ってなるのですが、ハルのは、「著者プロフィール(ハルハル図鑑)」ってなってるのです(→ิܫ←ิ)

ちょっと…お、おもしろいじゃなぁい!!って自分の本のことなのに、ウケちゃいましたぁ(笑)

改めてなかを眺めてみるとなんかハルのお絵かきがいぃっぱい(^-^;)

なんと、mixiのハルハルワールドに載せてあったものも合わせたハルハルオリジナルレシピも「おまけのページ」としてついちゃっています♪

昨日は、家から徒歩5分のところにある大きな書店に自ら出向いてみたところ…

なんと店長さんがお話を聞いてくださることになり、ちょこっとお話しすると、なんと、その本屋さんはハルの出版社とは契約をしていないところだったのですが、店長のほうから、問屋さんと出版社のほうに逆に注文してみたい!!と言ってくれましたぁ!!

こちらからお願いするのが当然なのに逆に本屋さんから注文してくださるとは…

ちょっと感動してしまったのでした(✿ฺ´∀`✿ฺ)

やっぱり、人と人が顔を合わせて向き合ってお話しすることってほんとうに大切なんだなぁって当たり前のことかもしれないけれど、改めて実感させられました(→ิܫ←ิ)

それから、うちの大学、明治大学は御茶ノ水、明大前、生田のみっつに校舎があってそれぞれに、大きな本屋さんが入っているので、そこの代表取締役さんにも直談判!!

「そういうことならば…山積みしちゃおっか!!」と、とってもノリのいいかたで…

ちょっとはじめはどうなのかなぁ、いくらここの学生だからってまだ無名だしなぁって不安だったけれど、とにかく、やるだけやってみなくっちゃ!!って、がんばってあっちこっち、自らアクションを起こしてみて本当によかったなぁって思いました!!

もちろん、これからも毎日地道に自らプッシュしていくことを忘れずにがんばろうって思ってます。努力すること、地道にがんばること。忘れかけていた大切なことをハルにひとつひとつ思い出させてくれているような気がしました。

昔は、負けず嫌いでやりはじめたことはちゃんと最後までやりぬく、そんな子だったのが…いつの頃からか、あきらめてしまったり、根性なしになったり、弱音を吐くことが増えていったような気がします。

このエッセイ出版はそんなハルがもう一度翼を広げて大きく飛び立つためにすることになっていたようにも思えてきました。

当日は、イベントで、自らが歩くスピーカーのようになって宣伝し、売り歩くつもりです♪

ちょこっとダサいんじゃないって思うかたもいるかもしれません。そこまでしないと売れないの??そう思うかもしれません。

でも…ハルは自分に出来ることは精一杯やってみたいのです!!とにかくまずは自分が精一杯やること!!

人に任せる前に自分でもやること。それによって、きっと一緒にプロモートしてくださるかたもハルに巻き込まれて一緒にハッスルしてくれるんじゃないのかなぁってそう思うのです!!

よぉ~~し!!ここでこそ…ハルハルワールドで染めちゃうぞぉ!!

7月15日土曜日!!

春野真理エッセイ「モウスグ春ノデス!」

文芸社より1200円で発売開始です♪

今の段階では、文芸社に直にお電話で予約できますが…

7月1日よりインターネットの「文芸社」、「セブン&ワイ」「アマゾン」などのホームページでも購入できるようになります!!

また、お近くの全国の書店でも7月1日より予約可能です♪

なんか宣伝ばかりになりましたが…

この夏はハル、全国を駆けまわりますので、ぜひぜひ応援よろしくです♪

ここまで、来れたのもやっぱりみなさんのおかげです!!ここからまだひとやまありますが…とにかくまずは発売日の当日まで一気に駆けて行きます!!

Photo_25

| | コメント (5) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »